【NBAドラフト2015】生粋の点取り屋が集まったNBAドラフト組

【reference=https://www.sportsnet.ca/basketball/nba/2015-questionable-nba-draft-day-fashion-choices/】

HOOPS JAPANをご覧の皆さんこんにちわ!

今回は、NBAドラフトシリーズをお送りしていきたいと思います。

今回紹介するNBAドラフトは、NBAドラフト2015です。

NBAドラフト2015の発表はアメリカ合衆国ニューヨーク市ブルックリン区にあるバークレイズ・センターにて行われました。

NBAドラフト2015において指名されたメンバーは、点取り屋の才能を持ち合わせたメンバーが多いNBAドラフト組となっています。

1試合当たり、どのくらいの得点を取っているのかも紹介しながらNBAドラフト2015を見ていきたいと思います。

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【NBAドラフト2015の指名選手5選!】

では早速、NBAドラフト2015で輩出された選手を5人ご紹介していきましょう!

【NBAドラフト2015指名選手①:カール=アンソニー・タウンズ】

【reference=https://nbatopics.com/archives/8239】

NBAドラフト2015の最初の紹介選手は、カール=アンソニー・タウンズです。

カール=アンソニー・タウンズは、NBAドラフト2015において全体1位指名でNBA入りを果たした選手です。

得点力とリバウンド力が優れたセンターで、チームの軸としても活躍できるプレイヤーでもあります。

シュート力も高く、3Pシュートなどのアウトサイドシュートも放つことができます。ハンドリング力も持ち合わせているためセンターながらもドライブからの得点もできるため、オフェンス力が非常に優れたセンターと言えるでしょう。

カール=アンソニー・タウンズは、2018年3月28日のアトランタ・ホークスにおいて自己最高の56得点・15リバウンドを記録しています。

この記録は、1994年4月20日のミネソタ・ティンバーウルブズ戦でシャキール・オニールが22歳45日で50得点・15リバウンドを記録して以来の若さとなっています。

おすすめ記事 → 【NBA選手名鑑】文武両道のハイブリッドセンター~カール・アンソニー・タウンズ~
おすすめ記事 → こんなのあり!?!?とんでもないデザインのバッシュ!~カール=アンソニー・タウンズ~

【NBAドラフト2015指名選手②:デアンジェロ・ラッセル】

【reference=https://www.forbes.com/sites/gabezaldivar/2019/06/26/dangelo-russell-is-suddenly-the-lakers-most-obvious-free-agent-solution/#366934ef518d】

NBAドラフト2015の2人目の紹介選手は、デアンジェロ・ラッセルです。

デアンジェロ・ラッセルは、NBAドラフト2015において全体2位指名でNBA入りを果たしているプレイヤーです。

高校時代にはマクドナルドオールアメリカン・ジョーダンブランドクラシックにも選出されており、大学時代はその世代のNo.1シューティングガードに贈られるジェリーウエスト賞を受賞しています。

左利きのポイントガードで、外角からのシュートや相手のブロックを交わすフローターシュートも得意としているプレイヤーです。

2019年3月19日のサクラメント・キングス戦において、1試合44得点という自己最高得点を記録しました。しかも、その44得点のうち第4Qのみで27得点を記録した試合となりました。

今後も得点能力に磨きをかければ、1試合50得点も夢ではないでしょう。

おすすめ記事 → 【NBA選手名鑑】NBAでも花を咲かせるか!?~ディアンジェロ・ラッセル~
おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるための12の練習メニュー

【NBAドラフト2015指名選手③:クリスタプス・ポルジンギス】

【reference=https://primesportsnet.com/nba-top-50-kristaps-porzingis/】

NBAドラフト2015の3人目の紹介選手は、クリスタプス・ポルジンギスです。

クリスタプス・ポルジンギスは、NBAドラフト2015において全体4位指名でNBA入りを果たして選手です。

ラトビア出身のクリスタプス・ポルジンギスは、2011年よりヨーロッパのプロリーグでプレーしていました。ヨーロッパにて4年ほどプレーしたのち、NBAドラフト2015の候補として名前が挙がることとなりました。

221cmもの長身を持ちながらも、ミドルシュートや3Pシュートを得意とするセンタープレイヤーです。加えて、リバウンドからダンクシュートを叩き込むフィジカルも持ち合わせています。ディフェンス面でも、長身を活かしてブロックショットで相手のシュートを叩き落とすことも得意としています。

クリスタプス・ポルジンギスは、2017年10月30日のデンバー・ナゲッツ戦において、キャリア最高の38得点を獲得しました。その後、1週間も経たない2017年11月5日にクリスタプス・ポルジンギスはインディアナ・ペイサーズ戦にて、40得点を獲得して自己最高のキャリアハイを達成しています。

おすすめ記事 → 【NBA選手名鑑】ウィングスパン230㎝のマルチセンター~クリスタプス・ポルジンギス~
おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

【NBAドラフト2015指名選手④:エマニュエル・ムディエイ】

【reference=https://bleacherreport.com/articles/2758936-why-did-knicks-trade-for-emmanuel-mudiay-when-they-have-frank-ntilikina】

NBAドラフト2015の4人目の紹介選手は、エマニュエル・ムディエイです。

エマニュエル・ムディエイは、NBAドラフト2015において全体7位指名でNBA入りを果たしました。

エマニュエル・ムディエイは、高校まではアメリカで育っています。高校祖業後、ケンタッキー大学やアリゾナ大学からオファーがありましたが、中国のプロリーグへの入団を決意しました。NBA入りを目指してのプロ挑戦のため早めのプロリーグへの挑戦となっています。

1年間中国のプロリーグにてプレーしたのち、NBAドラフト2015への参加表明を果たし、NBA入りすることとなりました。

エマニュエル・ムディエイは、2018年12月14日のシャーロット・ホーネッツ戦においてキャリアハイの34得点を記録しています。その3日後の12月17日のフェニックス・サンズ戦では32得点・6リバウンド・6アシストを記録しています。

ポイントガードながらも得点能力に長けている選手なのは間違いないでしょう。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~
おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ジョーダン編~

【NBAドラフト2015指名選手⑤:デビン・ブッカー】

【reference=https://www.aseaofblue.com/2018/7/8/17545748/kentucky-wildcats-quickies-devin-booker-gets-paid-edition】

NBAドラフト2015の最後の紹介選手は、デビン・ブッカーです。

デビン・ブッカーは、NBAドラフト2015において全体13位でNBA入りを果たした選手です。

生粋の点取り屋としても能力の高い選手として有名なデビン・ブッカーは、高校時代からも全米に名の知れたプレイヤーでした。大学は名門のケンタッキー大学に進学し、1年目からシックスマンとして活躍していました。そして、1年生ながらもシックスマンオブザイヤーを獲得しています。

デビン・ブッカーは、NBA入団後も点取り屋としての能力を開花させていきました。2017-2018NBAシーズンでは、2017年11月6日のブルックリン・ネッツ戦で18得点を記録。その得点結果により、キャリア3,000得点を達成しました。この記録は、NBA史上4番目の若さでの記録となりました。

2017年3月24日のボストン・セルティックス戦において1試合70得点と記録しました。この記録はNBA史上6人目の記録となっています。

デビン・ブッカーの得点能力はNBAでも生粋の能力を発揮しています。今後も得点能力を武器にNBAの舞台でも活躍が期待できます。

おすすめ記事 → 【NBA選手名鑑】史上最年少記録を持つNBA界屈指のスコアラー~デビン・ブッカー~
おすすめ記事 → 2018-2019NBAシーズンで1試合50得点を記録したビッグプレイヤー集

【NBAドラフト2015ピックアップ】

【reference=https://www.detroitbadboys.com/2016/5/17/11690574/2016-nba-draft-lottery-odds-time-date-tv-schedule-no-pistons】

そのほかにも、2015年のNBAドラフトで指名された主な選手を見ていきましょう。

1位 カール=アンソニー・タウンズ

2位 デアンジェロ・ラッセル

3位 ジャリル・オカフォー

4位 クリスタプス・ポルジンギス

5位 マリオ・ヘゾニャ

・・・

7位 エマニュエル・ムディエイ

11位 マイルス・ターナー

13位 デビン・ブッカー

16位 テリー・ロジアー

30位 ケヴォン・ルーニー

NBAドラフト2015の全体1位指名選手はカール=アンソニー・タウンズでした。

カール=アンソニー・タウンズを初めデアンジェロ・ラッセルやデビン・ブッカーなど、得点能力が非常に高いプレイヤーが集まったNBAドラフトとなっています。

カール=アンソニー・タウンズやデビン・ブッカーは、1試合に50得点を記録した試合もあります。今後も成長を続ければ、驚異的な1試合の得点記録を達成することになるかもしれませんね。

NBAドラフト2015にて指名された選手には今後も注目してみてください。

おすすめ記事 → 【NBAドラフト2014】10年に一度の大豊作メンバーが選出されたNBAドラフト組
おすすめ記事 →  【NBAドラフト2013】グローバル枠の活躍が目立つNBAドラフト組

【NBAドラフト2015まとめ】

いかがでしたか?

●NBAドラフト2015指名選手①:カール=アンソニー・タウンズ

● NBAドラフト2015指名選手②:デアンジェロ・ラッセル

●NBAドラフト2015指名選手③:クリスタプス・ポルジンギス

●NBAドラフト2015指名選手④:エマニュエル・ムディエイ

●NBAドラフト2015指名選手⑤:デビン・ブッカー

●NBAドラフト2015ピックアップ

今回は、NBAドラフト2015指名選手を紹介しました。

もし意見等ありましたら、コメントいただければと思います(*´▽`*)

ハリネズミ
About ハリネズミ 426 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*