【NBAニュース】勝率で見るNBAのパワーバランス(NBA勝率ランキング)W17

この「勝率で見るNBAのパワーバランス」シリーズはNBA.comが毎週出しているチームの勝率をもとに、チームランキングを出したものになります。

NBA2019-20年シーズンが始まり色々なトピックはあるものの、筆者もそうですが今のチームパワーバランス(順位)などが分かりにくいと言う事で作ってみました。

今回ご紹介するNBAパワーバランスは「ウィーク17」までの順位になります。「ウィーク17」2月9日(日曜日)までの勝率ランキングと言う事になります。

これまでの週から「ウィーク17」のトピックスとしてまとまっていたのは、トレードのデットラインがあり、今回は大きなトレードは比較的なかったもののプレイオフで重要なキーファクターになり得そうなマイナートレードは多く行われました。

具体的には、ヒューストン・ロケッツがセンターのクリント・カペラを放出しチームとしてスモールラインナップをそろえたり、マイアミ・ヒートがメンフィス・グリズリーズでプレイをしていなかったアンドレ・イグダーラを獲得したりと、ロスアンゼルス・クリッパーズがニューヨーク・ニックスから念願のマーカス・モリスを獲得したりとビックネームまでとはいかなかったものの、チームの状況をかえりうるマイナートレーがありました。

チームとしてはミルウォーキー・バックスが依然としてNBA勝率ランキングでトップを独走している状態で、ロードの成績は21-4とNBAレコードを塗り替えそうな勢いです。一方で、サンアントニオ・スパーズのプレイオフ進出に黄色信号が灯っており、先週1週間で0-4となってしまいチームの勝率ランキングも16位から19位に下がってしまうなど、競合ひしめくウエスタンカンファレンスで古豪のプレイオフ進出が危ぶまれています。

さてどんなパワーバランスになっているのでしょうか? 見てみましょう!

  

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるための6つの練習メニュー

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

  

  

【NBAパワーバランス2019-20:ウィーク17】

ミルウォーキー・バックス

Record: 45-7

ボストン・セルティックス

Record: 37-15

トロント・ラプターズ

Record: 39-14

ロスアンゼルス・レイカーズ

Record: 39-12

ロスアンゼルス・クリッパーズ

Record: 37-16

デンバー・ナゲッツ

Record: 37-16

ユタ・ジャズ

Record: 34-18

マイアミ・ヒート

Record: 34-18

オクラホマシティ・サンダー

Record: 32-21

ヒューストン・ロケッツ

Record: 33-20

フィラデルフィア・セブンティシクサーズ

Record: 33-21

メンフィス・グリズリーズ

Record: 27-26

ダラス・マーベリックス

Record: 32-21

インディアナ・ペイサーズ

Record: 31-22

ポートランド・トレイルブレイザーズ

Record: 25-29

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 500 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*