【NBAドラフト2018】アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男~トレー・ヤング~

【reference=https://www.insidenu.com/2017/12/22/16804852/trae-young-film-oklahoma-sooners-northwestern-lon-kruger-dererk-pardon-steph-curry】

こんにちわ!

アメリカ大学バスケで、八村塁選手や渡邊雄太選手が活躍し始めていますね。

そんなアメリカの大学バスケにおいて、No.1スコアラーと呼ばれている選手をご存知でしたか?

その選手とは、トレー・ヤングです。

2018NBAドラフトの候補生としても名前が挙がっている選手です。

 

トレー・ヤングとはどんな選手なのか見ていきたいと思います。

 

 

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】身体能力・技術力が豊富で、NBAでも即戦力プレイヤー~マービン・バグリー~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】237cmのウィングスパンを持つ男〜モハメド・バンバ〜

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ドラフト1位指名有力ビッグマン~ディアンドレ・エイトン~

 

 

 

【トレー・ヤングのプロフィール】

【reception=http://www.oudaily.com/sports/oklahoma-basketball-trae-young-prepares-for-biggest-decision-of-his/article_65afb17c-259e-11e8-95eb-8b48597b6df1.html】

 

本名:トレー・ヤング(Trae Young)

【誕生日】1998年9月19日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】188cm
【体重】82kg
【出身校】ノーマンノース高校 → オクラホマ大
【背番号】11番
【ポジション】ポイントガード

 

高校・大学共に地元オクラホマの学校に進学したトレー・ヤング。

トレー・ヤングの父親はテキサス工科大でプレーし、ヨーロッパでもプロ選手としてキャリアを積んでいたそうです。

そのことから、幼少期よりバスケに慣れ親しんでいたそうです。

 

現在、NCAAのリーグにおいて、トレー・ヤングのスタッツは、

平均28.8得点・平均8.8アシスト

と1試合に30得点近い得点力とパスセンスも兼ね備えている選手です。

 

なぜ、カレッジNo.1スコアラーと呼ばれるようになったのでしょうか?

トレー・ヤングの魅力にせまりたいと思います。

 

 

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ヨーロッパが生んだ大型ポイントガード~ルカ・ドンチッチ~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】怪我を乗り越え、才能を開花できるか~マイケル・ポーター・Jr~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】驚異のスコアリングポイントガード~コリン・セクストン~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】秀才さと機動力を活かせるビックマン~ウェンデル・カーター・Jr~

 

 

 

【トレー・ヤングの魅力①:クイックネスのあるドライブイン】

 

まず、トレー・ヤングがスコアラーと呼ばれる理由として挙がるのが、ドライブ力です。

トレー・ヤングは緩急を使うのがとても上手く、ディフェンスを惑わしています。

緩急を大いに活用したドライブ後、フローターやダブルクラッチなどのシュートセレクションも豊富に持っているのが特徴です。

 

また、ガードとしてのハンドリング力も持っているため、自身の緩急と組み合わせて得点を量産していきます。

得点を量産するためには、ドライブの力は重要な要素の1つですね。

 

 

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる7つの筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

 

 

 

【トレー・ヤングの魅力②:ロングレンジシュート】

【reception=http://www.post-gazette.com/sports/marchmadness/2018/03/14/trae-young-oklahoma-sooners-basketball-ncaa-tournament-pittsburgh-march-madness/stories/201803140132】

 

トレー・ヤングの2つ目の魅力で挙がるのは、広いロングレンジシュート力です。

シュートと言っても、リリースがクイックでブロックしづらいシュートを放っています。

しかも、通常の3Pラインより遥か後方からシュートを放つため、ディフェンスは守備範囲を広げなくてはなりません。

デイフェンスにとっては厄介な選手なの間違いありませんね。

 

この広いシュートレンジがあるからこそ、得点の幅が広がっているのではないでしょうか。

トレー・ヤングは会場を沸かせられるプレーを持っていますね。

 

 

おすすめ記事 →  ケンタッキー大学出身のNBA選手で、勝手に最強チームを結成してみた

おすすめ記事 →  UCLA大学出身のNBA選手で、勝手に最強チームを結成してみた

 

 

 

【トレー・ヤングの魅力③:魅力溢れるパスセンス】

【reception=https://www.aseaofblue.com/2017/12/8/16751982/trae-young-kentucky-wildcats-college-basketball-2017-oklahoma-sooners】

 

最後に取り上げるトレー・ヤングの魅力は、パスセンスです。

得点力だけに目が行きがちですが、トレー・ヤングはシュートレンジの広さとドライブ力で相手ディフェンスを引き寄せることができるため、

ノーマークの味方選手へのパス能力も長けている点です。

 

現在のNCAAのリーグにおいても1試合平均で8.8アシストの記録を持っています。

この記録はNCAA全体3位の記録となっています。

幅広い視野も兼ね備えているからこその能力と言えるでしょう。

 

 

おすすめ記事 →  バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

おすすめ記事 →  【ジャンプ力アップ】バスケでジャンプ力を高める方法

 

 

 

【トレー・ヤングの今後】

【reception=https://www.youtube.com/watch?v=hC5tl8_R0wM】

 

広いロングレンジシュートとクイックネスのあるドライブ力があり、高いパスセンスも持っているため、1年生ながらオクラホマ大の主力選手として活躍しています。

これほどの得点力とパスセンスを持っているため、2018NBAドラフトの有力選手であることは間違いありませんね。

 

身体能力・体格ともに日本人選手と変わらないモノがあるトレー・ヤング。

日本人選手もトレー・ヤングのプレーを真似るべき点がたくさんあるのではないでしょうか。

ぜひ参考にしてみてください!

 

 

おすすめ記事 →  NBA界の”モンスター”を多数輩出した、2009年NBAドラフト

おすすめ記事 →  歴史に名を刻むことができるか!?!?2011年NBAドラフト組

 

 

 

【トレー・ヤングのまとめ】

いかがでしたか?

 

●トレー・ヤングのプロフィール

●トレー・ヤングの魅力①:クイックネスのあるドライブイン

●トレー・ヤングの魅力②:ロングレンジシュート

●トレー・ヤングの魅力③:魅力溢れるパスセンス

●トレー・ヤングの今後

 

現在のカレッジバスケ界のNo.1スコアラーの異名を持つトレー・ヤングをご紹介しました。

能力も体格もそれほど高くないトレー・ヤングがNBAで大きく活躍していく姿が見てみたいものですね。

これからの活躍に期待してみてください!

 

 

ハリネズミ
About ハリネズミ 304 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*