【NBA選手名鑑|パトリック・ビバリー】アグレッシブなディフェンダー

こんにちわ!

さあ!またまた今回は筆者は違いますが、NBA選手の選手名鑑を行っていきたいと思います。

普段の筆者と違いミーハーな今回の作者は、アメリカ大学進学後2008年からウクライナでプロデビューをし、その後2009年に2巡目42位でロスアンゼルス・レイカーズから指名されたパトリック・ビバリー選手をご紹介します。

NBAではそのアグレッシブなディフェンスからディフェンダーとして有名ですが、過去をさかのぼるとユーロリーグではMVPを獲得したりしている得点の取れるポイントガードです。

さてパトリック・ビバリー選手とはどんな選手なのでしょうか?

魅力と共にご紹介します。

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

【パトリック・ビバリーのプロフィール】

Clippers' Patrick Beverley Fined $25K for Throwing Ball into Crowd vs.  Lakers | Bleacher Report | Latest News, Videos and Highlights

本名:パトリック・ビバリー(Patrick Beverley)

【誕生日】1988年7月12日
【出身地】アメリカ
【身長】185cm
【体重】84kg
【所属】ロスアンゼルス・クリッパーズ
【背番号】21番
【ポジション】PG

パトリック・ビバリーはシカゴ出身のバスケットボール選手で、高校時代から全米トップ10位のポイントガードとして評されていた選手です。大学はアーカンソー大学に進学し、1年時からチームの中心選手として活躍しました。2年時には全米でも有名な選手となっていましたが、勉強面の問題でバスケットボールをすることが出来なくなり、結果としてヨーロッパでプロとして選手生命を始める道を選びました。

ウクライナでぷろきゃりあを始めたパトリック・ビバリーは、ルーキーシーズンでオールスター戦に選出され、且つダンクコンテストでも優勝するなどウクライナでは有名な選手でした。その活躍もあり2009年のNBAドラフトでは2巡目42位でロスアンゼルス・レイカーズに指名され、その後マイアミ・ヒートに交渉権が移りましたがその際はNBAでプレイすることは選ばず、ユーロリーグのオリンピアコスBCと契約を結びました。その後ユーロリーグ内で2012年までプレイをしユーロリーグカップファーストチームやMVPなどのタイトルを獲得した後に2012年の12月にヒューストン・ロケッツと複数年契約を結びNBA選手となりました。

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【パトリック・ビバリーの記録】

【受賞歴】

  • NBAオールディフェンシブチーム1stチーム : 2017
  • 2×2ndチーム : 2014, 2020
  • NBAスキルチャレンジ 優勝 (2015)
  • ユーロカップMVP (2012)
  • オールユーロカップ1stチーム (2012)
  • 2× Russian League All-Symbolic First Team (2011, 2012)
  • Russian Cup winner (2011)
  • Russian League Defensive Player of the Year (2011)
  • Russian League All-Star (2011)
  • Russian League Guard of the Year (2011)
  • Greek Cup winner (2010)
  • UBL All-Star (2009)
  • UBL Slam Dunk Contest champion (2009)

2012年12月にNBA入りはしたものの、1年目は出場時間をなかなか得られず、NBAとDリーグを行き来するような形となりました。その後スタメン選手のケガの際にスリーポイントの正確さとディフェンスの名張強さを買われ、正ポイントガードとしてスタメンとなりました。

その後はチームのアグレッシブなディフェンダー兼ポイントガードとしてチームをけん引し、個人アワードも2014年にNBAオールディフェンシブチームセカンドチーム、2015年にNBAオールスターチャレンジのスキルチャレンジで優勝をしました。2017年にはオールディフェンシブチームファーストチームに選ばれ、同年の6月にクリス・ポールが絡むトレードでロスアンゼルス・クリッパーズに移籍しました。その後2019年7月1日にはクリッパーズと3年4000万ドルで契約合意をしました。

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

【パトリック・ビバリーのプレー3つの魅力】

パトリック・ビバリー選手のプレーの魅力というのはどんな点があるのでしょうか?

ちょっとしたプレー分析&紹介を行ってみます。

パトリック・ビバリーの魅力①:ディフェンス】

パトリック・ビバリーの魅力1つ目は、ディフェンスです。

2017年にオールディフェンシブチームファーストチーム、2014と2020年にはセカンドチームに選ばれている選手で、ディフェンス面でNBA内では有名な選手です。相手のエースを身長185㎝という小さな体ながら、アグレッシブなディフェンスで抑えていくその姿はチームの起爆剤として重要な役割を担っています。

ただ、熱くなりすぎて相手とけんかをしてよく退場させられてしまうのが玉に瑕です。

おすすめ記事 → 237cmのウィングスパンを持つ男ーモハメド・バンバ

おすすめ記事 → アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男ートレー・ヤング

【パトリック・ビバリーの魅力②:クラッチなポイントガード】

パトリック・ビバリーの魅力2つ目は、クラッチなポイントガードです。

これまではNBAではオフェンス面で目立つことが出来ないことも多かったですが、クリッパーズに移籍してからはポイントガードとして、試合を組み立てて時には大事な局面でスリーポイントを沈めるなど、チームのディフェンス面のみならず存在感を示すようになってきました。

これまでオフェンス力がないのでディフェンスはしなくともよい、と相手チームに思われがちでしたが、しっかりとマークしないといけない選手に変わりつつあるため、オフェンス面でもパトリック・ビバリーに注目です。

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ヨーロッパが生んだ大型ポイントガード~ルカ・ドンチッチ~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】怪我を乗り越え、才能を開花できるか~マイケル・ポーター・Jr~

【パトリック・ビバリーの魅力③:ベーススキル】

パトリック・ビバリーの3つ目の魅力は、ベーススキルです。

ディフェンダーとして注目をされているパトリック・ビバリーですが2015年のスキルチャレンジでは優勝をしており、ディフェンス面のみではなくそのベーススキルの高さがあります。またNBAプレイ前のユーロリーグではMVPに輝くこともあったことから、ディフェンス面以外にも注目出来ることが多い選手です。

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】驚異のスコアリングポイントガード~コリン・セクストン~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】秀才さと機動力を活かせるビックマン~ウェンデル・カーター・Jr~

【パトリック・ビバリーのまとめ】

いかがでしたでしょうか?

・パトリック・ビバリーのプロフィール

・パトリック・ビバリーの記録

・パトリック・ビバリーの魅力①:ディフェンス

・パトリック・ビバリーの魅力②:クラッチなポイントガード

・パトリック・ビバリーの魅力③:ベーススキル

色々パトリック・ビバリー選手について調べていくと動画だけではわからない内容が多かったりと、筆者自身も勉強することが多かった選手でした。今後もミーハーな選手を中心に「餅つきうさぎ」はご紹介していくので、よろしくお願いいたします。

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 576 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*