【NCAAニュース】AP通信オールアメリカンが発表

【reference=http://ballislife.com/the-best-of-rj-barrett-and-zion-williamsons-canada-tour/】

AP通信のNCAAオールアメリカンが発表されました。

全米の大学生において今シーズン活躍してきた選手が票を獲得し、選出されます。

1stチームから3rdチームまで紹介していこうと思います。

おすすめ記事 →  バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー
おすすめ記事 →  バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

【NCAAオールアメリカン1stチーム】

【reference=https://www.foxbusiness.com/retail/nike-built-dukes-zion-williamson-customized-shoe-before-return-report】

①ザイオン・ウィリアムソン(デューク大学/1年生)

②グラント・ウィリアムス(テネシー大学/3年生)

③R.J.バレット(デューク大学/1年生)

④ジャ・モーラント(マレー州立大学/2年生)

⑤カシウス・ウィンストン(ミシガン州立大学/3年生)

NCAAオールアメリカン1stチームには、デューク大学の1年生コンビのザイオン・ウィリアムソンとR.J.バレットが選出されました。

1年生ながらNCAAの舞台で大きく飛躍し、他のチームから脅威ともされていた2人が見事選出となりました。

NCAAトーナメントではエリート8で敗退となってしまいましたが、今シーズンのNCAA全体にインパクトを与えたのは間違いなくザイオン・ウィリアムソンとR.J.バレットの2人と言えるでしょう。

NBAドラフト2019も楽しみになりますね。

おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】次世代のレブロンと呼ばれる男の正体!~ザイオン・ウィリアムソン~
おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】全米タイトル総なめしたR.J.バレットまとめ

【NCAAオールアメリカン2ndチーム】

【reference=https://kpug1170.com/news/007700-rui-hachimura-named-west-coast-conference-player-of-the-week/】

①八村塁(ゴンザガ大学/3年生)

②ジャレット・カルバー(テキサス工科大学/2年生)

③マーカス・ハワード(マーケット大学/3年生)

④イーサン・ハップ(ウィスコンシン大学/4年生)

⑤カルセン・エドワーズ(パデュー大学/3年生)

日本の八村塁はNCAAオールアメリカン2ndチームへの選出となりました。

八村塁はゴンザガ大学のエースプレイヤーとして出場。1試合平均20得点の活躍でゴンザガ大学をNCAAトーナメントエリート8まで進出させました。

日本人初となるNBAドラフトへの選出も期待されていますので、これからが楽しみな選手ですね。

テキサス工科大学のジャレット・カルバーもNCAAオールアメリカン2ndチーム選出となりました。

高校から本格的にバスケットボールを始めたジャレット・カルバー。見事なバスケットボールセンスでテキサス工科大学のエース選手としてチームを牽引していました。

ジャレット・カルバーもNBAへの入団を考えている選手の1人です。今後に注目してみてください。

おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】世界が注目する日本人選手~八村塁(Rui Hachimura)~
おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】驚異のバスケセンスで成長を続ける男~ジャレット・カルバー~

【NCAAオールアメリカン3rdチーム】

【reference=https://247sports.com/college/virginia/Article/Virginia-Cavaliers-Basketball-DeAndre-Hunter-draws-interesting-comparison-after-UVA-win-Notre-Dame-Fighting-Irish-LeBron-James-129212984/】

①ディアンドレ・ハンター(バージニア大学/3年生)

②デドリック・ローソン(ガンザス大学)

③ブランドン・クラーク(ゴンザガ大学/3年生)

④PJ・ワシントン(ケンタッキー大学/2年生)

⑤カイル・ゲイ(バージニア大学/3年生)

NCAAオールアメリカン3rdチームには、バージニア大学のディアンドレ・ハンターとカイル・ゲイが選出されました。

バージニア大学をNCAAトーナメントのファイナルまで牽引した2人の3年生が見事NCAAオールアメリカン3rdチームへの選出となりました。

ゴンザガ大学のブランドン・クラークもNCAAオールアメリカン3rdチームへの選出となっています。

ブランドン・クラークは、八村塁と共にゴンザガ大学のゴール下のビッグマン選手として活躍。NBAドラフト2019への意向も示しています。

おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】オフェンシブポイントガードが才能を開花~ジャ・モーラント~
おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】マイケル・ジョーダンに次ぐスター選手の素質を持つ男~コビー・ホワイト~

【NCAAオールアメリカンまとめ】

いかがでしたか?

●NCAAオールアメリカン1stチーム

●NCAAオールアメリカン2ndチーム

●NCAAオールアメリカン3rdチーム

NCAAオールアメリカンに選出された各選手を紹介しました。

デューク大学のザイオン・ウィリアムソンとR.J.バレットに関しては間違いなくアーリーエントリー制度を利用してNBAの舞台に挑戦すると考えられます。

日本の八村塁に関してもNBAドラフトに選出される素質と実績を残していますので、4年生になる前にNBAの舞台に挑戦する可能性もあります。

今年のNBAドラフト2019は楽しみが多くある年とも言えるかもしれませんね。

ぜひ、チェックしてみてください。

ハリネズミ
About ハリネズミ 477 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*