【2023年ドラフト】大胆予想!NBA2023年のドラフト候補選手は??パート4

NBA2022-23年シーズンのプレイオフも始まり、白熱した試合が続いていますが、今回は2023-24年シーズンの大きなカギとなるNBAドラフト2023年に名前が挙がっている選手達です。

毎年恒例とはなりますが、「大胆予想!NBA2023年のドラフト候補選手パート4」としてドラフト候補選手を紹介します。

早速独断と偏見とちょっとの参考サイトを基にした2023年ドラフト候補選手パート4を紹介します。何大学のどんな選手がの候補選手となっているのでしょうか?見ていきましょう。

・ジャレン・フッド-スキフィーノ

・クリス・マレー

・ジョーダン・ホーキンス

・マクスウェル・ルイス

・トレイス・ジャクソン=デイビス

大胆予想第1弾、大胆予想第2弾、大胆予想第3弾、

おすすめ記事 →  歴史に名を刻むことができるか!?!?2011年NBAドラフト組

おすすめ記事 →  NBA界の”モンスター”を多数輩出した、2009年NBAドラフト

おすすめ記事 →  繋げ!ジョーダン引退後のNBA界を支えた名選手が集まる1998年NBAドラフト組

おすすめ記事 → 東日本大震災からの復興へ!当時の高校生が被災地につくるバスケットコートの夢

Contents

【NBAドラフト2023候補:ジャレン・フッド-スキフィーノ】

本名:ジャレン・フッド-スキフィーノ(Jalen Hood-Schifino)

【誕生日】2003年6月19日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】198cm
【体重】98kg
【所属】インディアナ州立大学
【ポジション】ポイントガード

ジャレンフッドスキフィーノはアメリカ合衆国で育ったバスケットボール選手です。

2003年6月19日生まれのジャレンフッドスキフィーノは、インディアナ大学のバスケットボール選手で、Big Tenカンファレンスに所属しています。高校時代にはMontverde Academyでプレイし、同校で2021年と2022年にGEICO高校バスケットボール全国タイトルを獲得した経歴を持っています。

ジャレンフッドスキフィーノは、2021年夏にインディアナ大学のコーチ、Mike Woodsonからリクルートされ、同年8月にインディアナ大学に加入しました。インディアナ大学においてロメオラングフォード以降の選手で最も高い評価を受けたリクルートであり、インディアナ大学にとって1998年以降9番目に高い評価を受けた選手でもあります。

さらに詳しくジャレン・フッド-スキフィーノについて知りたい人はこちらをご確認ください。

おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】世界屈指の知名度を持つダンカー~ザイオン・ウィリアムソン~
おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】NBA界最高身長の血を引く男~ボル・ボル~

【NBAドラフト2023候補:クリス・マレー】

本名:クリス・マレー(Kris Murray)

【誕生日】2000年8月19日
【出身地】アメリカ合衆国アイオワ州
【身長】203cm
【体重】100kg
【所属】アイオワ大学
【ポジション】スモールフォワード/パワーフォワード

クリスマレーはアメリカ合衆国で育ったバスケットボール選手です。

クリスマレーは、2000年8月19日生まれのバスケットボール選手で、アイオワ大学ホークアイズの一員として活躍していました。アイオワ州シーダーラピッズで育ち、プレーリーハイスクールに通いました。

そこでクリスマレーは、双子の兄弟であるキーガンマレーと共にバスケットボールチームでプレーしました。高校卒業後、マレー兄弟はフロリダ州デイトナビーチのDMEアカデミーに進学し、その後アイオワ大学で大学バスケットボールをプレーすることを決めました。

クリスマレーは、アイオワ大学ホークアイズでの活躍を通して、その才能を開花させました。1年生の時に13試合に出場し、2年生になると平均9.7得点・4.3リバウンドを記録しました。その後、クリスマレーは2022年のNBAドラフトにエントリーしましたが、最終的にNBAドラフトコンバインへの招待を辞退し、ドラフトから名前を抹消しました。

クリスマレーは、アイオワ大学での3年生のシーズンを迎え、平均20.2得点・7.9リバウンド・2.0アシストを記録し、ビッグ・テン・カンファレンスのファーストチームに選ばれる活躍を見せました。また、AP、USBWA、SNが選ぶオールアメリカンのサードチームにも名を連ねました。シーズン終了後、クリスマレーは再び2023年のNBAドラフトにエントリーを表明しました。

クリスマレーは家族にもバスケットボールの血が流れており、父親のケニオンマレーは、1992年から1996年までアイオワ大学ホークアイズでスターターとして活躍していました。また、双子の兄弟であるキーガンマレーは、2023年現在NBAのサクラメントキングスでプレーしています。

さらに詳しくクリス・マレーについて知りたい人はこちらをご確認ください。

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【NBAドラフト2023候補:ジョーダン・ホーキンス】

本名:ジョーダン・ホーキンス(Jordan Hawkins)

【誕生日】2002年4月29日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】196cm
【体重】88kg
【所属】コネチカット大学
【ポジション】シューティングガード

ジョーダンホーキンスはアメリカ合衆国で育ったバスケットボール選手です。

ジョーダンホーキンスはアメリカの大学バスケットボール選手で、ビッグイースト・カンファレンスのUConnハスキーズでプレーしていました。

メリーランド州ゲーサーズバーグで育ち、最初はゲーサーズバーグ高校に通っていましたが、10年生の後にデマサカトリック高校に転校しました。ジョーダンホーキンスはシニア時に1試合平均19.7得点・11.4リバウンド・3.7アシスト・2.3スティール・1.9ブロックの成績を収め、メリーランド州のゲータレード・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれました。

ルイビル大学、マーケット大学、ザビエル大学、セトンホール大学などのオファーを受けましたが、4つ星リクルートとしてUConnで大学バスケットボールをプレーすることを選びました。

さらに詳しくジョーダン・ホーキンスについて知りたい人はこちらをご確認ください。

おすすめ記事 →  バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー
おすすめ記事 →  バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【NBAドラフト2023候補:マクスウェル・ルイス】

本名:マクスウェル・ルイス(Maxwell Lewis)

【誕生日】2002年7月27日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】201cm
【体重】86kg
【所属】ペパーダイン大学
【ポジション】シューティングガード/スモールフォワード

マクスウェルルイスはアメリカ合衆国ラスベガス州で育ったバスケットボール選手です。

身長201cm、体重86kgというスタイルで、ウィングポジションを得意としています。マクスウェルルイスはアリゾナ州チャンドラーにあるAZ Compass Prep高校を卒業し、現在はカリフォルニア州のペパーダイン大学でプレーしています。

大学では、WCCオールフレッシュマンチームに選出されるなど、その才能を発揮しています。大学1年目のシーズンには1試合平均19.5分の出場で11.0得点・3.2リバウンドのスタッツも残しています。1試合に27得点のスタッツを残した試合もあるほどです。

また、クラブチームのDream Visionでも活躍し、いくつかのチャンピオンシップを獲得しています。マクスウェルルイスは素晴らしいコーチ陣がいるとしてペパーダイン大学を選び、そのプレースタイルにも魅力を感じています。

マクスウェルルイスは、熟練したサックス奏者であり、プロのバスケットボール選手としてのキャリアと並行して音楽の才能も開花させています。家族と共にスポーツに情熱を持ち、兄弟たちはそれぞれフットボールや陸上競技で活躍しています。コービー・ブライアントやロサンゼルス・レイカーズをこよなく愛し、映画『クリード』やテレビショー『スクイッド・ゲーム』を楽しんでおり、観客の歓声に燃えるバスケットボール選手として、今後の活躍が期待されています。

さらに詳しくマクスウェル・ルイスについて知りたい人はこちらをご確認ください。

おすすめ記事 →  バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!
おすすめ記事 →  バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【NBAドラフト2022候補:トレイス・ジャクソン=デイビス】

本名:トレイス・ジャクソン=デイビス(Trayce Jackson-Davis)

【誕生日】2000年2月22日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】206cm
【体重】111kg
【所属】インディアナ大学
【ポジション】パワーフォワード/センター

トレイス・ジャクソン=デイビスは元NBA選手の父親を持つ選手です。高校4年目のシーズンに平均21.6得点・9.3リバウンド・2.9ブロックを記録した選手である、チームを州大会ベスト4に導き、マクドナルド・オール・アメリカンに選出されました。

ESPNなどの主要サイトからは4つ星評価を受け、2018年11月30日にインディアナ大学へのコミットを発表しました。

1年目の2019-20シーズンは平均13.5得点・8.4リバウンド・1.8ブロックを記録し、オールビッグ10サードチーム、ビッグ10オールフレッシュマンチームに選出されました。

2020-21シーズンは平均19.1得点・9リバウンドを記録し、複数媒体からオールアメリカンサードチームに選出されています。2021-22シーズン開幕前に転校を検討していたが、元NBA選手のマイク・ウッドソンがチームのヘッドコーチに就任したこともあり、残留をし2021年11月27日のマーシャル大学戦でキャリアハイとなる43得点を記録しいています。このシーズンは平均18.3得点・8.1リバウンド・2.3ブロックを記録しており、シーズン終了後に2022年のNBAドラフトへアーリーエントリーしましたが、後に撤回して残留しました。

2022-23シーズンは1月に平均23得点・14リバウンドを記録しており、NCAAにおいて月間でこの成績を記録したのは過去25年でシャキール・オニール、ティム・ダンカンに次いで3人目の数値となっています。シーズン全体では平均20.9得点・10.9リバウンドを記録し、オールアメリカン・コンセンサスファーストチームに選出されています。

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~
おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【NBAドラフト2023候補 まとめ】

いかがでしたか?

●NBAドラフト2023候補:ジャレン・フッド-スキフィーノ
●NBAドラフト2023候補:クリス・マレー
●NBAドラフト2023候補:ジョーダン・ホーキンス
●NBAドラフト2023候補:マクスウェル・ルイス
●NBAドラフト2023候補:トレイス・ジャクソン=デイビス

今回はNBAドラフト2023候補パート4を紹介しました。NBAはもちろんですが、ぜひNBAドラフト2023にも注目してみてください!

大胆予想第1弾、大胆予想第2弾、大胆予想第3弾、

おすすめ記事 → 東日本大震災からの復興へ!当時の高校生が被災地につくるバスケットコートの夢

About 餅つきうさぎ 1273 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*