【NBA選手名鑑|グレイディ・ディック】シュートメイキングに優れた選手の魅力3選

HOOPS JAPANをご覧の皆さん、こんにちわ!

NBAドラフト2023候補選手を紹介していこうと思います。

ご紹介する選手は・・・グレイディディックです。

カンザス大学に入学した選手の一人で、高校時代にはアメリカの三大大会でもあるマクドナルドオールアメリカン、ナイキフープサミットに選出された経験も持つシューター選手です。

そんなNBAドラフト2023候補に挙がっている、グレイディディックを魅力と共に紹介していこうと思います。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

Contents

【グレイディディックのプロフィール】

本名:グレイディ・ディック(Gradey Dick)

【誕生日】2003年11月20日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】203cm
【体重】93kg
【所属】カンザス大学
【ポジション】シューティングガード/スモールフォワード

グレイディディックはアメリカ合衆国カンザス州で育ったバスケットボール選手です。

グレイディディックは2003年11月20日にアメリカで生まれ、ウィチタのコレジエイトスクールで高校生活をスタートしました。そこで2年間を過ごし、最終年度には試合平均20点を記録して州のプレーオフに進出しました。その後、グレイディディックはサンライズ・クリスチャン・アカデミーに転校し、シニアイヤーには試合平均18点を記録しました。

グレイディディックの才能はすぐに注目され、マクドナルドオールアメリカンとナイキフープサミットのロースターに名を連ねることになりました。そして、2022年3月22日にはGatorade National Player of the Yearに名前が挙がりました。彼の高校生活は、カンザス、アイオワ州立、ベイラーなどからバスケットボール奨学金のオファーを受けるなど、充実したものでした。最終的にフロリダとイリノイからのオファーを断り、カンザス大学でカレッジバスケットボールをプレーすることを決めました。

NCAAのデビュー戦では、89-64の勝利で23得点・2リバウンド・2スティール・1アシストを記録しました。その後も順調に成績を積み重ね、ビッグ12カンファレンスのセカンドチーム、オールニューカマーチーム、オールフレッシュマンチームに選ばれました。2023年のNCAAトーナメントでは、ハワード大学戦で19得点・11リバウンド・5アシスト・3スティールを記録するなど、活躍しました。

その一方で、グレイディディックは2021年のFIBA 3×3 U-18ワールドカップでアメリカ代表としてプレーし、平均3.2得点を記録してチームの金メダル獲得に貢献しました。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【グレイディディックの魅力】

NBAドラフト2023において指名候補として名前が挙がっているグレイディディック。

ここからは、グレイディディックの魅力について紹介していきたいと思います。

グレイディディックのハイライト動画も添付しています。動画を参考の上、魅力についても確認してみてください。

おすすめ記事 → アイソレーションとは何か?バスケ用語解説!

おすすめ記事 → バスケのレイアップ10種類まとめ!これで得点力が劇的アップ!

『グレイディディックの魅力①:優れたシューティング能力』

グレイディディックの1つ目の魅力は「シューティング能力」です。

グレイディディックの一番の武器と言えるのがシューティング能力です。高校、大学ともに優れた3Pシューターとして名を馳せており、そのシュート成功率は40%を超えています。

グレイディディックシュートフォームは高く、コンパクトで、スポットアップやスクリーンからのシュートにもうまく対応します。この優れたシューティング能力は、ディフェンダーを引きつけ、チームメイトにより良いショットチャンスを作り出すのに大いに役立ちます。

以上の理由から、グレイディディックの魅力として「シューティング能力」を取り上げました。

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

『グレイディディックの魅力②:ディフェンスの才能』

グレイディディックの2つ目の魅力は「ディフェンス」です。

グレイディディックは高い身長と適度な筋力を持ち合わせており、これがディフェンス力に一役買っています。

ディフェンスの時にも常に活発に動き、相手のボールハンドリングを邪魔したり、パスをカットしてスチールを奪ったりします。さらに、グレイディディックは自身のポジションだけでなく、他のポジションの選手ともマッチアップする能力を持っており、その柔軟性が彼のディフェンス力を一層高めています。

以上の理由から、グレイディディックの魅力として「ディフェンス」を取り上げました。

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

おすすめ記事 → バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

『グレイディディックの魅力③:バスケットボールIQと決断力』

グレイディディックの最後に紹介する魅力は「バスケIQと決断力」です。

グレイディディックは優れたバスケットボールIQと決断力を持っています。試合の状況を正確に読み取り、最適なプレーを選ぶ能力があります。

また、ボールを扱う技術も一流で、無駄な動きをせず、コート上で何をすべきかを常に理解しています。グレイディディックのトータルターンオーバーの数は低く、フレッシュマン(大学1年生)時のみではありますが、特筆すべき成績を残しています。

必要なときに必要なプレーをする能力を持っている選手と言えるでしょう。

以上の理由から、グレイディディックの魅力として「バスケIQと決断力」を取り上げました。

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【グレイディディックの今後】

ここまで、グレイディディックの魅力を紹介してきました。

アウトサイドから高い成功率を誇っているのに加えて、バスケットボールのIQの高さや決断力は優れた能力を兼ね備えています。

しかし、グレイディディックがNBAのレベルで成功していくためには、いくつかの課題を克服する必要があります。身体的な能力は、NBAのスタンダードと比較するとまだまだ劣ります。また、彼のドリブルとクリエイティビティも、現時点では平凡なレベルです。しかし、グレイディディックの持つ独自のスキルセットと高いバスケットボールIQは、これらの課題を克服し、成功するための基盤を提供しています。

カンザス大学時代のHCでもあるBill Selfはグレイディディックを「カンザスでサインした最高のシューターの一人」と評しており、これはシュート能力が認められている証拠と言えるでしょう。大学での活躍は、その評価を裏付けるものであり、NBAでどのように活躍するかに大いに期待が寄せられています。

NBAドラフト2023のグレイディディックをチェックしてみてください。

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【グレイディディックのまとめ】

●グレイディディックのプロフィール
●グレイディディックの魅力①:優れたシューティング能力
●グレイディディックの魅力②:ディフェンスの才能
●グレイディディックの魅力③:バスケットボールIQと決断力
●グレイディディックの今後

今回は、NBAドラフト2023候補であるグレイディディックについて紹介していきました。

身体能力よりも高いスキルで相手を圧倒することができるグレイディディック。

ぜひ、グレイディディックをチェックしてみてください。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!日本人向けバッシュ~アシックス編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ジョーダン編~

About モンキー 1097 Articles
バスケットボール1つで世界中の人と繋がっていきたいと考えています。 繋がるという意味を込めてサブタイトルは、「猿結(えんむすび」です。多くのバスケ好きが集まるようなサイトを運営していきたいです。 気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングが趣味です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*