2019年シーズン後トレードの噂がある5選手Part.1

2018-2019年シーズンプレイオフに入り、ファーストラウンドが行われていますね。2018-2019年シーズンは大きな移籍が多くあり、チームが大きく変わりましたが、2019-2020年もビック選手の移籍が多くありそうな顔ぶれがそろっています。来季もチーム再建が多く起こりそうであり、楽しみですね!

別記事にはなりますがその一方で、今シーズン限りで引退が囁かれている選手5選として、引退が叫ばれている有名選手5人をピックアップしました。こちらも併せてご確認ください。


話を戻しまして、今季限り(2018-2019年)でFA(フリーエージェント)となる選手をアメリカのウェブがまとめた情報を元にご紹介します。

今回は第1弾ということで、今年FA権が行使できる有名選手をピックアップします。中にはスーパースターの名も入ってきており、来期以降のシーズンを大きく左右する可能性を秘めています。

さてどんな選手がいるのでしょうか?

見てみましょう!

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】身体能力・技術力が豊富で、NBAでも即戦力プレイヤー~マービン・バグリー~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男~トレー・ヤング~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】237cmのウィングスパンを持つ男〜モハメド・バンバ〜

【ケビン・デュラント】

本名:ケビン・デュラント(Kevin Durant)

【誕生日】1988年9月29日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】206cm
【体重】107kg
【所属】ゴールデンステート・ウォリアーズ
【背番号】35番
【ポジション】スモールフォワード
【ウィングスパン】225㎝
【足のサイズ】39㎝
【受賞歴】

  • 2×NBAチャンピオン:2017, 2018
  • 2×NBAファイナルMVP:2017, 2018
  • MVP: 2014
  • 9×NBAオールスターゲーム出場: 2010-2018
  • NBAオールスターゲームMVP : 2012
  • 5×オールNBAファーストチーム : 2010-2014
  • 2×オールNBAセカンドチーム : 2016, 2017
  • 新人王 : 2008
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム:2008
  • 4×得点王: 2010-2012, 2014
  • 50-40-90クラブ : 2013
  • フリースロー成功率1位 : 2013
  • NBAルーキーチャレンジ : MVP: 2009
  • FIBAバスケットボール・ワールドカップMVP:2010
  • USAバスケットボール男子年間最優秀選手:2010, 2016

今回ケビン・デュラントのFA権行使はプレーヤーオプションではありますが、NIKEがユニホームのレプリカをすでに安売りをしているということもあり、今シーズン限りでの移籍が十分に考えられる選手です。

噂としてはニューヨーク・ニックスにセルティックスに在籍するカイリー・アービングと一緒に移籍するのではという話も出ており、今後の動向は注目です。

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ドラフト1位指名有力ビッグマン~ディアンドレ・エイトン~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ヨーロッパが生んだ大型ポイントガード~ルカ・ドンチッチ~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】怪我を乗り越え、才能を開花できるか~マイケル・ポーター・Jr~

【カワイ・レナード】

Image result for カワイレナード

本名:カワイ・レナード(Kawhi Leonard)

【誕生日】1991年6月29日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】201cm
【体重】104kg
【所属】トロント・ラプターズ
【背番号】2番
【ポジション】SF
【受賞歴】

カレッジ

  • NCAA オールアメリカンセカンドチーム : 2011
  • 2×オールMWCファーストチーム : 2010–2011
  • 2× オールMWCトーナメントチーム : 2010–2011
  • オールMWCディフェンシブチーム : 2011
  • MWC MVP : 2010
  • MWC 新人賞 : 2010

NBA

  • NBAチャンピオン : 2014
  • NBAファイナルMVP : 2014
  • スティール王 : 2015
  • オールNBAチーム
    • 2×1stチーム:2016, 2017
  • 2× NBA最優秀守備選手賞 : 2015, 2016
  • 2×NBAオールスターゲーム : 2016, 2017
  • NBAオールルーキー1stチーム : 2012
  • 3×NBAオールディフェンシブ1stチーム : 2015, 2016, 2017
  • NBAオールディフェンシブ2ndチーム : 2014

カワイ・レナードは今季プレイヤーオプションを行使してのFA獲得となります。先シーズンからサンアントニオ・スパーズから移籍してきており、トロント・ラプターズではエース級の活躍はしているものの、来季トロント・ラプターズがその活躍をペイできる金額を提示できるかが、今後の動向に大きくかかわってくると言われています。

おすすめ記事 →  【動画】爆発的な得点力でチームを牽引するドノバン・ミッチェルのハイライト動画!

おすすめ記事 →  【動画】安定感のオフェンス力でチームを盛り上げるジェイソン・テイタムのおすすめハイライト!

おすすめ記事 →  【動画】NBA史に名を残す3Pシューター、クレイ・トンプソンのおすすめハイライト動画!

おすすめ記事 →  【動画】NBA界の仕事人、ドレイモンド・グリーンのおすすめハイライト動画集!

【カイリー・アービング】

本名:カイリー・アービング(KYRIE IRVING)

【誕生日】1992年3月23日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】191cm
【体重】86.6kg
【所属】ボストン・セルティックス
【背番号】11番
【ポジション】PG
【受賞歴】

  • NBAチャンピオン:2016
  • NBA新人王 : 2012
  • オールNBAチーム
    • 3rdチーム : 2015
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム : 2012
  • 5×NBAオールスターゲーム出場 : 2013~2015, 2017, 2018
  • NBAオールスターMVP : 2014
  • ライジング・スターズ・チャレンジMVP:2012
  • NBAスリーポイント・シュートアウト優勝 2013
  • FIBAバスケットボール・ワールドカップMVP:2014
  • USAバスケットボール男子年間最優秀選手:2014

カイリー・アービングはプレイヤーオプションを行使してのFA権獲得になります。今季最初まではボストン・セルティックスで今後もプレイしていきたいという話も出てはいたものの、シーズンが始まってからチームの状況が思わしくなくニックスなどに移籍するのではといううわさも出ています。

おすすめ記事 → ジャンプ力を伸ばし、バスケで圧倒的な身体能力を手に入れる3つのトレーニング方法

おすすめ記事 → 【バスケあるある】誰もが憧れるダンクシュート

【ケンバ・ウォーカー】

「Kemba Walker」の画像検索結果

本名:ケンバ・ウォーカー(Kemba Walker)

【誕生日】1990年5月8日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】185cm
【体重】83kg
【出身校】コネチカット大学
【所属】シャーロット・ホーネッツ
【背番号】15番
【ポジション】PG
【受賞歴】

  • NBAオールスターゲーム出場:2017, 2018
  • NCAAチャンピオン : 2011
  • ボブ・クージー賞 : 2011

ケンバ・ウォーカーは制限なしのFA権獲得ができる今乗りに乗っているNBAでもアンストッパブルな選手です。身長が190㎝もないにもかかわらず大きな選手の上からシュートを決めるその姿は勇気を貰えます。これまでそこまで過小評価されており、大きなコントラクト(契約)を貰えていなかったので、条件次第では他球団に移籍も十分に考えられます。

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

【クレイ・トンプソン】

本名:クレイ・トンプソン(Klay Thompson)

【誕生日】1990年2月8日
【出身地】アメリカ合衆国カリフォルニア州
【身長】201cm
【体重】93kg
【所属】ゴールデンステイト・ウォリアーズ
【背番号】11番
【ポジション】SG
【受賞歴】

  • 3×NBAチャンピオン:2015, 2017, 2018
  • 4×NBAオールスターゲーム出場 : 2015-2018
  • オールNBAチーム
    • 2×3rdチーム:2015, 2016
  • NBAスリーポイント・シュートアウトコンテスト優勝:2016
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム : 2012

クレイ・トンプソンは制限なしのFA権獲得のできるNBA屈指のシューターです。もし仮に2018-2019年シーズンにリーグ3連覇するようなことがあれば、十分に名誉は手に入れたことになり、今まで我慢をしていた金額の部分でオファーをしてくれるチームに行くことは十分に考えられる選手です。もちろんゴールデンステート・ウォリアーズからマッシブコントラクトを貰う可能性も秘めており、今後の動向には注目です。

おすすめ記事 →  爆発的なオフェンス力を身に付けるためのハンドリング練習メニュー3選

おすすめ記事 →  バスケでドリブルの達人になるための6つの練習メニュー

【2019年シーズン後トレードの噂がある5選手】

いかがでしたか?

FAランキングというサイトからデータを頂いているので、チームに留まるであろうといわれている選手も何人かいますが、5人ご紹介しました。

まだまだトレードの話は今後も出てくると思うので、引き続きデータが更新され次第ご紹介します。

引用資料

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 370 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*