【2018-2019NBA戦力分析】マイアミ・ヒート

【reference=https://www.sun-sentinel.com/sports/miami-heat/fl-sp-miami-heat-dwyane-wade-s20180916-story.html】

今回も2018-2019NBAチーム戦力分析をお送りしていこうと思います。

今回ご紹介するチームは・・・マイアミ・ヒートです。

2018-2019NBAシーズンでNBAの引退を表明しているドウェイン・ウェイドが在籍しているマイアミ・ヒート。

NBAでのプレー経験が豊富な選手も増えてきているのが特徴のチームでもあります。

そんなマイアミ・ヒートの戦力分析を注目選手と共に掲載していきます。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【マイアミ・ヒート】

【reference=https://en.wikipedia.org/wiki/Miami_Heat】

まずはマイアミ・ヒートのチームプロフィールです。

チーム名:マイアミ・ヒート

【創設】1988年
【本拠地】フロリダ州マイアミ
【所属】イースタン・カンファレンス
【チームカラー】赤・黒・黄色

フロリダ州マイアミを本拠地として活動しているマイアミ・ヒート。

チーム名の由来は、本拠地のマイアミがハワイと同じ経緯にあることから付けられ、加えて”白熱”の”Heat”にも掛けられているそうです。

マイアミ・ヒートの昨シーズン

【成績】プレーオフ未進出
【勝率】44勝38敗
【順位】イースタン・カンファレンス 6位

昨シーズンのマイアミ・ヒートは、イースタン・カンファレンス6位という成績でNBAプレーオフに進出を果たしています。

NBAプレーオフでは、1回戦にフィラデルフィア・76ersと対戦。相手も波に乗っているチームということもあり、敗戦となってしまいました。

昨シーズンとはメンバーにほとんど変更なく戦える状態を作っているマイアミ・ヒート。

しかも、NBAの大ベテランでもあるドウェイン・ウェイドがマイアミ・ヒートに帰ってきたため、2018-2019NBAシーズンもNBAプレーオフ進出に向けて戦ってくることでしょう。

おすすめ記事 →  マイケル・ジョーダンが「バスケの神様」と呼ばれる3つの理由

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】ハッピーバースデー!”バスケの神様”~マイケル・ジョーダン~

【マイアミ・ヒート注目選手①:ゴラン・ドラギッチ】

【reference=https://www.google.co.jp/url?sa=i&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwimp42ptpXfAhXIVrwKHQj4BMUQjRx6BAgBEAU&url=https%3A%2F%2Fwww.mugthebookie.com%2Fgoran-dragic-says-hes-ready-as-miami-heat-camp-approaches%2F&psig=AOvVaw2p4VEZBe3K0zU2aCH7TItM&ust=1544536296834413】

マイアミ・ヒートの1人目の注目選手は、ゴラン・ドラギッチです。

スロベニア出身のゴラン・ドラギッチ。

現在のマイアミ・ヒートの司令塔は、このベテラン選手でもあるゴラン・ドラギッチが支えています。

バスケ選手では有利とも言われている左利きの選手で、攻撃的な志向を持ったポイントガードとなっています。

攻撃的と書いてしまうと、乱暴な印象になってしまうかもしれませんが、オフェンス志向の高い選手という意味です。

ドライブで相手を切り裂き、独特な環境から繰り出されるシュートは、ゴール下の選手ですら止めるのが困難な特徴を持っています。

2018年のNBAシーズンではNBAオールスターに出場も果たしているほど、年々人気も高まってきている選手となっています。

ベテランポイントガードとしてマイアミ・ヒートを支えていってくれることでしょう。

以上の理由から、ゴラン・ドラギッチをマイアミ・ヒートの注目選手として取り上げました。

おすすめ記事 →  バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 →  バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

【マイアミ・ヒート注目選手②:ハッサン・ホワイトサイド】

【reference=https://fadeawayworld.net/2018/09/19/nba-rumors-top-3-destinations-for-hassan-whiteside/】

マイアミ・ヒートの注目選手2人目に取り上げるのは、ハッサン・ホワイトサイドです。

ハッサン・ホワイトサイドは今でこそチームにとって欠かせない大黒柱的存在の選手ですが、NBA入団当初はほとんど活躍できていない選手でした。

NBADLのチームに所属していたり、中国のプロバスケットボールリーグで経験していた時期もあったほどです。

2014年にマイアミ・ヒートとの契約後、その才能を開花させることになったのです。

2016年にはNBAシーズンブロック王、2017年にはNBAシーズンリバウンド王も獲得している選手へと成長を遂げました。

ブロックとリバウンドに関しては、現在のNBAでもトップクラスの能力を誇っている選手です。

ブロックに関しては、相手の放ったシュートをそのままキャッチしてしまうほどです。キャッチしてしまった場合、そのままリバウンドもスタッツに加算されるため、スタッツを獲得していくことができました。

ゴール下の守護神選手としてマイアミ・ヒートの勝利に貢献して欲しいと思います。

以上の理由から、ハッサン・ホワイトサイドをマイアミ・ヒートの注目選手として取り上げました。

おすすめ記事 →  バスケで一流のスモールフォワードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  バスケで一流のパワーフォワードになるために必要な5つのスキルまとめ

【マイアミ・ヒート注目選手③:ドウェイン・ウェイド】

【reference=https://www.sports24ghana.com/one-last-dance-dwyane-wade-committed-to-one-season-with-miami-heat/】

マイアミ・ヒートの注目選手として最後に取り上げるのは、ドウェイン・ウェイドです。

この選手を注目選手に挙げないわけにはいきません。

キングことレブロン・ジェームスと一世を風靡したNBAトッププレイヤーの1人です。

2018-2019NBAシーズンを最後に引退を表明しているドウェイン・ウェイド。

コンボガードとしてチームに貢献している選手で、NBAシーズン得点王の獲得もしているNBA屈指のスコアラーです。

現在はマイアミ・ヒートのシックスマンとして出場していますが、時には20得点以上も獲得している試合もあります。

現役引退が惜しい存在の選手でもドウェイン・ウェイドでもありますが、最後まで悔いのなく全力でプレーしていく姿も見たものですね。

以上の理由から、ドウェイン・ウェイドをマイアミ・ヒートの注目選手として取り上げました。

おすすめ記事 →  バスケで一流のセンターになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  センターにおすすめのバッシュ3選とその選び方

【マイアミ・ヒートの今シーズン】

マイアミ・ヒートの2018-2019NBAシーズン注目選手を取り上げました。

今回取り上げた注目選手は、NBAでもベテラン選手の存在になります。

数多くのNBAの舞台を経験している選手たちなので、チームをまとめていってくれるのではないでしょうか。

何よりも、ラストシーズンともいわれているドウェイン・ウェイドからは目が離せませんね。

NBA屈指のエースプレイヤーのドウェイン・ウェイドがどこまでチームを牽引していくのにも注目できるとと考えらえます。

NBAプレーオフに進出し、NBA最後のキャリアも悔いなく終わって欲しものですね。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【マイアミ・ヒートの戦力分析まとめ】

いかがでしたか?

●マイアミ・ヒート

●マイアミ・ヒート注目選手①:ゴラン・ドラギッチ

●マイアミ・ヒート注目選手②:ハッサン・ホワイトサイド

●マイアミ・ヒート注目選手③:ドウェイン・ウェイド

●マイアミ・ヒートの今シーズン

今回は、イースタン・カンファレンス所属のマイアミ・ヒートの2018-2019NBAシーズン戦力分析を取り上げました。

比較的ベテラン勢の多い選手が揃っているマイアミ・ヒート。

NBA経験も豊富なベテラン勢がどこまで牽引していくのか楽しみですね。

ドウェイン・ウェイドのラストシーズンからも目が離せませんね。

シカゴ・ブルズの2018-2019NBAシーズンをチェックしてみてください。

ハリネズミ
About ハリネズミ 400 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*