【NBA選手名鑑|ヨナス・ヴァランチューナス 】リトアニア出身のビックマン

こんにちわ!

さあ!またまた今回は筆者は違いますが、NBA選手の選手名鑑を行っていきたいと思います。

普段の筆者と違いミーハーな今回の作者は2011年に1巡目5位でトロント・ラプターズから指名されたリトアニア出身のヨナス・ヴァランチューナス選手を紹介します。

ヨナス・ヴァランチューナスは2008年にプロバスケットボール選手としてプロキャリアをスタートさせた選手で、リトアニアプロ時代には3度のリトアニア最優秀選手 (2011, 2012, 2014)や2度のFIBA最優秀若手選手賞 (2011, 2012)にも選ばれた国内では有名な選手でした。

さてヨナス・ヴァランチューナスハリソン・バーンズ選手とはどんな選手なのでしょうか?

魅力と共にご紹介します。

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

【ヨナス・ヴァランチューナスのプロフィール】

I'm blessed.' The Jonas Valanciunas trade turned into a win-win for Raptors  and Grizzlies | The Star

本名:ヨナス・ヴァランチューナス(Jonas Valančiūnas)

【誕生日】1992年5月6日
【出身地】リトアニア
【身長】213cm
【体重】111kg
【所属】メンフィス・グリズリーズ
【背番号】17番
【ポジション】C

ヨナス・ヴァランチューナスは2008年の15歳の時にプロとしてリトアニアのBCパーラというチームでキャリアをスタートさせた選手で、その後2009年にはBCリエトゥヴォス・リータスというチームに移籍するも、BCパーラがBCリエトゥヴォス・リータスの下部組織だったため、BCリエトゥヴォス・リータスで実際にプレーを始めたのは2010-2012年シーズンとなりました。

その2010-12年シーズン中にヨナス・ヴァランチューナスは個人賞とチーム賞を総なめにする勢いで活躍し、2011年のNBAドラフトではNBAドラフトの上位候補としてスカウト陣からも注目される選手となっていました。

そして2011年のNBAドラフトで1巡目5位でトロント・ラプターズから指名されたヨナス・ヴァランチューナスはNBAデビューを果たしました。

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【ヨナス・ヴァランチューナスの記録】

  • NBAオールルーキーチーム 2ndチーム (2013)
  • LKLチャンピオン (2010)
  • LKLMVP (2012)
  • LKFカップチャンピオン (2010)
  • 3× LKLオールスターゲーム出場 (2010–2012)
  • 2× LKLオールスターゲームMVP (2011, 2012)
  • 3× リトアニア最優秀選手 (2011, 2012, 2014)
  • 2× FIBA最優秀若手選手賞 (2011, 2012)
  • オールユーロカップ1stチーム (2012)
  • ユーロカップライジングスター賞 (2012)

2011年ドラフト全体5位でトロント・ラプターズ入りしたヨナス・ヴァランチューナスはNBA初試合でダブルダブルを記録してNBAキャリアをスタートさせましたがその調子そのままにルーキーシーズンからチームの主力として活躍をし、ルーキーシーズンはNBAオールルーキーチーム2ndチームに選出されています。

また翌年の2013-14年シーズンのプレシーズンとなったラスベガスサマーリーグではMVPを獲得するなどチームの得点源としても活躍をし、自身初となるプレイオフ進出も果たした年となりました。その後もチームの主力として活躍を続けたヨナス・ヴァランチューナスはプレイオフも何度も経験しイースタンカンファレンスのNBAファイナルまで駒を進めるチームの大黒柱になっていきましたが、2019年にマーク・ガソルらが絡んだトレードに入る形でメンフィス・グリズリーズに移籍しました。

メンフィス・グリズリーズでもチームの主力として活躍しているヨナス・ヴァランチューナスですが、ヨナス・ヴァランチューナス選手のプレーの魅力というのはどんな点があるのでしょうか?

ちょっとしたプレー分析&紹介を行ってみます。

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

ヨナス・ヴァランチューナスの魅力①:力強いポストプレー】

ヨナス・ヴァランチューナスの魅力1つ目は、力強いポストプレーです。

最近のNBAの特徴でいうとビックマンもスリーポイントシュートを得意とするなそ、外で勝負する選手が多いですが、ヨナス・ヴァランチューナスの魅力はその大きな体と長いウィングスパンを生かした力強いポストプレーです。

もちろん最近の外国出身のセンターのように器用なシュートやスピンムーブなどの技術も持ち合わせており、マークされる相手によって変幻自在にプレーを変えることが出来ます。

おすすめ記事 → 237cmのウィングスパンを持つ男ーモハメド・バンバ

おすすめ記事 → アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男ートレー・ヤング

【ヨナス・ヴァランチューナスの魅力②:ダブルダブル】

ヨナス・ヴァランチューナスの魅力2つ目は、リバウンドです。

ヨナス・ヴァランチューナスの魅力はダブルダブルを毎ゲームというほどできるその存在感ですが、そのダブルダブルのスタッツの数がインパクトの残るものとなっています。リバウンドを20以上点数を20点以上など、センターがなかなか目立ちにくい今のNBAでこのスタッツを残せることはかなり魅力的だといえます。

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ヨーロッパが生んだ大型ポイントガード~ルカ・ドンチッチ~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】怪我を乗り越え、才能を開花できるか~マイケル・ポーター・Jr~

【ヨナス・ヴァランチューナスの魅力③:負けん気】

ヨナス・ヴァランチューナスの3つ目の魅力は、負けん気です。

ヨナス・ヴァランチューナスの魅力は誰にももの落ちせず、勝負にこだわる負けん気です。たまに自分から吹っ掛けることもあり、乱闘騒ぎにすることもありますが、一貫してひるむことなく立ち向かうその姿はまさに負けん気の強さがうかがえます。

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】驚異のスコアリングポイントガード~コリン・セクストン~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】秀才さと機動力を活かせるビックマン~ウェンデル・カーター・Jr~

【ヨナス・ヴァランチューナスのまとめ】

いかがでしたでしょうか?

・ヨナス・ヴァランチューナスのプロフィール

・ヨナス・ヴァランチューナスの記録

・ヨナス・ヴァランチューナスの魅力①:力強いポストプレー

・ヨナス・ヴァランチューナスの魅力②:ダブルダブル

・ヨナス・ヴァランチューナスの魅力③:負けん気

色々ヨナス・ヴァランチューナス選手について調べていくと動画だけではわからない内容が多かったりと、筆者自身も勉強することが多かった選手でした。今後もミーハーな選手を中心に「餅つきうさぎ」はご紹介していくので、よろしくお願いいたします。

About 餅つきうさぎ 688 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*