【NBA選手名鑑|ジョン・ストックトン】全くの無名から開花!伝説のPG

どーも!ハリネズミです!

今回もNBAドラフトにて名を挙げた選手の紹介です。

「まさに”黄金世代”!?!?殿堂入り選手を多数輩出した1984年NBAドラフト」より・・・

ジョン・ストックトンの紹介です。

歴代のNBAポイントガードでは最高峰のプレイヤーとも言われているジョン・ストックトン。

アキーム・オラジュワンの時と同様に、ジョン・ストックトンの魅力をふまえて紹介していこうと思います。

早速、参りましょう!

おすすめ記事 →  まさに”黄金世代”!?!?殿堂入り選手を多数輩出した1984年NBAドラフト

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】歴史に名を残すオールラウンダー~アキーム・オラジュワン~

【ジョン・ストックトンのプロフィール】

本名:ジョン・ストックトン(John Stockton)

【誕生日】1962年3月26日
【出身地】アメリカ合衆国ワシントン州
【身長】185cm
【体重】80kg
【所属】ユタ・ジャズ
【背番号】12番
【ポジション】ポイントガード

ジョン・ストックトンは、日本の八村塁選手と同じゴンザガ大学に在籍していました。

当時のゴンザガ大学は無名の大学で、ジョン・ストックトン自身も一部の人にしか知られていないほどの選手だったんです。

NBAドラフトの場合、指名される有力な選手は会場に招待されるんですが、ジョン・ストックトンは無名でもあったことから、会場に招待されていませんでした。

当時のNBAドラフトをテレビ中継で見ていたジョン・ストックトンは、全体16位指名でユタ・ジャズに指名されました。

もちろん、ジョン・ストックトン自身は会場にはいないため、衝撃を受けたそうなんです(笑)

NBA入団時には全くの無名であったジョン・ストックトンだったのです。

【歴代最高峰のポイントガード!ジョン・ストックトンのプレー3つの魅力】

無名選手が、どのようにしてNBA最高峰のポイントガードへと名乗りを挙げていったのでしょうか?

ここからは、ジョン・ストックトンの魅力に迫りたいと思います。

おすすめ記事 →  21世紀最高のプレイヤーたちを輩出!今もなおNBA界を牽引する、2003年ドラフト組

おすすめ記事 →  繋げ!ジョーダン引退後のNBA界を支えた名選手が集まる1998年NBAドラフト組

【ジョン・ストックトンの魅力①:歴代最多のアシスト数】

ジョン・ストックトンの1つ目の魅力は、アシストです。

ご存知の方もいるかもしれませんが、ジョン・ストックトンはNBAの歴代アシスト数で1位の記録を持っているんです。

その数は15,806アシスト。

1988年~1996年までのNBAシーズンの9年間=合計9度のシーズンアシスト王にも輝いています。

NBAの1試合においては最高28アシストを記録した日もあったそうなんです・・・。

バスケをしている方ならわかる通り、1試合に28アシストなんてそう簡単にできることではありませんね(笑)

それほどまでにジョン・ストックトンのアシストはコート内で冴えわたっていたのでしょう。

アシストを量産し続けていたことから、”アシスト王”を”ジョン・ストックトン賞”という名前に変更するべきではないかという議論も挙がっていたそうなんです。

歴代最多のアシスト数の記録を持っているジョン・ストックトンは、パス技術が最高級ということもあり、魅力として取り上げました。

おすすめ記事 →  バスケで一流のポイントガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  【アシスト】NBA選手に学ぶパスのコツ~ナッシュ&キッド~

【ジョン・ストックトンの魅力②:冷静なゲームメイク】

ジョン・ストックトンの2つ目の魅力は、ゲームメイク能力です。

バスケのポイントガードにおいてゲームメイクというのは非常に大事になってきます。

アメリカンフットボールで言えば、クォーターバックのポジションで、言わば”司令塔”としてコート上では役割を果たします。

コート上の監督と言っても良いかもしれませんね。

ジョン・ストックトンの場合、目立ちたがらない性格もあってか、常に冷静に試合の流れを把握し、味方を活かすゲームメイクを得意としていました。

コート全体を把握できる視野を活かし、選手1人1人の動きを見極め、把握し、アシストを重ねていました。「目をつぶっていてもお互いがコートのどこにいるかわかる」というほど意思疎通ができていたそうなんです。

また、コート全体を把握できることから、アシストだけではなく、自らドライブで切れ込み得点を重ねる力も持っていました。

この終始冷静なゲームメイク=状況判断できる力は、バスケのポイントガードにとって非常に重要な能力でもあるため、ジョン・ストックトンの魅力として挙げました。

おすすめ記事 →  【NBA選手に学ぶ】相手を抜き去るドリブル~シザークロスオーバー~

おすすめ記事 →  【クロスオーバー】カイリー・アービングに学ぶ~ダブルクロスオーバー~

【ジョン・ストックトンの魅力③:歴代最多のスティール数】

ジョン・ストックトンの魅力3つ目は、ディフェンスです。

ディフェンスとしての能力も高かったジョン・ストックトンは、NBA歴代アシスト数だけでなく、スティール数も歴代1位の記録を持っています。

相手オフェンスに合わせて、ディフェンスをすることができたジョン・ストックトン。

ドライブで中に入り込む選手には自らもスピード勝負で守ったり、フィジカル勝負で戦ってくるオフェンスにも臆することなく立ち向かい守り切っていました。

このどんな状況でもタイトなディフェンスを心掛けていたからこそスティール数で歴代最多の記録を獲得したのかもしれません。

ジョン・ストックトンのスティールはチームの危機を救うほどの大きな力を発揮していました。

ちなみに、ジョン・ストックトンはNBAに19シーズン在籍していましたが、その中で出したスティール数は3,265スティール。

1試合での最高スティール数では9スティールも記録しています。

これほどまでディフェンス面においてチームを救ってきたジョン・ストックトンのスティール数は間違いなく魅力として取り上げられます。

おすすめ記事 →  【戦略図鑑】NBAチームに学ぶセットオフェンス~シザース~

おすすめ記事 →  【戦略図鑑】NBAチームに学ぶセットオフェンス~ホーンズ~

【ジョン・ストックトンの残した名言】

ジョン・ストックトンは、初めにも伝えたように決して有名な選手ではありませんでした。

現在のポイントガードのステファン・カリーのように高確率な3Pが打てるわけでなく、ラッセル・ウエストブルックのように高い跳躍力からのダンクができるわけでもありません。

素質的には、僕たち日本人に近いモノを持っていた選手ではないでしょうか?

そんなジョン・ストックトンが無名から有名になったのには、数々の努力から見ている人々の記憶に残る選手へと変わったことからきっかけだと考えられます。

ジョン・ストックトンは、下記のような言葉を残しています。

”どんなにパスが下手でも、シュートが下手でも、ドリブルが下手でも、サイズがなくても、自分の可能性を信じてそれに掛けていくことが成功への秘訣だ”

”どんなにスピードがなくても、サイズがなくても自分の限界を他人に決められたくない”

この言葉が物語っているように、自分に厳しく、自分と多く戦ってきたジョン・ストックトンであるからこそ、NBA史に残る選手へと成長できたのかもしれません!

皆さんも自分に自信を持ち、思いっきりバスケを楽しみましょう!

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ジョーダン編~

【ジョン・ストックトンのまとめ】

いかがでしたか?

・ジョン・ストックトンのプロフィール

・ジョン・ストックトンの魅力①:歴代最多のアシスト

・ジョン・ストックトンの魅力②:冷静なゲームメイク

・ジョン・ストックトンの魅力③:歴代最多のスティール数

・ジョン・ストックトンの残した名言

今回は、NBA最高峰のポイントであるジョン・ストックトンについて紹介しました。

NBAの歴代記録を多く持つジョン・ストックトンを超えてくる選手は今後のNBAにおいて現れるのでしょうか?

現代のNBAにも注目したいですね!

ハリネズミ
About ハリネズミ 398 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*