【Bリーグ戦力分析|2021-2022】新潟アルビレックスBB

HOOPS JAPANをご覧の皆さん、こんにちわ。ハリネズミです。

今回は新たに始まるBリーグ新シーズンのチーム分析を行っていきたいと思います。

戦力分析を行うチームは、新潟アルビレックスBBです。

ベテランから若手まで幅広くチームメンバーに揃っている新潟アルビレックスBB。チームの絶対的司令塔であった五十嵐圭選手が群馬クレインサンダーズへの移籍を表明。若手有力プレイヤーでもあった西田優大選手もシーホース三河へ移籍を表明しています。

五十嵐圭選手の移籍記事はこちら

西田優大選手の移籍記事はこちら

新潟アルビレックスBBの戦力分析を注目選手と共に紹介していきたいと思います。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

↓Bリーグの試合を観戦したい方は↓
↓↓↓今すぐ下の画像をクリック!↓↓↓

【新潟アルビレックスBBのプロフィール】

新潟アルビレックスBB -概要- 

【チーム正式名】新潟アルビレックスBB
【創設】2000年
【本拠地】新潟県長岡市
【所属】中地区
【チームカラー】オレンジ・ブルー・ホワイト

新潟アルビレックスBB -昨シーズン成績-

【地区順位】B1東地区9位
【シーズン勝敗】16勝38敗

新潟県長岡市に本拠地を構える新潟アルビレックスBB。

昨シーズンよりBリーグで東西2地区制となり、新潟アルビレックスBBは激戦区とも言われる東地区でのシーズンスタートとなりました。ご存知の方も多いとは思いますが、東地区には宇都宮ブレックスやアルバルク東京、千葉ジェッツ、サンロッカーズ渋谷などが東地区に編成されています。

この激戦区の中、新潟アルビレックスBBはベテランプレイヤーには五十嵐圭選手や佐藤公威選手、若手プレイヤーには柏倉哲平選手や納見悠仁選手などが在籍していました。

ベテランから若手まで幅広く揃ってはいたものの、シーズンを通して激戦区の東地区を勝ち抜くことができず、最終的に16勝38敗で東地区9位の着となりました。シーズン終了後にはチームの中心として活躍していた五十嵐圭選手が群馬クレインサンダーズへ移籍し、柏倉哲平選手が滋賀レイクスターズへ。

ルーキーとして加入し、日本代表候補にも選出されていた西田優大選手がシーホース三河へ移籍を表明。チームとしての再構築が必要なシーズンとなりました。

そこで、新潟アルビレックスBBにはどんなプレイヤーが在籍しているのでしょうか?注目選手として取り上げていこうと思います。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【新潟アルビレックスBBの注目選手紹介】

次からは、新潟アルビレックスBBのBリーグ2020-2021シーズン注目選手を3名をほど紹介していこうと思います。

それぞれの選手のプロフィールも掲載していますので、チェックしてみてください。

『新潟アルビレックスBB注目選手①:岡本飛竜』

【reference=https://news.jsports.co.jp/basketball/article/20190310220388/】

【誕生日】1993年04月20日
【出身地】鳥取県
【身長】170cm
【体重】78kg
【出身校】延岡学園高校 → 拓殖大学
【所属】広島ドラゴンフライズ → 新潟アルビレックスBB
【背番号】0番
【ポジション】ポイントカード

新潟アルビレックスBBの1人目の注目選手は、岡本飛竜選手です。

新潟アルビレックスBBに新加入を果たした岡本飛竜選手。昨シーズンまでは広島ドラゴンフライズに在籍していました。昨シーズンは、1試合平均で3.0得点・1.2リバウンド・1.9アシストのスタッツを残しています。

広島ドラゴンフライズでは26試合にスタメン出場も果たしています。

注目選手に取り上げた理由としては司令塔としての役割を果たしてくれると考えているからです。冒頭にも取り上げていますが、新潟アルビレックスBBは長年チームの司令塔を務めていた五十嵐圭選手が群馬クレインサンダーズへ移籍を表明。新たな司令塔のポジションを担う選手が必要となりました。

ポイントガードとして多くの試合経験を積んできている岡本飛竜選手は五十嵐圭選手の抜けた穴を埋めてくれる存在になっていくのではないでしょうか。岡本飛竜選手の場合、特にディフェンスに注目していただきたいと思います。

相手のポイントカードに対して嫌がらせを行うことができるほど非常にディフェンス力の高い選手です。ディフェンスからチームに流れを持ち込み、勝利に導いてくれると考えられますね。チームの新たな

Bリーグ2021-2022シーズンの岡本飛竜選手に注目してみてください。

岡本飛竜選手に関する紹介記事はこちらをクリック。

おすすめ記事 → アイソレーションとは何か?バスケ用語解説!

おすすめ記事 → バスケのレイアップ10種類まとめ!これで得点力が劇的アップ!

『新潟アルビレックスBB注目選手②:遠藤善』

【reference=https://news.yahoo.co.jp/articles/a1f9b58bdf1e34a3e772ca625f25c943dd912646/images/000 】

【誕生日】1998年11月5日
【出身地】新潟県
【身長】182cm
【体重】75kg
【出身校】帝京長岡高校 → 日本体育大学
【所属】大阪エヴェッサ → 新潟アルビレックスBB
【背番号】34番
【ポジション】シューティングガード

新潟アルビレックスBBの2人目の注目選手は、遠藤善選手です。

昨シーズンは大阪エヴェッサにて特別指定選手として加入して経験を積んでいた遠藤善選手。この度の新シーズンより新潟アルビレックスBBと正式に契約を果たしました。

遠藤善選手は新潟県出身のバスケットボール選手です。新潟県内でも名門の帝京長岡高校を卒業しています。卒業後は舞台を関東に移して日本体育大学で経験を積んだのち、Bリーグに進出しています。

アウトサイドからの得点能力が高い選手で、3Pシュートが得意とされています。新シーズンではルーキープレイヤーとして新潟アルビレックスBBの戦力して活躍してくれると考え、注目選手として取り上げました。

日本体育大学時代には土居光選手(現在山口ペイトリオッツ所属)と共に”スプラッシュブラザーズ”とも呼ばれていたほどアウトサイドからの得点には定評のある選手です(当時の動画はこちら)。

動画を見てもらうとわかりますが、アウトサイドからの得点のみならず、アグレッシブなドライブとディフェンスでチームを牽引する能力を兼ね備えています。新シーズンの新潟アルビレックスBBにおいて新戦力となる可能性を秘めているため期待が高まります。

Bリーグ2021-2022シーズンの遠藤善選手に注目してみてください。

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

『新潟アルビレックスBB注目選手③:ロスコアレン』

【reference=https://news.yahoo.co.jp/articles/429541ffc77c4d8f35a0a924576999dbc0b695f9】

【誕生日】1993年05月05日
【出身地】ハンガリー
【身長】208cm
【体重】100kg
【出身校】スタンフォード大学
【所属】新潟アルビレックスBB
【背番号】25番
【ポジション】パワーフォワード/スモールフォワード

新潟アルビレックスBBの3人目の注目選手は、ロスコアレン選手です。

昨シーズンより新潟アルビレックスBBに所属している外国籍選手です。新潟アルビレックスBBの新制外国籍選手として加入を果たしています。昨シーズンは1試合平均で18.1得点・7.8リバウンド・2.6アシストのスタッツを残しています。チームにとって必要不可欠なインサイドプレイヤーとなってくることでしょう。

特にリバウンド面での活躍が期待できます。1試合に10本以上のリバウンドを記録してダブルダブル(得点とリバウンド)のスタッツを残す試合もあります。日本のBリーグでの試合経験も豊富なため注目選手として取り上げました。

Bリーグ2021-2022シーズンのロスコアレン選手に注目してみてください。

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

おすすめ記事 → バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【新潟アルビレックスBBのBリーグ2021-2022シーズン】

ここまで、新潟アルビレックスBBの昨シーズンと注目選手について取り上げてきました。

冒頭にも取り上げていますが、司令塔を務めた五十嵐圭選手が移籍してしまったり、柏倉哲平選手や西田優大選手の移籍も決まっています。

しかし、新戦力の補強もしっかりと行っています。広島ドラゴンフライズから岡本飛竜選手が加わり、大阪エヴェッサから遠藤善選手が加入。外国籍選手では名古屋ダイヤモンドドルフィンズよりジェフエアーズ選手の加入も決まっています。また、スラムダンク奨学金14期生として海外経験を果たしていた木村圭吾選手が新たに加入することも決まっています。

新加入の選手が多いのも戦力してありますが、昨シーズンから新潟アルビレックスBBに在籍しているロスコアレン選手に加えて、納見悠仁選手、星野曹樹選手などの若手プレイヤーの残留も決まっています。

新戦力のプレイヤーと残留しているチームメンバーが噛み合わさり、新体制の新潟アルビレックスBBがB1リーグでどこまで戦い抜いてくるのか非常に注目ですね。

注目選手に関しては個人的な意見を元に取り上げています。今回取り上げた選手以外にも注目選手や注目のスタッフなどがいましたらコメントいただきますと幸いです。

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

↓Bリーグの試合を観戦したい方は↓
↓↓↓今すぐ下の画像をクリック!↓↓↓

【新潟アルビレックスBB戦力分析まとめ】

いかがでしたか?

●新潟アルビレックスBBのプロフィール
●新潟アルビレックスBB注目選手①:岡本飛竜
●新潟アルビレックスBB注目選手②:遠藤善
●新潟アルビレックスBB注目選手③:ロスコアレン
●新潟アルビレックスBBのBリーグ2021-2022シーズン

今回はBリーグ2021-2022シーズンの新潟アルビレックスBBに関する戦力分析を行いました。

新戦力を大きく補強して新シーズンに臨んでくる新潟アルビレックスBB。B1リーグの東地区というのは激戦区とも言われており、チャンピオンシップへ出場も難しい状況となってくることでしょう。新体制となったチームでどこまで戦い抜けるのか要チェックなチームとなっているのは間違いないでしょう。

新潟アルビレックスBBのBリーグ2021-2022シーズンに注目してみてください。

About ハリネズミ 774 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*