【NBAニュース】2021-22年シーズン前半のジャージ&グッツ売上ランキング

ジャージー&グッズ売り上げで、レブロン・ジェームズとレイカーズがトップに

NBAとNBPA(NBA選手会)は『NBAStore.com』における2021-22シーズン前半(10月19日から1月12日まで)のジャージーとチームグッズの売り上げランキングを発表しました。ランキングではチームグッズはロサンゼルス・レイカーズ、選手ジャージーはレイカーズ所属のレブロン・ジェームズがトップとなりました。

ジャージー売り上げ7位のメンフィス・グリズリーズのジャ・モラントは初のトップ10入りを果たし、8位のアトランタ・ホークスのトレイ・ヤングはジャージーランキングで自己最高位を獲得した。ゴールデンステイト・ウォリアーズのクレイ・トンプソンは9位で、2018年以来初めてジャージー売り上げ上位に返り咲いており、NBA復帰を喜ぶファンが多いのが垣間見れます。

また、ニューヨーク・ニックスのRJ・バレット(14位)とシャーロット・ホーネッツのラメロ・ボール(15位)がジャージー売り上げTop15リストに初登場しており、新たな世代がファンに選ばれ始めています。

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

【NBAジャージー売り上げトップ15】

  1. レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)
  2. ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
  3. ヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)
  4. ケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)
  5. ルカ・ドンチッチ(ダラス・マーベリックス)
  6. ジェイソン・テイタム(ボストン・セルティックス)
  7. ジャ・モラント(メンフィス・グリズリーズ)
  8. トレイ・ヤング(アトランタ・ホークス)
  9. クレイ・トンプソン(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
  10. デイミアン・リラード(ポートランド・トレイルブレイザーズ)
  11. ジョエル・エンビード(フィラデルフィア・76ers)
  12. アンソニー・デイビス(ロサンゼルス・レイカーズ)
  13. デビン・ブッカー(フェニックス・サンズ)
  14. RJ・バレット(ニューヨーク・ニックス)
  15. ラメロ・ボール(シャーロット・ホーネッツ)

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【NBAジャージー売り上げトップ15】

  1. ロサンゼルス・レイカーズ
  2. ゴールデンステイト・ウォリアーズ
  3. ミルウォーキー・バックス
  4. ブルックリン・ネッツ
  5. ボストン・セルティックス
  6. ニューヨーク・ニックス
  7. シカゴ・ブルズ
  8. フィラデルフィア・76ers
  9. トロント・ラプターズ
  10. ダラス・マーベリックス
About 餅つきうさぎ 953 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*