【Bリーグ戦力分析|2023-2024】琉球ゴールデンキングス

HOOPS JAPANをご覧の皆さん、こんにちわ。

今回は新たに始まるBリーグ新シーズンのチーム分析を行っていきたいと思います。

戦力分析を行うチームは・・・琉球ゴールデンキングスです。

琉球ゴールデンキングスの戦力分析を注目選手と共に紹介していきたいと思います。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

↓Bリーグについてより詳しく知りたい方は必読↓
↓↓↓今すぐ下の画像をクリック!↓↓↓

Contents

【琉球ゴールデンキングスのプロフィール】

琉球ゴールデンキングス -概要- 

【チーム正式名】琉球ゴールデンキングス
【創設】2007年
【本拠地】沖縄県沖縄市
【所属】西地区
【チームカラー】ゴールド・ホワイト・ブラック

琉球ゴールデンキングス -昨シーズン成績-

【地区順位】B1西地区1位
【シーズン勝敗】48勝12敗

沖縄県沖縄市に本拠地を構える琉球ゴールデンキングス。

2022-23シーズン、琉球ゴールデンキングスはB.LEAGUE B1 西地区で圧倒的な強さを見せつけました。48勝12敗という成績は、チームの高い戦術理解と各選手の技術力、そしてチーム全体の結束力の結果と言えるでしょう。

シーズンを通じて、特にホームゲームでは沖縄アリーナでの熱狂的なサポートのもと、多くの試合で相手チームを圧倒。その結果、平均得点は81.2点、平均失点は73.5点と、攻守ともにリーグトップクラスの数字を記録しました。

また、チャンピオンシップでは6勝0敗という完璧な成績で頂点に立ち、その実力を全国に示しました。特に千葉ジェッツとのファイナルでは、第1戦を2回の延長の末に勝利し、2戦目もリバウンドを含めたゴール下の強さを発揮して勝利を収めました。この結果、西地区のチームとしては初となるBリーグ優勝を果たし、その喜びをファンと共有しました。

シーズンを通じての成功は、選手たちの日々の努力はもちろん、スタッフやファンの熱いサポートがあってこそ。2022-23シーズンの琉球ゴールデンキングスは、沖縄のバスケットボールの歴史に名を刻むシーズンとなりました。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【琉球ゴールデンキングスの注目選手紹介】

次からは、琉球ゴールデンキングスのBリーグ2022-2023シーズン注目選手を3名をほど紹介していこうと思います。

それぞれの選手のプロフィールも掲載していますので、チェックしてみてください。

『琉球ゴールデンキングス注目選手①:岸本隆一』

【誕生日】1990年5月17日
【出身地】沖縄県
【身長】176cm
【体重】75kg
【出身校】大東文化大学
【所属】琉球ゴールデンキングス
【背番号】14番
【ポジション】ポイントカード/シューティングガード

琉球ゴールデンキングスの1人目の注目選手は、岸本隆一です。

岸本隆一選手は、2022-23シーズンを通じて、その高いプレイメイク能力を発揮しました。B1リーグでの平均9.3得点、3.7アシストは、チームのオフェンスを牽引する役割を果たしています。特に3ポイントシュートの成功率34.8%は、相手ディフェンスを引きつけることで、チームメイトのスコアリングチャンスを増やしています。

また、彼のディフェンスも見逃せません。平均で0.6スティールを記録し、相手チームの攻撃を中断させるキープレイヤーとして活躍しています。

Bリーグ2023-2024シーズンの岸本隆一に注目してみてください。

おすすめ記事 → アイソレーションとは何か?バスケ用語解説!

おすすめ記事 → バスケのレイアップ10種類まとめ!これで得点力が劇的アップ!

『琉球ゴールデンキングス注目選手②:今村佳太』

【誕生日】1996年1月25日
【出身地】新潟県
【身長】191cm
【体重】92kg
【出身校】新潟経営大学
【所属】琉球ゴールデンキングス
【背番号】30番
【ポジション】シューティングガード/スモールフォワード

琉球ゴールデンキングスの2人目の注目選手は、今村佳太です。

今村佳太選手は、得点能力が非常に高い選手として知られています。B1リーグでの平均11.3得点は、その証と言えるでしょう。特に2ポイントシュートの成功率42.9%は、彼の中距離からのシュート能力を示しています。

また、3ポイントシュートも33.8%と高く、相手ディフェンスを広げる役割も果たしています。その他にも、平均2.5リバウンド、3.6アシストと、オールラウンドなプレーでチームを支えています。

Bリーグ2023-2024シーズンの今村佳太に注目してみてください。

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

『琉球ゴールデンキングス注目選手③:ヴィックロー』

【誕生日】1995年12月19日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】201cm
【体重】92kg
【出身校】ノースウエスタン大学
【所属】千葉ジェッツ → 琉球ゴールデンキングス
【背番号】4番
【ポジション】スモールフォワード/パワーフォワード

琉球ゴールデンキングスの3人目の注目選手は、ヴィックローです。

ヴィック・ロー選手は、2022-23シーズンを通じて、そのオールラウンドな能力を存分に発揮しました。B1リーグでの平均17.1得点は、チームの得点源としての彼の存在を示しています。特に2ポイントシュートの成功率55.3%は、彼のペイントエリアでの強さを物語っています。

また、平均8.1リバウンドは、フォワードポジションとしての彼のリバウンド能力の高さを示しています。さらに、3.0アシストという数字も、彼のプレイメイク能力を示しており、チームの攻撃を多角的に支えています。

Bリーグ2023-2024シーズンのヴィックローに注目してみてください。

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

おすすめ記事 → バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【琉球ゴールデンキングスのBリーグ2023-2024シーズン】

ここまで、琉球ゴールデンキングスの昨シーズンと注目選手について取り上げてきました。

2022-23シーズンの成功を受けて、琉球ゴールデンキングスは2023-2024シーズンに向けてさらなる飛躍を目指しています。昨シーズンの主力選手たちが引き続き在籍しており、その経験と実力を活かすことが期待されます。

特に、岸本隆一、今村佳太、ヴィック・ローの3選手は、昨シーズンの活躍を基に、今シーズンもチームの中心として期待されています。彼らの経験と技術は、チームの攻撃・守備の両面で大きな影響を持つでしょう。

また、新加入選手や若手選手たちも、昨シーズンの成功を背景に、さらなる成長を遂げることが期待されます。特に、アンソニー・マクヘンリー選手の引退後、彼の背番号「5」が永久欠番となり、新たなリーダーが台頭することが注目されています。

チームとしての戦術も、昨シーズンの成功を踏まえつつ、新しい要素を取り入れることで、相手チームにとって予測困難なプレースタイルを目指しているとのこと。特に、トランジション時の速攻や、ディフェンス時のプレッシャーを強化することで、相手チームを圧倒することを目指しています。

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

↓Bリーグについてより詳しく知りたい方は必読↓
↓↓↓今すぐ下の画像をクリック!↓↓↓

【琉球ゴールデンキングス戦力分析まとめ】

●琉球ゴールデンキングスのプロフィール
●琉球ゴールデンキングス注目選手①:岸本隆一
●琉球ゴールデンキングス注目選手②:今村佳太
●琉球ゴールデンキングス注目選手③:ヴィックロー
●琉球ゴールデンキングスのBリーグ2023-2024シーズン

今回はBリーグ2023-2024シーズンの琉球ゴールデンキングスに関する戦力分析を行いました。

琉球ゴールデンキングスのBリーグ2023-2024シーズンに注目してみてください。

About モンキー 1103 Articles
バスケットボール1つで世界中の人と繋がっていきたいと考えています。 繋がるという意味を込めてサブタイトルは、「猿結(えんむすび」です。多くのバスケ好きが集まるようなサイトを運営していきたいです。 気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングが趣味です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*