【2021-22年NBA戦力分析】ボストン・セルティックス

NBAの2021-2022年シーズンが2021年10月19日(日本時間20日)に開幕します。2020‐21年シーズンは新型コロナウィルス蔓延によりイレギュラースケジュールとなりましたが、今シーズンは昨シーズン同様にプレイイン・トーナメントを引き継ぎながら4月中旬までレギュラーシーズンを戦います。

2021‐22年シーズンはFA解禁前後にトレードが各チーム行われ、チームの勢力図が大きく変動しました。そこで今回は各チームの戦力分析をお送りしていこうと思います。

今回ご紹介するチームは・・・ボストン・セルティックスです。

2020-21年シーズンのボストン・セルティックスはシーズン途中で大きくチームメンバーが変えあり、またケガもありながら本調子のチームではありませんでしたが、ジェイソン・テイタムが何とかチームをまとめ上げイースタンカンファレンス7位でプレイオフ進出を果たしました。

2021-2022年シーズンのボストン・セルティックスはケンバ・ウォーカー、エバン・フォーニエなどを放出する一方でデニス・シュルーダーを加入し、チームの再建を図ります。

そんなボストン・セルティックスの2021-22年シーズンの戦力分析を注目選手と共に掲載していきます。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【ボストン・セルティックス】

まずはボストン・セルティックスのチームプロフィールです。

チーム名:ボストン・セルティックス

【創設】1946年
【本拠地】マサチューセッツ州ボストン
【所属】イースタン・カンファレンス
【チームカラー】緑・白・黒

マサチューセッツ州ボストンを本拠地として活動しているボストン・セルティックス。

ボストン・セルティックスは、現在の発足した当初に参加したチームの中で、同じ都市にチームが継続してあり続けているチームなんです。

チーム名のセルティックは、”ケルト人”という意味で、本拠地のボストン付近はアイルランド人が多く移民していた土地であったことから付けられたんです。

ボストン・セルティックスの2020-2021シーズン

【成績】プレーオフ進出
【勝率】36勝36敗
【順位】イースタン・カンファレンス 7位

2020-21年シーズンのボストン・セルティックスはシーズン途中の2020年11月末にエネス・カーターをキャッシュで、ゴードン・ヘイワードをサイン&トレードでホーネッツに放出し、2021年3月にはジェフ・ティーグとのトレードでエバン・フォーニエを獲得し、ロスターが変わった一年となりました。

そんなチームはジェイソン・テイタムが1人奮闘し、レギュラーシーズンを36勝36敗でプレイイン・トーナメントに進出し、ワシントン・ウィザースを破りイースタンカンファレンス7位でプレイオフ進出を果たしました。プレイオフではブルックリン・ネッツに5試合目で敗れてプレイオフ敗退となりました。

2021-2022NBAシーズンの戦いに向けて、どのような戦力補強を行ったのでしょうか?

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】マイケル・ジョーダンの後継者~コービー・ブライアン~

おすすめ記事 →  【動画】最もバスケの神に近づいた男、コービー・ブライアントのハイライト動画集

【ボストン・セルティックスの今シーズン】

3 Early Bold Predictions For Boston Celtics In 2021-22 NBA Season

2021-22年のボストン・セルティックスはシーズン終了後にケンバ・ウォーカー、エバン・フォーニエを放出し、ロスアンゼルス・レイカーズからエバン・フォーニエやオクラホマシティ・サンダーからベテランセンターのアル・ホーフォードを加盟させました。ジェイレン・ブラウンが昨シーズン後半はケガで出場出来ていなかったこともあり、2021-22年シーズンはチームの状態がヘルシーな状態でプレイオフ迄進めるかがキーとなりそうです。

一方でセルティックスのエックスファクターとなるのは新加入のデニス・シュルーダーと2018年NBAドラフト27位でボストン・セルティックスにドラフトされたロバート・ウィリアムズです。デニス・シュルーダーはレイカーズとの長期契約を蹴りボストン・セルティックスと1年契約を結んでおり、自身の存在感がアピールできるかどうかが重要な1年となっています。またロバート・ウィリアムズは昨年のプレイオフでチーム記録且つ、自身最高となる9ブロックを記録するなど成長が期待されるビックマンです。

今後のボストン・セルティックスの2021-2022年シーズンに注目です。

おすすめ記事 →  まさに伝説!?シャキール・オニールの凄すぎる逸話まとめ

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】バスケのルールを変えた最強センター~シャキール・オニール~

【ボストン・セルティックスの注目選手】

【ボストン・セルティックスの注目選手:ジェイソン・テイタム】

本名:ジェイソン・テイタム(Jayson Tatum)

【誕生日】1998年3月3日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】203cm
【体重】93kg
【所属】ボストン・セルティックス
【背番号】0番
【ポジション】スモールフォワード

  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム : 2018

おすすめ記事 →  バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  NBA最強のシューティングガード5選まとめ【ハイライト動画付】

【ボストン・セルティックスの注目選手:デニス・シュルーダー】

NBA - Kommentar zum Wechsel von Dennis Schröder zu den Celtics: Episch  verzockt - aber der Steal des Jahres

本名:デニス・シュレーダー(Dennis Schröder)

【誕生日】1993年9月15日
【出身地】ドイツ
【身長】185cm
【体重】79kg
【所属】ボストン・セルティックス
【背番号】17番
【ポジション】PG

おすすめ記事 →  バスケで一流のセンターになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  センターにおすすめのバッシュ3選とその選び方

【ボストン・セルティックスの注目選手:ジェイレン・ブラウン】

本名:ジェイレン・ブラウン (Jaylen Brown)

【誕生日】1996年10月24日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】201cm
【体重】102kg
【所属】ボストン・セルティックス
【ポジション】SF/SG

  • NBAオールルーキーチーム 2ndチーム:2017

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【ボストン・セルティックスの注目選手:アル・ホーフォード】

Al Horford records second career triple-double – Boston Herald

本名:アル・ホーフォード(Al Hoford)

【誕生日】1986年6月3日
【出身地】ドミニカ共和国
【身長】208cm
【体重】111kg
【出身校】フロリダ大学
【所属】ボストン・セルティックス
【背番号】42番

  • 5×NBAオールスターゲーム出場: 2010, 2011, 2015, 2016, 2018
  • オールNBAチーム
    • 3rdチーム : 2011
  • NBAオールディフェンシブチーム
    • 2ndチーム : 2018
  • NBAオールルーキーチーム : 2008
  • NBAシューティングスターコンペティション優勝 : 2011
  • 2×NCAAチャンピオン : 2006, 2007

おすすめ記事 →  バスケで一流のポイントガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  ポイントガードにおすすめバッシュ3戦とその選び方

【ボストン・セルティックスの注目選手:マーカス・スマート】

本名:マーカス・スマート(Marcus Smart)

【誕生日】1994年3月6日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】193cm
【体重】100kg
【所属】ボストン・セルティックス
【背番号】36番
【ポジション】PG/SF

  • NBAオールディフェンシブチーム2×1stチーム: 2019, 2020
  • NBAオールルーキーチーム2ndチーム: 2015

おすすめ記事 →  バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  NBA最強のシューティングガード5選まとめ【ハイライト動画付】

【ボストン・セルティックスの戦力分析まとめ】

いかがでしたか?

●ボストン・セルティックスとは?

●ボストン・セルティックスの今シーズン

●ボストン・セルティックスの注目選手

今回は、イースタンカンファレンス所属のボストン・セルティックスの今シーズン戦力分析を取り上げました。

2021-22年シーズンのボストン・セルティックスは昨年よりガード陣とセンター陣が大きくメンバーチェンジされ、ジェイソン・テイタムとジェイレン・ブラウンのフォローをできるかがポイントとなりそうです。

ボストン・セルティックスの今シーズンに注目してみてください。

About 餅つきうさぎ 747 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*