【2021−22年NBA戦力分析】オクラホマシティ・サンダー

Jan 15, 2021; Oklahoma City, Oklahoma, USA; Oklahoma City Thunder guard Shai Gilgeous-Alexander (2) celebrates with his team after defeating the Chicago Bulls in overtime at Chesapeake Energy Arena. Mandatory Credit: Alonzo Adams-USA TODAY Sports

NBAの2021-2022年シーズンが2021年10月19日(日本時間20日)に開幕します。2020‐21年シーズンは新型コロナウィルス蔓延によりイレギュラースケジュールとなりましたが、今シーズンは昨シーズン同様にプレイイン・トーナメントを引き継ぎながら4月中旬までレギュラーシーズンを戦います。

2021‐22年シーズンはFA解禁前後にトレードが各チーム行われ、チームの勢力図が大きく変動しました。そこで今回は各チームの戦力分析をお送りしていこうと思います。

今回ご紹介するチームは・・・オクラホマシティ・サンダーです。

2020-21年シーズンのオクラホマシティ・サンダーは22勝50敗と大きく負け越して2014-15年シーズンぶりとなるプレイオフ進出を逃しました。

2021-2022年シーズンのオクラホマシティ・サンダーはエースとなったシェイ・ギルジアス・アレクサンダーを筆頭にヤングメンバーの化学反応を探る1年となりそうです。

そんなオクラホマシティ・サンダーの2021-22年シーズンの戦力分析を注目選手と共に掲載していきます。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【オクラホマシティ・サンダー】

【reference=http://www.hoops.co.il/?p=133613】

まずはオクラホマシティ・サンダーのチームプロフィールです。

チーム名 : オクラホマシティ・サンダー

【創設】1967年
【本拠地】オクラホマ州オクラホマシティ
【所属】ウエスタン・カンファレンス
【チームカラー】青・オレンジ・白

オクラホマシティを本拠地として活動しているオクラホマシティ・サンダー。

元々はシアトル・スーパーソニックスというチームで活動しており、シアトルを本拠地に構えて活動していました。

2008年にオーナー会議によってシアトルから現在のオクラホマシティへと本拠地を移すことになったとのことです。

その後は、現在にもオクラホマシティにて活動を行っています。

オクラホマシティ・サンダー2020-2021シーズン

【成績】プレーオフ未進出
【勝率】22勝50敗
【順位】ウエスタン・カンファレンス 14位

2020-21年シーズンのオクラホマシティ・サンダーは22勝50敗と大きく負け越して2014-15年シーズンぶりとなるプレイオフ進出を逃しました。またチームメンバーとして2012-13年シーズンからチームに在籍していたステーブン・アダムスなどを放出するなど、チームの状況が大きく変わる1年となりました。

オクラホマシティ・サンダーはラッセル・ウエストブルックが抜けてから再建モードで若手中心のチームになっており、今後若手選手中心にいかに化学反応を作っていけるかが注目されています。

2021-2022NBAシーズンの戦いに向けて、どのような戦力補強を行ったのでしょうか?

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】マイケル・ジョーダンの後継者~コービー・ブライアン~

おすすめ記事 →  【動画】最もバスケの神に近づいた男、コービー・ブライアントのハイライト動画集

【オクラホマシティ・サンダーの今シーズン】

Oklahoma City Thunder Roster, Key Dates and Preseason Schedule for 2021-22  NBA Season

2021-22年のオクラホマシティ・サンダーはチームのエースへと進化したシェイ・ギルジアス・アレクサンダーを筆頭にヤングメンバーの化学反応を探る1年となりそうです。注目選手はセルビア出身で213㎝のアレクセイ・ポクシェフスキーやルゲンツ・ドートなどのがおり、また更に今シーズンに新たな若手が出てくることが期待です。

今後のオクラホマシティ・サンダーの2021-2022年シーズンに注目です。

おすすめ記事 →  まさに伝説!?シャキール・オニールの凄すぎる逸話まとめ

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】バスケのルールを変えた最強センター~シャキール・オニール~

【オクラホマシティ・サンダーの注目選手】

【オクラホマシティ・サンダーの注目選手:シェイ・ギルジアス・アレクサンダー】

本名:シェイ・ギルジアス・アレクサンダー(Shai Gilgeous-Alexander)

【誕生日】1998年7月12日
【出身地】カナダ
【身長】196cm
【体重】82kg
【所属】オクラホマシティ・サンダー
【ポジション】PG/SG

NBAオールルーキー2ndチーム:2019

【オクラホマシティ・サンダーの注目選手:ルゲンツ・ドート

Oklahoma City Thunder ink Canadian G Luguentz Dort to multi-year deal -  TSN.ca

本名:ルゲンツ・ドート(Luguentz Dort)

【誕生日】1999年4月19日
【出身地】カナダ
【身長】191cm
【体重】98kg
【所属】オクラホマシティ・サンダー
【背番号】5番
【ポジション】SG/SF

【オクラホマシティ・サンダーの注目選手:アレクセイ・ポクシェフスキー

OKC Thunder: Aleksej Pokusevski - expectations vs reality for the rookie

本名:アレクセイ・ポクシェフスキー(Aleksej Pokuševski)

【誕生日】2001年12月16日
【出身地】セルビア
【身長】213cm
【体重】86kg
【所属】オクラホマシティ・サンダー
【背番号】17番
【ポジション】PF/SF

おすすめ記事 →  バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  NBA最強のシューティングガード5選まとめ【ハイライト動画付】

【オクラホマシティ・サンダーの戦力分析まとめ】

いかがでしたか?

●オクラホマシティ・サンダーとは?

●オクラホマシティ・サンダーの今シーズン

●オクラホマシティ・サンダーの注目選手

今回は、ウエスタンカンファレンス所属のオクラホマシティ・サンダーの今シーズン戦力分析を取り上げました。

2021-22年シーズンのオクラホマシティ・サンダーはエースとなったシェイ・ギルジアス・アレクサンダーを筆頭にヤングメンバーの化学反応を探る1年となりそうです。

オクラホマシティ・サンダーの今シーズンに注目してみてください。

About 餅つきうさぎ 763 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*