【バッシュ】”Why Not”が表現されたカオスなバッシュ~ラッセル・ウエストブルック~

【reference=https://sneakernews.com/2018/01/04/russell-westbrook-jordan-why-not-zer0-1/】

HOOPS JAPANをご覧の皆さん、こんにちわ。

今回は、とある選手のシグネチャーモデルのバッシュシリーズをお送りしたいと思います。

そのとある選手とは・・・ラッセルウエスト・ブルックです。

NBAという世界最高峰の舞台で、毎試合と言っても過言ではないほ驚異的なスタッツを叩き出しているラッセル・ウエストブルック。

最近では、ラッセル・ウエストブルックがジョーダンブランドから自身のシグネチャモデルのバッシュが販売されてきています。

そこで今回は、これまでに販売されているラッセル・ウエストブルックのバッシュを紹介していこうと思います。

おすすめ記事 → 【バッシュ】NBA界の型破りなシューターが着用するバッシュ~ステファン・カリー~
おすすめ記事 → 【バッシュ】多彩なオールラウンダーが着用するバッシュ~ポール・ジョージ~

【ラッセル・ウエストブルックのプロフィール】

【reference=https://www.slamonline.com/slam-tv/thunder-broadcaster-brian-davis-russell-westbrook-cotton-picking-mind/】

本名:ラッセル・ウエストブルック(Russell Westbrook)

【誕生日】1974年2月7日
【出身地】カナダ
【身長】191cm
【体重】91kg
【所属】オクラホマシティ・サンダー
【背番号】0番
【ポジション】ポイントガード

UCLAに在学後、チームメイトのケビン・ラブと共に2008年にアーリーエントリーでNBA入りをしました。

2008年からオクラホマシティ・サンダーでプレイをし、昨年シーズンにはトリプルダブルのNBA記録を樹立し、シーズンMVPにも輝いた注目の選手です。

またプライベートでは奇抜なファッションがメディアで取り上げられるなど、オフコートでも話題になる選手です。

座右の銘は「Why not?(なぜやらない?)」で、ソーシャルメディアなどでもたびたび使用されています。

この名言の背景には、友人との友情があると言われています。高校時代、彼にはケルセイ・バス・3世という親友がおり、身長198cmにもなる彼は全米から注目される選手でした。逆に当時のウェストブルックは身長175cmしかなく、

ケルセイ・バス・3世 には多くの大学から奨学金のオファーがあったのに対し、ウェストブルックには小さな規模の大学から数えるほどしかオファーをもらえませんでした。

二人はそれぞれのために、同じ大学ではプレイしないそれぞれの道を進もう、と約束していたといいます。

しかし、親友は突然の心臓発作でケルセイ・バス・3世 が亡くなると、元々ハードワーカーであったウェストブルックは、目の色を変えたかの様にバスケットボールに打ち込むようになったといいます。

彼は、「人生がどれだけ儚いものか」ということを痛感し、自らに出来ることを、常に最大限の力で打ち込むようになりました。

この時できた考えが、「WHY NOT?」です。

ウエストブルックは、「俺は全ての物事に対して常に「Why not?」という考え方で生きている。これが俺の考え方だ。」

そう話しています。

そんな座右の目から完成したラッセル・ウエストブルックのバッシュ、WHY NOT。そのWHY NOTシリーズを紹介していきたいと思います。

おすすめ記事 → 【選手名鑑】ミスタートリプルダブル~ラッセル・ウエストブルック~
おすすめ記事 → ゼロステップをNBA選手のラッセル・ウエストブルックから学ぼう

【ラッセル・ウエストブルックのシグネチャーモデルのバッシュ】

【ラッセル・ウエストブルックのバッシュ①:WHY NOT ZER0.1 LOW】

【reference=https://www.slamonline.com/kicks/nba-sneakers-2018-0416-17/】

1つ目に紹介するラッセル・ウエストブルックのバッシュは、WHY NOT ZER0.1 LOWです。

ラッセル・ウエストブルック待望の第一弾として登場したのがWHY NOT ZER0.1 LOWでした。

ラッセル・ウエストブルックの派手さをイメージして作られたシグネチャーモデルは、バッシュのデザインにも表現されていました。

今までのバッシュのデザインを変えた一足とも言えますね。ジョーダンブランドのバッシュでもこのようなデザインのバッシュは発売されていませんでした。

WHY NOT ZER0.1 LOW はローカットのバッシュで、性能としては軽くて風通しのよいフューズ加工のメッシュとNike Zoom Airクッショニングが採用されています。

トリプルダブルを連発しているラッセル・ウエストブルックにとってはピッタリなバッシュの性能にもなっています。

おすすめ記事 → 【バッシュ】NBAドラフト2018の2トップが契約したPUMA(プーマ)
おすすめ記事 → 【バッシュ】NBA選手のキャラクターバッシュ~Q4 Sports~

【ラッセル・ウエストブルックのバッシュ②: WHY NOT ZER0.1 カオス】

【reference=https://www.slamonline.com/kicks/nba-sneakers-2018-1205/】

2つ目に紹介するラッセル・ウエストブルックのバッシュは、WHY NOT ZER0.1 カオスです。

WHY NOT ZER0.1 カオスのバッシュは、最初に紹介したWHY NOT ZER0.1 LOWの表面のプラスチックカバーを外したバージョンのバッシュです。

WHY NOT ZER0.1 カオスは、柔らかい素材に変化しており、反発力を発揮するフルレングスのZoom Airユニットが採用されています。

試合中の運動量が非常に多い選手の足をサポートできるバッシュとなっていることでしょう。

おすすめ記事 → 【バッシュ】クレイ・トンプソンが契約しているバッシュメーカー、ANTA Sports
おすすめ記事 → 【バッシュ】NBA界屈指のドリブラーが着用バッシュ~カイリー・アービング~

【ラッセル・ウエストブルックのバッシュ③: WHY NOT ZER0.2】

【reference=https://www.slamonline.com/kicks/nba-sneakers-2019-0108/】

2つ目に紹介するラッセル・ウエストブルックのバッシュは、WHY NOT ZER0.2です。

ラッセル・ウエストブルックの代名詞とも言われ、表現されている言葉で、カオスという言葉があります。

カオスとは、「想定外のことが入り交じり理解できない状況」というような意味として使われます。

ラッセル・ウエストブルックにとってピッタリな表現なのかもしれません。試合中に本当にカオスと表現されてしまうプレーを連発しています。

カオスという言葉を手に入れたい人におすすめとなっているバッシュが、WHY NOT ZER0.2 となっています。

バッシュの前方にあるズーム エア ユニットが軽量で反応性の高いクッショニング可能にし、混合素材のアッパーが最適なサポート性と通気性を実現したバッシュなのが特徴です。

まさにカオスなプレーで会場を沸かせたいプレイヤーには持って来いのバッシュおなっていることでしょう。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~
おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ジョーダン編~

【ラッセル・ウエストブルックののバッシュまとめ】

いかがでしたか?

●ラッセル・ウエストブルックのプロフィール

●ラッセル・ウエストブルックのバッシュ①:WHY NOT ZER0.1 LOW

●ラッセル・ウエストブルックのバッシュ②: WHY NOT ZER0.1 カオス

●ラッセル・ウエストブルックのバッシュ③: WHY NOT ZER0.2

”Why Not”が表現されたカオスなプレイヤーでもあるラッセル・ウエストブルックのシグネチャーモデルのバッシュを紹介しました。

どのバッシュもラッセル・ウエストブルックの座右の目でもあるWHY NOTを最大限に表現したバッシュとなっていることは間違いないでしょう。

ぜひ、ラッセル・ウエストブルックのバッシュをチェックしてみてください。

ハリネズミ
About ハリネズミ 336 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*