【NBAニュース】2019年シーズン後移籍(トレード)の噂がある12選

NBAのシーズンも残り少しとなり、プレイオフへの切符をかけた攻防が激化してきました。そんなNBAシーズン真っただ中ではありますが、今回は今季限り(2018-2019年)でFA(フリーエージェント)となる選手をアメリカのウェブがまとめた情報を元にご紹介します。

今回は第1弾ということで、今年FA権が行使できる有名選手をピックアップします。中にはスーパースターの名も入ってきており、来期以降のシーズンを大きく左右する可能性を秘めています。

【2019年NBAトレードの噂12選手まとめ】

さて、それでは実際に2019年NBAトレードの噂があるのは、どんな選手でしょうか?

早速見てみましょう!

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】身体能力・技術力が豊富で、NBAでも即戦力プレイヤー~マービン・バグリー~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男~トレー・ヤング~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】237cmのウィングスパンを持つ男〜モハメド・バンバ〜

【2019年NBAトレードの噂:ケビン・デュラント】

本名:ケビン・デュラント(Kevin Durant)

【誕生日】1988年9月29日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】206cm
【体重】107kg
【所属】ゴールデンステート・ウォリアーズ
【背番号】35番
【ポジション】スモールフォワード
【ウィングスパン】225㎝
【足のサイズ】39㎝
【受賞歴】

  • 2×NBAチャンピオン:2017, 2018
  • 2×NBAファイナルMVP:2017, 2018
  • MVP: 2014
  • 9×NBAオールスターゲーム出場: 2010-2018
  • NBAオールスターゲームMVP : 2012
  • 5×オールNBAファーストチーム : 2010-2014
  • 2×オールNBAセカンドチーム : 2016, 2017
  • 新人王 : 2008
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム:2008
  • 4×得点王: 2010-2012, 2014
  • 50-40-90クラブ : 2013
  • フリースロー成功率1位 : 2013
  • NBAルーキーチャレンジ : MVP: 2009
  • FIBAバスケットボール・ワールドカップMVP:2010
  • USAバスケットボール男子年間最優秀選手:2010, 2016

ケビン・デュラントはプレイヤーオプションで2019シーズン終了後、FAになることができます。どこのチームに入るのかはまだ未定ですが、多くのチームが獲得に動くと言われています。

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ドラフト1位指名有力ビッグマン~ディアンドレ・エイトン~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ヨーロッパが生んだ大型ポイントガード~ルカ・ドンチッチ~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】怪我を乗り越え、才能を開花できるか~マイケル・ポーター・Jr~

【2019年NBAトレードの噂:カワイ・レナード】

本名:カワイ・レナード(Kawhi Leonard)

【誕生日】1991年6月29日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】201cm
【体重】104kg
【所属】トロント・ラプターズ
【背番号】2番
【ポジション】SF
【受賞歴】

  • 5×NBAオールスターゲーム出場 : 2013, 2014, 2016-2018
  • オールNBAチーム
    • 3×3rdチーム : 2013, 2014, 2016
  • NBAオールディフェンシブチーム
    • 1stチーム : 2014
    • 2×2ndチーム : 2013, 2016
  • MIP : 2013

カワイ・レナードはプレイヤーオプションでFAになることができます。今季スパーズから移籍したレナードがどんな状態になるか楽しみです。

おすすめ記事 →  【動画】爆発的な得点力でチームを牽引するドノバン・ミッチェルのハイライト動画!

おすすめ記事 →  【動画】安定感のオフェンス力でチームを盛り上げるジェイソン・テイタムのおすすめハイライト!

おすすめ記事 →  【動画】NBA史に名を残す3Pシューター、クレイ・トンプソンのおすすめハイライト動画!

おすすめ記事 →  【動画】NBA界の仕事人、ドレイモンド・グリーンのおすすめハイライト動画集!

【2019年NBAトレードの噂:カイリー・アービング】

本名:カイリー・アービング(KYRIE IRVING)

【誕生日】1992年3月23日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】191cm
【体重】86.6kg
【所属】ボストン・セルティックス
【背番号】11番
【ポジション】ポイントガード
【受賞歴】

  • NBAチャンピオン:2016
  • NBA新人王 : 2012
  • オールNBAチーム 3rdチーム : 2015
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム : 2012
  • 5×NBAオールスターゲーム出場 : 2013~2015, 2017, 2018
  • NBAオールスターMVP : 2014
  • ライジング・スターズ・チャレンジMVP:2012
  • NBAスリーポイント・シュートアウト優勝 2013
  • FIBAバスケットボール・ワールドカップMVP:2014
  • USAバスケットボール男子年間最優秀選手:2014

カイリー・アービングはプレイヤーオプションでFAになることができます。今季スタートにはボストンセルティックスにいたいとは言っているものの、チーム状況が微妙でもあり、移籍も十分あり得ます。

おすすめ記事 → ジャンプ力を伸ばし、バスケで圧倒的な身体能力を手に入れる3つのトレーニング方法

おすすめ記事 → 【バスケあるある】誰もが憧れるダンクシュート

【2019年NBAトレードの噂:ケンバ・ウォーカー】

本名:ケンバ・ウォーカー(Kemba Walker)

【誕生日】1990年5月8日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】185cm
【体重】83kg
【出身校】コネチカット大学
【所属】シャーロット・ホーネッツ
【背番号】15番
【ポジション】PG
【受賞歴】
・NBAオールスターゲーム出場:2017, 2018
・NCAAチャンピオン : 2011
・ボブ・クージー賞 : 2011

制限なしのFAになるケンバ・ウォーカーは今までの活躍に対してまだまだ、お金という面では過小評価されているプレイヤーです。今季のFAでマックスコントラクトを引き出せるのか、楽しみです。

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

【2019年NBAトレードの噂:クレイ・トンプソン】

本名:クレイ・トンプソン(Klay Thompson)

【誕生日】1990年2月8日
【出身地】アメリカ合衆国カリフォルニア州
【身長】201cm
【体重】93kg
【所属】ゴールデンステイト・ウォリアーズ
【背番号】11番
【ポジション】シューティングガード
【受賞歴】

  • 3×NBAチャンピオン:2015, 2017, 2018
  • 4×NBAオールスターゲーム出場 : 2015-2018
  • オールNBAチーム2×3rdチーム:2015, 2016
  • NBAスリーポイント・シュートアウトコンテスト優勝:2016
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム : 2012

クレイ・トンプソンは制限なしのFAとなりどこのチームも移籍することが可能です。今までお金にはそこまでこだわってこなかったクレイ・トンプソンですが、どうなるか楽しみです。

おすすめ記事 →  爆発的なオフェンス力を身に付けるためのハンドリング練習メニュー3選

おすすめ記事 →  バスケでドリブルの達人になるための6つの練習メニュー

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ドラフト1位指名有力ビッグマン~ディアンドレ・エイトン~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ヨーロッパが生んだ大型ポイントガード~ルカ・ドンチッチ~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】怪我を乗り越え、才能を開花できるか~マイケル・ポーター・Jr~

【2019年NBAトレードの噂:デマーカス・カズンズ】

本名:デマーカス・カズンズ(DeMarcus Cousins)

【誕生日】1990年8月13日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】211cm
【体重】122kg
【所属】ゴールデンステート・ウォリアーズ
【背番号】0番
【ポジション】C
【受賞歴】

  • オールNBAチーム
    • 2×2ndチーム 2015, 2016
  • 4×NBAオールスターゲーム出場 2015-2018
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム 2011

昨年ニューオリンズ・ペリカンズからゴールデンステート・ウォリアーズに加入したデマーカス・カズンズですが、制限なしのFAになることができます。前回の移籍ではトレード先候補が少なく、不本意に終わったといわれているので今年こそは、という思いがあると思います。

おすすめ記事 →  【動画】爆発的な得点力でチームを牽引するドノバン・ミッチェルのハイライト動画!

おすすめ記事 →  【動画】安定感のオフェンス力でチームを盛り上げるジェイソン・テイタムのおすすめハイライト!

おすすめ記事 →  【動画】NBA史に名を残す3Pシューター、クレイ・トンプソンのおすすめハイライト動画!

おすすめ記事 →  【動画】NBA界の仕事人、ドレイモンド・グリーンのおすすめハイライト動画集!

【2019年NBAトレードの噂:ジミー・バトラー】

本名:ジミーバトラー(Jimmy Butler)

【誕生日】1989年9月14日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】201cm
【体重】100kg
【所属】ミネソタ・ティンバーウルブス
【背番号】23番
【ポジション】SG/SF
【受賞歴】

  • 4×NBAオールスターゲーム出場 : 2015-2018
  • オールNBAチーム
    • 3rdチーム:2017, 2018
  • MIP:2015
  • NBAオールディフェンシブチーム
    • 3×2ndチーム : 2014, 2015, 2016,2018

こちらも2018-2019年シーズンからミネソタ・ティンバーウルブスより加入したジミー・バトラーですが、プレイヤーオプションのFA権を取得できます。レイカーズが猛プッシュしているというよなうわさも聞きますが、来期も楽しみです。

おすすめ記事 → ジャンプ力を伸ばし、バスケで圧倒的な身体能力を手に入れる3つのトレーニング方法

おすすめ記事 → 【バスケあるある】誰もが憧れるダンクシュート

【2019年NBAトレードの噂:ニコラ・ブーチェビッチ】

本名:ニコラ・ブーチェビッチ(Nikola Vucevic)

【誕生日】1990年10月24日
【出身地】モンテネグロ
【身長】213cm
【体重】109kg
【出身校】南カリフォルニア大学(USC)
【所属】オーランド・マジック
【背番号】9番
【ポジション】PF/C
【受賞歴】

  • NBAオールスター:2019

今まで表に出れず、やっと表に立ってきたニコラ・ブーチェビッチも来季制限なしのFA権を獲得します。2018-2019年にはNBAオールスターにも選ばれ、その活躍はNBA内でも軽視できない存在になってきました。今後の動向にも注目です。

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

【2019年NBAトレードの噂:クリス・ミドルトン】

本名:クリス・ミドルトン(Khris Middleton)

【誕生日】1991年8月12日
【出身地】アメリカ
【身長】203cm
【体重】98kg
【所属】ミルウォーキー・バックス
【背番号】22番
【ポジション】SF/SG
【受賞歴】

  • NBAオールスターゲーム出場:2019

こちらもニコラ・ブーチェビッチと同様に今季初めてNBAオールスターに選出され、過小評価だった人生の転機となったクリス・ミドルトンですが、来期はプレイヤーオプションでのFA権獲得ができます。ミルウォーキーバックスでの貢献度は高く、今期の結果いかんでは他のチームより大型オファーが来る可能性もあります。

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ドラフト1位指名有力ビッグマン~ディアンドレ・エイトン~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ヨーロッパが生んだ大型ポイントガード~ルカ・ドンチッチ~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】怪我を乗り越え、才能を開花できるか~マイケル・ポーター・Jr~

おすすめ記事 →  【動画】NBA史に名を残す3Pシューター、クレイ・トンプソンのおすすめハイライト動画!

おすすめ記事 →  【動画】NBA界の仕事人、ドレイモンド・グリーンのおすすめハイライト動画集!

【2019年NBAトレードの噂:ジュリアス・ランドル】

Image result for julius randle

本名:ジュリアス・ランドル(Julias Randle)

【誕生日】1994年11月29日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】206cm
【体重】113kg
【所属】ニューオリンズ・ペリカンズ
【背番号】30番
【ポジション】PF

ジュリアス・ランドルはNBA5年目でありながらも、まだ25歳以内という今後の活躍が大いに期待されるニューオリンズ・ペリカンズの選手で、今期プレイヤーズオプションでのFA権獲得になります。ペリカンズのアンソニー・デイビスの移籍によってはチームの大黒柱へと十分に変貌できる素質を持っている選手です。

おすすめ記事 → ジャンプ力を伸ばし、バスケで圧倒的な身体能力を手に入れる3つのトレーニング方法

おすすめ記事 → 【バスケあるある】誰もが憧れるダンクシュート

【2019年NBAトレードの噂:アル・ホーフォード】

本名:アル・ホーフォード(Al Hoford)

【誕生日】1986年6月3日
【出身地】ドミニカ共和国
【身長】208cm
【体重】111kg
【出身校】フロリダ大学
【所属】ボストン・セルティックス
【背番号】42番
【ポジション】PF/C
【受賞歴】

  • 5×NBAオールスターゲーム出場: 2010, 2011, 2015, 2016, 2018
  • オールNBAチーム
    • 3rdチーム : 2011
  • NBAオールディフェンシブチーム
    • 2ndチーム : 2018
  • NBAオールルーキーチーム : 2008
  • NBAシューティングスターコンペティション優勝 : 2011
  • 2×NCAAチャンピオン : 2006, 2007

アル・ホーフォードはプレイヤーオプションでのFA権獲得になる選手です。ボストン・セルティックスの頼れるビックマンとして、ペイントエリア内はもちろんのこと、ゲームメイクもできる器用なビックマンで、ディフェンスにも定評のある選手です。

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

【2019年NBAトレードの噂:ディアンドレ・ジョーダン】

「deandre jordan」の画像検索結果

本名:ディアンドレ・ジョーダン(DeAndre Jordan)

【誕生日】1988年7月21日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】211cm
【体重】120kg
【所属】ニューヨーク・ニックス
【背番号】6番
【ポジション】C
【受賞歴】

  • NBAオールスターゲーム出場:2017
  • 2×リバウンド王 : 2014, 2015
  • オールNBAチーム
    • 1stチーム : 2016
    • 2×3rdチーム:2015, 2017
  • 2×NBAオールディフェンシブチーム
    • 1stチーム:2015, 2016
  • 5×フィールドゴール成功率1位 : 2013-2017

ディアンドレ・ジョーダンは制限なしのFA権獲得の獲得ができる選手です。30歳は越えたものの、今でもNBA内ではリバウンダーとスクリーナーとしての存在感は抜群で、来期以降の大型トレードで手薄になったチームのサポート選手としては最高の選手です。

おすすめ記事 →  爆発的なオフェンス力を身に付けるためのハンドリング練習メニュー3選

おすすめ記事 →  バスケでドリブルの達人になるための6つの練習メニュー

【2019年シーズン後トレードの噂がある12選手】

いかがでしたか?

FAランキングというサイトからデータを頂いているので、チームに留まるであろうといわれている選手も何人かいますが、12人ご紹介しました。

まだまだトレードの話は今後も出てくると思うので、引き続きデータが更新され次第ご紹介します。

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 404 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*