【2019-20年NBA戦力分析】メンフィス・グリズリーズ

NBAの2019-2020年シーズンが2019年10月22日(日本時間23日)に開幕します。今シーズンは多くのデュオなどが新たに作られ、シーズンが始まるのが楽しみですね。

なので今年も各チームの戦力分析をお送りしていこうと思います。

今回ご紹介するチームは・・・メンフィス・グリズリーズです。

2018-19年シーズンのメンフィス・グリズリーズはメンフィス・グリズリーズの司令塔であるマイク・コンリーがチームをけん引し、シーズンを通して70試合に出場するほど健康を保ったうえで1試合平均21.1得点をたたき出しました。また日本人初の2Way契約となった渡邊雄大も試合にある一定数は出ることが出来、日本人としてはうれしい1年となりました。

2019-2020年シーズンのメンフィス・グリズリーズは司令塔であった、マイク・コンリーがユタ・ジャズにトレードされ、本格的にロッタリーチーム(プレイオフ寝室を目指すよりもドラフトに重きを置くチーム)となりました。しかし、じぇれん・ジャクソンJr.の台頭など、今後のチームには面白一面もありそうです。

そんなメンフィス・グリズリーズの2019-20年シーズンの戦力分析を注目選手と共に掲載していきます。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【メンフィス・グリズリーズ】

【reference=https://en.wikipedia.org/wiki/Memphis_Grizzlies】

まずはメンフィス・グリズリーズのチームプロフィールです。

チーム名:メンフィス・グリズリーズ

【創設】1995年
【本拠地】テネシー州メンフィス
【所属】ウエスタン・カンファレンス
【チームカラー】青・白・黄

テネシー州メンフィスを本拠地として活動しているメンフィス・グリズリーズ。

元々はカナダのブリティッシュコロンビア州バンクーバーに本拠地があったチームで、2000年に現在のメンフィスに移籍しています。

アメリカ4大スポーツにおいて、テネシー州メンフィスに本拠地のあるチームは、メンフィス・グリズリーズのみとなっています。

メンフィス・グリズリーズの2018-2019シーズン

【成績】プレーオフ未進出
【勝率】33勝49敗
【順位】ウエスタン・カンファレンス 12位

2018-19年のメンフィス・グリズリーズは現トロント・ラプターズに所属するマーク・ガソルなどをチームから放出して、チームの再建を行っているチームです。メンフィス・グリズリーズの唯一のフランチャイズプレイヤーで司令塔であった、マイク・コンリーもシーズン70試合に出場し平均得点を21得点記録していたものの、シーズン終了時にはユタ・ジャズに移籍し、チームの再建ムードが大きくなりました。

2019-2020NBAシーズンの戦いに向けて、どのような戦力補強を行ったのでしょうか?

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】マイケル・ジョーダンの後継者~コービー・ブライアン~

おすすめ記事 →  【動画】最もバスケの神に近づいた男、コービー・ブライアントのハイライト動画集

【メンフィス・グリズリーズの今シーズン】

Image result for Memphis grizzlies"

2019-20年のメンフィス・グリズリーズはマイク・コンリーの後釜となる司令塔をNBAドラフト2位指名でマリーステイト大学のジャ・モーラントを獲得し、未来のチームのフランチャイズプレイヤーを獲得しました。さらに、八村塁と同じ大学のゴンザガ大学からは、NBAサマーリーグでMVPを獲得したブランドン・クラークをドラフトで獲得し、チームの基盤を整えました。

2019-20年はそこにゴールデンステート・ウォリアーズからベテランのイグダーラを獲得し、そして4年前の元ドラフト4位指名のNBA選手の父を持つジャレン・ジャクソンJr.もチームへと加えました。マイク・コンリーという絶対的フランチャイズプレイヤーがいなくなった今、メンフィス・グリズリーズは若手が中心のチームへと変貌し、今後の原石の発掘に力を入れているチームとなります。

今後のメンフィス・グリズリーズの2019-2020年シーズンに注目です。

おすすめ記事 →  まさに伝説!?シャキール・オニールの凄すぎる逸話まとめ

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】バスケのルールを変えた最強センター~シャキール・オニール~

【メンフィス・グリズリーズの注目選手】

【メンフィス・グリズリーズの注目選手①:ジャ・モーラント】

本名: ジャ・モーラント(Ja Morant)

【誕生日】1999年8月10日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】191cm
【体重】79kg
【所属】メンフィス・グリズリーズ
【背番号】12番
【ポジション】ポイントガード

おすすめ記事 →  バスケで一流のポイントガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  ポイントガードにおすすめバッシュ3戦とその選び方

【メンフィス・グリズリーズの注目選手②:ジャレン・ジャクソンJr.】

【誕生日】1999年9月15日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】211cm
【体重】107kg
【所属】ミシガン州立大学 → メンフィス・グリズリーズ
【背番号】13番
【ポジション】パワーフォワード/センター

おすすめ記事 →  バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  NBA最強のシューティングガード5選まとめ【ハイライト動画付】

【メンフィス・グリズリーズの注目選手③:ブランドン・クラーク】

本名: ブランドン・クラーク(Brandon Clarke)

【誕生日】1996年9月19日
【出身地】カナダ
【身長】203cm
【体重】98kg
【所属】サンノゼ大学 → ゴンザガ大学
【ポジション】パワーフォワード

おすすめ記事 →  バスケで一流のセンターになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  センターにおすすめのバッシュ3選とその選び方

【メンフィス・グリズリーズの注目選手④:渡邊雄大】

本名:渡邊雄太(Yuta Watanabe)

【誕生日】1994年10月13日
【出身地】日本
【身長】208cm
【体重】93kg
【出身校】ジョージワシントン大学
【所属】メンフィス・グリズリーズ
【背番号】12番
【ポジション】SG/SF

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【メンフィス・グリズリーズの戦力分析まとめ】

いかがでしたか?

●メンフィス・グリズリーズとは?

●メンフィス・グリズリーズの今シーズン

●メンフィス・グリズリーズの注目選手

今回は、ウエスタンカンファレンス所属のメンフィス・グリズリーズの今シーズン戦力分析を取り上げました。

2019-2020年シーズンのメンフィス・グリズリーズはジャ・モーラント、ブランドン・クラーク、ジャレン・ジャクソンJr.など若手の選手を多く擁し、チームの再建を図りながら若手の躍進を期待するチームとなっています。

メンフィス・グリズリーズの今シーズンに注目してみてください。

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 433 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*