【Bリーグ戦力分析|2020-2021】琉球ゴールデンキングス

【reference=https://kozaweb.jp/sports/kings.html】

HOOPS JAPANをご覧の皆さん、こんにちわ。ハリネズミです。

今回は新たに始まるBリーグ新シーズンのチーム分析を行っていきたいと思います。

戦力分析を行うチームは、琉球ゴールデンキングスです。

昨シーズンはB1西地区において優勝を果たしている琉球ゴールデンキングス。優勝経験メンバーに加えて新たに戦力補強にも成功しています。今シーズンもB1リーグの優勝に近づくことができるのでしょうか。

琉球ゴールデンキングスの戦力分析を注目選手と共に紹介していきたいと思います。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【琉球ゴールデンキングスプロフィール】

琉球ゴールデンキングス -概要- 

【チーム正式名】琉球ゴールデンキングス
【創設】2007年
【本拠地】沖縄県沖縄市
【所属】西地区
【チームカラー】ゴールド・ホワイト・ブラック

琉球ゴールデンキングス -昨シーズン成績-

【地区順位】B1西地区優勝
【シーズン勝敗】27勝14敗
※コロナウイルスの影響でシーズンが途中で中断しているため、中断時点での成績となります。

沖縄県沖縄市に本拠地を構える琉球ゴールデンキングス。

日本最南端チームでもありますね。昨シーズンは西地区において優勝を果たし、優勝経験を持つメンバーも今シーズン在籍しています。

バックコートには沖縄県出身の2トップでもある並里成選手と岸本隆一選手が残留。インサイドにはジャック・クーリー選手と満原優樹選手が残留しています。加えて今シーズンは新潟アルビレックスBBから点取り屋の今村佳太選手、インサイドの外国籍選手としてドウェイン・エバンス選手などの補強にも成功しています。

また、昨シーズンの12月に特別指定選手として加入している牧隼利選手やナナーダニエル弾選手などの若手プレイヤーも加わっています。

そこで、琉球ゴールデンキングスの今シーズンの注目選手を取り上げていこうと思います。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【琉球ゴールデンキングスの注目選手紹介】

次からは、琉球ゴールデンキングスのBリーグ2020-2021シーズン注目選手を3名をほど紹介していこうと思います。

それぞれの選手のプロフィールも掲載していますので、チェックしてみてください。

『琉球ゴールデンキングス注目選手①:並里成』

【reference=https://basket-count.com/article/detail/44738】

【誕生日】1989年8月7日
【出身地】沖縄県
【身長】172cm
【体重】72kg
【所属】琉球ゴールデンキングス
【背番号】3番
【ポジション】ポイントガード

琉球ゴールデンキングスの1人目の注目選手は、並里成選手です。

地元沖縄県出身の並里成選手。琉球ゴールデンキングスでは主力のポイントガードとして活躍している選手です。昨シーズンは1試合平均で8.8得点・5.2アシストの残しています。

勝負所に強い選手で、試合終了間際の勝負を決定づけるシュートなどはチームからの信頼を得ているほどの実力者となっています。

また、日本が誇るファンタジスタとしても有名で、並里成選手がボールを持った際には「次はどんなプレーが繰り出されるのだろう?」というワクワク感が溢れるプレイヤーでもありますね。

Bリーグ2020-2021シーズンの並里成選手に注目してみてください。

並里成選手に関する紹介記事はこちらをクリック。

おすすめ記事 → アイソレーションとは何か?バスケ用語解説!

おすすめ記事 → バスケのレイアップ10種類まとめ!これで得点力が劇的アップ!

『琉球ゴールデンキングス注目選手②:牧隼利』

【reference=https://news.yahoo.co.jp/byline/takashiaoki/20200618-00182665/】

【誕生日】1997年12月14日
【出身地】埼玉県
【身長】188cm
【体重】88kg
【所属】琉球ゴールデンキングス
【背番号】88番
【ポジション】シューティングガード

琉球ゴールデンキングスの2人目の注目選手は、牧隼利選手です。

昨年12月より特別指定選手として琉球ゴールデンキングスに新加入した牧隼利選手。U-17の代表にも選出されており、ワールドカップにて八村塁選手と共に世界の舞台を経験しています。

大学時代は筑波大学に在籍しており、4年時にインカレ優勝に貢献に加えて自身も大会MVPに選出されている実力者でもあります。

若手プレイヤーながらもコート上では冷静に試合展開を把握することができ、自らのドライブやアウトサイドからの得点でチームに貢献しています。Bリーグの舞台でもスタメンで起用される試合も多くあるため、今後の成長、活躍が大いに期待できる選手なのは間違いないでしょう。

Bリーグ2020-2021シーズンの牧隼利選手に注目してみてください。

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

『琉球ゴールデンキングス注目選手③:今村佳太』

【reference=https://basket-count.com/article/detail/42560】

【誕生日】1996年1月25日
【出身地】新潟県
【身長】191cm
【体重】92kg
【所属】新潟アルビレックスBB → 琉球ゴールデンキングス
【背番号】30番
【ポジション】シューティングガード/スモールフォワード

琉球ゴールデンキングスの3人目の注目選手は、今村佳太選手です。昨シーズンまで地元新潟県の新潟アルビレックスBBに在籍。新天地として選択したのは日本最南端のチームでもある琉球ゴールデンキングスでした。地元新潟県出身で中学校から大学まで新潟県で育ち、Bリーグ参入後3年間も新潟のチームに在籍していました。新潟アルビレックスBB時代の昨シーズンは1試合平均で10.9得点・3.4リバウンド・2.7アシストを記録していました。ずば抜けた得点力を持った選手で、一度入り出すと止まらない爆発力を兼ね備えています。2020年2月には日本代表への選出経験も持った有能なプレイヤーです。新天地の沖縄でも魅力の得点力を武器にチームの勝利に貢献してくれることでしょう。

Bリーグ2020-2021シーズンの今村佳太選手に注目してみてください。

今村佳太選手に関する紹介記事はこちらをクリック。

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

おすすめ記事 → バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【琉球ゴールデンキングス戦力分析まとめ】

いかがでしたか?

●琉球ゴールデンキングスプロフィール
●琉球ゴールデンキングス注目選手①:並里成
●琉球ゴールデンキングス注目選手②:牧隼利
●琉球ゴールデンキングス注目選手③:今村佳太

今回はBリーグ2020-2021シーズンの琉球ゴールデンキングスに関する戦力分析を行いました。

昨シーズンの優勝メンバーでもある並里成選手や岸本隆一選手、ジャック・クーリー選手が残留した琉球ゴールデンキングス。

さらに新戦力で牧隼利選手や今村佳太選手の獲得にも成功しています。昨シーズンよりも戦力を増した琉球ゴールデンキングスは今シーズンもB1の舞台で大暴れしてくれることでしょう。

琉球ゴールデンキングスのBリーグ2020-2021シーズンに注目してみてください。

ハリネズミ
About ハリネズミ 610 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*