【NBAニュース】ドリュー・ホリデーがセルティックスに移籍

10月1日(日本時間2日)、ボストン・セルティックスとポートランド・トレイルブレイザーズがトレードを発表し、セルティックスはドリュー・ホリデーを獲得し、ブレイザーズはマルコム・ブログドンやロバート・ウィリアムズ三世を獲得しています。

セルティックス獲得

  • ドリュー・ホリデー

ブレイザーズ獲得

  • マルコム・ブログドン
  • ロバート・ウィリアムズ三世
  • 2024年のドラフト1巡目指名権
  • 2029年のドラフト1巡目指名権

9月27日(同28日)のミルウォーキー・バックス、フェニックス・サンズとの三角トレードでブレイザーズが獲得していたホリデーは、フィラデルフィア・76ers(2009~13年)、ニューオーリンズ・ペリカンズ(2013~20年)、バックス(2020~23年)と、NBAでの14シーズンで906試合に出場(先発825試合)しているベテランで、平均33.1分間のプレイで16.4得点、4.1リバウンド、6.5アシスト、1.5スティール、フィールドゴール成功率46.2%、3ポイントショット成功率36.6%を記録しています。

昨シーズンはバックスで67試合に出場(先発65試合)し平均19.3得点、7.4アシスト(リーグ9位)、自己最多の5.1リバウンドを記録し、3年連続、自身5回目のオールディフェンシブチーム選出を果たしています。また、2013年以来となる自身2回目のオールスター選手も達成しています。

一方でブレイザーズが獲得したウィリアムズ三世は、NBAドラフト2018でセルティックスに全体27位で指名され、5シーズンで209試合に出場(先発97試合)しています。平均20.5分間のプレイで7.3得点、6.9リバウンド、1.4アシスト、1.7ブロック、FG成功率73.2%、フリースロー成功率65.6%を記録しており2021-2022シーズンには自己最多の平均2.2ブロックと9.6リバウンドを記録し、オールディフェンシブチームに選ばれているリムプロテクターです。

また、ブログドンは昨季セルティックスで67試合に出場し、平均26.0分間のプレイで14.9得点、4.2リバウンド、3.7アシスト、3P成功率44.4%を記録。シックスマン賞を受賞しています。通算ではバックス(2016~19年)、インディアナ・ペイサーズ(2019~22年)、セルティックス(2022-23シーズン)で400試合に出場(先発258試合)しており、平均29.5分間のプレイで15.4得点、4.2リバウンド、4.6アシスト、0.8スティール、FG成功率46.7%、3P成功率38.8%、FT成功率87.9%をマークしています。

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ジョーダン編~

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~他メーカー編~

【ドリュー・ホリデーとは】

本名:ドリュー・ホリデー(Jrue Holliday)

【誕生日】1990年6月12日
【出身地】アメリカ
【身長】193cm
【体重】93kg
【所属】ボストン・セルティックス
【背番号】21番
【ポジション】PG/SG

  • NBAチャンピオン (2021)
  • 2× NBAオールスター (2013, 2023)
  • 2× NBAオールディフェンシブファーストチーム (2018, 2021)
  • 2× NBAオールディフェンシブセカンドチーム (2019, 2022)
  • NBAスポーツマンシップ賞 (2021)
  • 2× NBAチームメイト・オブ・ザ・イヤー賞 (2020, 2022)
  • Pac-10オールフレッシュマンチーム (2009)
  • ゲータレード年間最優秀選手賞 (2008)
  • パレード誌オールアメリカン・ファーストチーム (2008)
  • パレード誌オールアメリカン・サードチーム (2007)
  • マクドナルド・オール・アメリカン (2008)
  • カリフォルニア州ミスター・バスケットボール (2008)

ドリュー・ホリデーで育ちロスアンゼルス出身でUCLA卒のロスアンゼルスにゆかりのある選手です。両親はアリゾナ州立大学でバスケをしており、個人賞に選出されるレベルのプレイヤーでそんな家庭で育ちました。

バスケの英才教育で育ったドリュー・ホリデーは高校時代からカリフォルニア州では有名な選手で、高校卒業時の2008年にはPG部門で全米No.1、全体ポジションとしてもNo.2と言われるほど評価が高くゲータレードナショナルプレイヤーオブザイヤーやマクドナルドオールアメリカンに選出されるほどの選手でした。

大学は地元のUCLAに進学し、1年間ルーキーらしからぬ結果を残しNBAにアーリーエントリーを行いました。NBAドラフトでは全体17位でフィラデルフィア・76ersに指名されました。その後フィラデルフィア・76ersの中心選手として活躍をし、得点を量産しながらアシスタントなどもできる選手として活躍しました。そして2013年のNBAオールスターにフィラデルフィア・76ersの最年少NBAオールスター選手となりました。

その後、ニューオリンズ・ペリカンズに移籍しケガなどを乗り越えてチームをけん引するプレイヤーへと変貌していきました。その過程でディフェンス面での貢献が特にNBA内でも目立ち2年のオールディフェンスシブプレイヤーに選出されています。

さらに詳しくドリュー・ホリデーについて知りたい人はこちらをご確認ください。

About 餅つきうさぎ 1307 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*