【NBAニュース】ダンクマンことヴィンス・カーターが引退へ

NBAで22シーズンをプレイしたビンス・カーター(アトランタ・ホークス)が引退を発表しました。8度のNBAオールスター選出、新人王そして数々のダンクでNBAを魅了し続けたヴィンス・カーターは、The Ringerネットワークのポッドキャスト番組『Winging It with Vince Carter』に出演し、「正式にバスケットボールをプレイすることを終わりにするよ」「プロとしてのバスケットボールは終わりだ」と話しました。

リーグが7月末よりフロリダで再開するシーズンに参加する22チームを決定した際、ホークスは新型コロナウイルスの世界的流行によりシーズンを終えた8チームのうちのひとつになりました。

ホークスの2019-20シーズンの最後の試合は131-136で敗れた3月11日(同12日)のニューヨーク・ニックス戦で、カーターはオーバータイム残り13.4秒に3ポイントショットを沈めており、そのラストショットを決めたことがNBA引退の決断を少し楽にしたとも話しています。

「ラストショットを決めたことが状況を助けてくれた。ラストショットを決めることができなかったら、少し違っていたかもしれない。少し違うように感じていると思う。引っかかるものがあっただろうね。少なくとも、試合に戻って、1分だけプレイして、1本のショットを決めて…それがフリースローでも、レイアップでも気にしないけどね。選手としてのラストゲームをプレイするとしたら、それを知っていようがいまいが、常にこう言いたいものさ。『よし、キャリア最後のショットだけは決めるぞ』ってね。それで、僕は実際にそう言うことができたんだ。幸せだよ」。とヴィンス・カーターは話しています。

おすすめ記事 →  【筋トレ】ダンクも夢じゃない!?バスケでジャンプ力が劇的に上がる11つの筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでディフェンスが劇的に上達する9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【ヴィンス・カーターとは?】

【誕生日】1977年1月26日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】198cm
【体重】100kg
【所属】アトランタ・ホークス
【背番号】15番
【ポジション】SG/SF

  • 8×NBAオールスターゲーム出場:2000~2007
  • オールNBAチーム
    • 2ndチーム:2001
    • 3rdチーム:2000
  • NBAチームメイト・オブ・ザ・イヤー賞 : 2016
  • NBAスラムダンクコンテスト優勝:2000
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム:1999
  • 新人王:1999

ヴィンス・カーターは1998年のNBAドラフトでゴールデンステート・ウォリアーズが全体5位で指名NBAキャリアをスタートさせました。しかし、即座にトレードでトロント・ラプターズに移籍しました。ここからヴィンス・カーターの飛躍のルーキーイヤーが始まります。

NBAに入った年から活躍し、ふたを開けてみればNBAオールルーキーチームの1stチームに選出されるなどで、新人王を受賞しました。

2000年のNBAオールスターゲームではファン投票最多投票でオールスターに先発で出場しました。また同年のスラムダンクコンテストにも出場し、試技5回中3回で満点という驚異的なパフォーマンスを披露し見事に優勝しました。

また2000年はシドニーオリンピックでかの有名な215㎝の選手を2mない選手が飛び越えてダンクをするというモンスター的ダンクを試合中に披露し、話題となりました。

その後はプレイスタイルに比例するように故障を繰り返し、なかなか思うように成績を残せずに苦しい時期を過ごしました。その後ラプターズとの馬が合わなくなったヴィンス・カーターは2004年12月にニュージャージー・ネッツに移籍しました。

ニュージャージー・ネッツに移籍してからは、平均得点20点以上を取り続けてはいたもののチームの再建の時期に当たりなかなか思うように勝つことはできず、2008-09シーズンに故郷であるオーランドのオーランド・マジックに移籍をしました。

その後は、フェニックス・サンズ、ダラス・マーベリックス、メンフィス・グリズリーズ、とチームを転々とし、今はサクラメント・キングスに所属しています。

2019年1月に42歳となり22シーズン目を迎えたヴィンス・カーターは、今季1試合でも出場することで、ダーク・ノビツキー(元マブス)やケビン・ガーネット(元ミネソタ・ティンバーウルブズほか)らと並んでいたシーズン最長記録を塗り替え、史上単独トップの22シーズンとなりました。

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 578 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*