【NBA選手名鑑|TJ・ウォーレン】ポイントゲッターのダークホース

こんにちわ!「餅つきうさぎ」です!

さあ!またまたNBA選手の選手名鑑を行っていきたいと思います。

今回ご紹介するのは、2016年のNBAドラフトで全体1巡目14番目にフェニックス・サンズに指名されたノースカロライナ州立大学出身のTJ・ウォーレン選手です。

インディアナ・ペイサーズの裏の得点源として活躍するTJ・ウォーレンですが、2019-20年シーズン第2幕の時に大活躍を見せ一躍注目選手となりました。

今回はそんなTJ・ウォーレン選手をプレーの魅力と共にご紹介します。

おすすめ記事 →  21世紀最高のプレイヤーたちを輩出!今もなおNBA界を牽引する、2003年ドラフト組

おすすめ記事 →  繋げ!ジョーダン引退後のNBA界を支えた名選手が集まる1998年NBAドラフト組

【ジャマール・マレーのプロフィール】

Pacers hold on late to beat Bucks, snap 6-game skid | WTTV CBS4Indy

本名:TJ・ウォーレン (TJ Warren)

【誕生日】1993年9月5日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】203cm
【体重】102kg
【所属】インディアナ・ペイサーズ
【ポジション】SF

ニューハンプシャー州出身のTJ・ウォーレンは、高校時代から有名な選手でマクドナルドオールアメリカンに選出されるなど大学スカウトからも注目されており、ノースカロライナ大学やジョージタウン大学などのNCAA強豪校からもスカウトの話などは来ていたものの、ノースカロライナ州立大学に進学しました。

大学では持ち前の得点力でチームをけん引し、2年時の2013-14年シーズンには1試合平均24.9得点、7.1リバウンドを記録するなどしACCトーナメントで最優秀選手や1stチームに選出されています。その後2014年のNBAドラフトにアーリーエントリーを行いました。

TJ・ウォーレンとはどんな選手なのでしょうか?TJ・ウォーレン選手の記録とともに振り返ってみましょう。

おすすめ記事 →  意外と知らない!!ストレッチを効かせるための3つの方法

おすすめ記事 →  【ストレッチ】アメリカ代表から学ぶ!!試合前のストレッチ!

【TJ・ウォーレンの記録】

  • Consensus second-team All-American (2014)
  • ACC Player of the Year (2014)
  • First-team All-ACC (2014)
  • ACC All-Freshmen Team (2013)
  • McDonald’s All-American (2012)

TJ・ウォーレンは2014年のNBAドラフトで1巡目14位でフェニックス・サンズに入団しました。しかし入団1年目はフィジカル面含めNBAの洗礼を受け、時にはDリーグを経験しながらNBA出場40試合でルーキーシーズンを終えました。

2年目らはNBAのプレーにも慣れて、ベンチスタートながらも時には30得点近く得点する場面もありましたが、足の骨折でシーズンを終えてしまうなど悔しい思いもしました。その後2016-17年からはスタメン選手のケガで出場機会が増え、その後はサンズの得点源として2018年シーズンまでプレイをしました。

2019年のNBAドラフト当日に金銭トレードでインディアナ・ペイサーズに移籍してからは、平均得点18得点でチームのセカンドスコアラーとして活躍を見せています。2020年8月のフィラデルフィア・76ers戦では自身初となる50点越えを記録するなどチームの勝利に貢献しています。


おすすめ記事 → 【ポジション別】バッシュのおすすめ9選とその選び方

おすすめ記事 → 【バッシュ】NBAドラフト2018の2トップが契約したPUMA(プーマ)

TJ・ウォーレンの魅力①:フィニッシュ力

TJ・ウォーレンの魅力の1つは、フィニッシュ力です。

TJ・ウォーレンが一躍有名になったのはNBA2019-20年シーズンの第2幕となったオーランドの”バブル”での活躍でした。ただそれ以前もペイサーズ内や以前のサンズ内でも得点力が高く、コンスタントに得点をとれる選手として活躍していました。

特に得点を決めてくるフィニッシュ力は長けており、オフバランスからのシュートや味方のオフェンスに合わせて合わせるなど、チームには必要な流動的にプレーをしてくれる選手となります。

おすすめ記事 → 237cmのウィングスパンを持つ男ーモハメド・バンバ

おすすめ記事 → アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男ートレー・ヤング

【TJ・ウォーレンの魅力②:スリーポイント】

TJ・ウォーレンの2つ目の魅力は、スリーポイントです。

TJ・ウォーレンはスリーポイントのイメージはあまりなかったものの、2019-20年シーズンの第2幕でその勝負強いスリーポイント成功率を見せつけました。1試合9本のスリーを沈め50得点以上を記録するなど、これまで得意であったペネトレーション併せてスリーポイントも打てるようになり、攻撃のバリエーションが増えアンストッパブルな存在となりました。

おすすめ記事 → まさに”黄金世代”⁉︎⁉︎殿堂入り選手を多数輩出した1984年NBAドラフト

おすすめ記事 → 近代NBAの先駆者! 07-08ボストン・セルティックス!!

【TJ・ウォーレンの魅力③:勝負強さ】

TJ・ウォーレンの3つ目の魅力は、勝負強さです。

TJ・ウォーレンの魅力は勝負強さです。2019-20年シーズンの第2幕プレイオフ進出をかけたシーディングゲームで1試合50得点以上を決める試合を作ったり、シーソーゲームで3本連続でシュートを決めたりと、エース級の勝負強さを持っています。

おすすめ記事 → NBA選手の出身大学ランキング

おすすめ記事 → NBA副収入ランキング!

【TJ・ウォーレンのまとめ】

いかがでしたでしょうか?

・TJ・ウォーレンのプロフィール

・TJ・ウォーレンの記録

・TJ・ウォーレンの魅力①:フィニッシュ力

・TJ・ウォーレンの魅力②:スリーポイント

・TJ・ウォーレンの魅力③:闘争心

TJ・ウォーレン選手今後NBAで頭角を現し始めた注目されている選手の1人です。今後もミーハーな選手を中心に「餅つきうさぎ」はご紹介していくので、よろしくお願いいたします。

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 576 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*