【NBA速報】カーメロ・アンソニーがポートランド・トレイルブレイザーズ入団へ

日本時間2019年11月15日にNBAの屈指のスコアラーでありながらも去就が決まっていなかったカーメロ・アンソニーがポートランド・トレイルブレイザーズと契約に至ったというニュースが入っていきました。

『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によるとカーメロ・アンソニーの契約内容は、ロスター登録される1日ごとに$14,490を支払うという契約で、2020年の1月までその契約が継続すれば、日雇いの契約ではなく、通常契約に代わるという内容になります。

ポートランド・トレイルブレイザーズはシーズン序盤を大きく負け越しており、チームとしてもスコアラーが必要だったため、デイミアン・リラードがチームからの相談を承諾したことにより、カーメロ・アンソニーのポートランド・トレイルブレイザーズ入団が決まりました。

今年35歳となるカーメロ・アンソニーに巡ってきたNBAキャリア存続の為のまたとないチャンスになります。しっかりと結果を残してまだまだ活躍して欲しいですね!!

おすすめ記事 →  【筋トレ】ダンクも夢じゃない!?バスケでジャンプ力が劇的に上がる11つの筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでディフェンスが劇的に上達する9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【カーメロ・アンソニーのプロフィール】

Image result for carmelo anthony

本名:カリメロ・アンソニー(Carmelo Anthony)

【誕生日】1984年5月29日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】203cm
【体重】109kg
【所属】ポートランド・トレイルブレイザーズ
【背番号】7番
【ポジション】SF
【受賞歴】

  • 10×NBAオールスターゲーム出場 : 2007, 2008, 2010~2017
  • 得点王 : 2013
  • オールNBAチーム
    • 2×2ndチーム : 2010, 2013
    • 4×3rdチーム : 2006, 2007, 2009, 2012
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム:2004
  • NBAルーキーチャレンジ : MVP: 2005
  • USAバスケットボール男子年間最優秀選手:2006, 2016
  • NCAAチャンピオン : 2003

ニューヨークのブルックリンで生まれたカリメロ・アンソニーは、父親を2歳の時に亡くしその後ボルティモアに移住しました。ボルティモアはスラム街が有名で、殺人や薬物中毒が蔓延する環境でカリメロ・アンソニーは育ちました。

しかし、カリメロ・アンソニーはその誘惑には負けずバスケットボールプレイヤーとして頭角を現していきました。2001年にはボルティモアの年間最優秀選手に選ばれ、その後はバスケット選手としてのキャリアアップの為に転校し、全米随一のバスケット名門校として知られるヴァージニア州のオークヒル・アカデミー高校通いました。そこでカリメロ・アンソニーの名は一気に全国区となり、スラムダンクコンテスト優勝や代表選手になるなど活躍しました。

大学は̪シラキュース大学に進学し、新人ながらも大活躍しました。シラキュース大学初のNCAAトーナメント優勝に導いたカリメロ・アンソニーはNCAAトーナメントのMVPや新人賞などを総なめにし、2003年にNBAドラフトにアーリーエントリーを行いました。

でも紹介しましたが2003年ドラフトは強者揃いで、

その中でもカリメロ・アンソニーは全体3位指名でデンバー・ナゲッツに入団しました。

その後の詳しい記事は合わせてこちらもご確認ください!

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる7つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【ポートランド・トレイルブレイザーズの今シーズン】

Image result for portland trail blazers

2019-2020年のポートランド・トレイルブレイザーズはここ数年でポートランド・トレイルブレイザーズをまとめてきたレインブラザーズの2人に報いる形で、サラリー設定を誤った選手たちを放出し、リラードに2024-25シーズンまでチームに留める1億9600万ドル(約211億6000万円)のスーパーマックス延長契約を締結しました。また27歳のマッカラムには3年1億ドル(約108億円)の延長契約をし、5年1億5800万ドル(約170億6000万円)の契約を結びました。

サポートメンバーも結果として2018-2019年シーズンよりも大きな金額を支払う形となり、マイアミ・ヒートからハッサン・ホワイトサイド(1試合平均11.4リバウンド)を獲得し、ヌキッチを加え比較的強靭なバックコートメンバーがそろいました。結果的にサポートメンバーの顔触れはいくつか変わったものの、チームの構成自体は大きな変化がなく、1からのチーム作りというよりかはチームのシナジーを作り出すフェーズにいれる形となりました。

今後のポートランド・トレイルブレイザーズの2019-2020年シーズンに注目です。

注目選手達を紹介した記事もあるので合わせてご確認ください。

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 454 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*