【NBAニュース】2019-20年シーズンNBAチャンピオン~ロスアンゼルス・レイカーズ~

日本時間10月12日(現地時間11日)に行われたロスアンゼルス・レイカーズとマイアミ・ヒートよるNBAファイナル2020 第6戦は、ロスアンゼルス・レイカーズが106-93でマイアミ・ヒートを下し、10年ぶりリーグフランチャイズ最多に並ぶ17回目の優勝を果たしました。

今年2月に不慮の事故でなくなったコービー・ブライアント氏が在籍していた2009-10シーズン以来の10年ぶりの優勝を果たしたレイカーズは、コービー・ブライアントに優勝をささげたシーズンとなりました。

個人スタッツを見てみるとレブロン・ジェームズが28得点、14リバウンド、10アシストのトリプルダブル、アンソニー・デイビスが19得点、15リバウンド、ラジョン・ロンドがベンチから19得点、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープが17得点、ダニー・グリーンが11得点で勝利に貢献しました。

ファイナル2020年MVPはシリーズ平均29.8得点、11.8リバウンド、8.5アシストを記録したレブロン・ジェームスが輝き通算4回目(2012、13、16、20)の優勝とファイナルMVPに輝きました。

試合後トロフィー授与式でレブロン・ジェームスは以下の様に話をしています。「僕にできる唯一のことは、チームメイトのために心と身体の準備を整えておくこと。僕は今まで一度もプレイオフの試合を欠場したことがない。チームメイト、ファン、家族を誇らしい気持ちにさせられたら嬉しい。早く家族に会いたい。オハイオのみんな、また優勝することができたよ。」と話しています。

レブロン・ジェームスはこの第6戦でプレイオフ通算260試合出場となり、ファイナル出場単独首位となりました。またファイナルMVP4回受賞は、マイケル・ジョーダンの6回に次ぐ歴代単独2位に浮上し、NBA史に名を刻みました。

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ジョーダン編~

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~他メーカー編~

【ロスアンゼルス・レイカーズとは】

【reference=https://ca.wikipedia.org/wiki/Los_Angeles_Lakers】

まずはロサンゼルス・レイカーズのチームプロフィールです。

チーム名 : ロサンゼルス・レイカーズ

【創設】1946年
【本拠地】カリフォルニア州ロサンゼルス
【所属】ウエスタン・カンファレンス
【チームカラー】黄・紫・白

ロサンゼルスを本拠地として活動しているロサンゼルス・レイカーズ。

NBA優勝の経験を16回もしており、数多くの伝説を残してきた選手が在籍していた経歴も持つ、NBAを代表するチームとも言えるでしょう。

マジック・ジョンソンの在籍していた時代やコービー・ブライアント、シャキール・オニールが在籍していた時代など、有名選手が多く歴史あるチームでもあります。

メイン選手はといいますと、

【ロサンゼルス・レイカーズの注目選手:レブロン・ジェームス】

本名:レブロン・ジェームス(LeBron James)

【誕生日】1984年12月30日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】203cm
【体重】113.5kg
【所属】ロスアンゼルス・レイカース
【背番号】6番
【ポジション】SF/PG
【受賞歴】

  • 3×NBAチャンピオン:2012, 2013, 2016
  • 3×NBAファイナルMVP:2012, 2013, 2016
  • 4×MVP:2009, 2010, 2012, 2013, 2020
  • 14×NBAオールスターゲーム出場:2005-2020
  • 3×NBAオールスターゲームMVP:2006, 2008, 2018
  • 新人王:2004
  • 得点王:2008
  • オールNBAチーム
    • 12×1stチーム:2006, 2008-2018, 2020
    • 2×2ndチーム:2005, 2007
    • 1×3rdチーム:2019
  • NBAオールディフェンシブチーム
    • 5×1stチーム:2009-2013
    • 2ndチーム:2014
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム:2004
  • USAバスケットボール男子年間最優秀選手:2012

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【ロサンゼルス・レイカーズの注目選手:アンソニー・デイビス】

本名:アンソニー・デイビス (Anthony Davis)

【誕生日】1993年3月11日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】208cm
【体重】115kg
【所属】ロスアンジェルス・レイカーズ
【ポジション】PF/C
【背番号】23番
【受賞歴】

  • 6×NBAオールスターゲーム出場 2014-2020
  • NBAオールスターゲームMVP : 2017
  • ブロック王 2014, 2015, 2018
  • オールNBAチーム
    • 3×1stチーム:2015, 2017, 2018,2020
  • NBAオールディフェンシブチーム
    • 2ndチーム:2015
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム 2013
  • NCAAチャンピオン:2012

おすすめ記事 →  バスケで一流のポイントガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  ポイントガードにおすすめバッシュ3戦とその選び方

【ロスアンゼルス・レイカーズ注目選手:レイジョン・ロンド】

本名:レイジョン・ロンド(Rajon Rondo)

【誕生日】1986年2月22日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】185cm
【体重】79kg
【所属】ロスアンゼルス・レイカーズ
【背番号】9番
【ポジション】PG

  • NBAチャンピオン : 2008
  • 3×アシスト王 : 2012, 2013, 2016
  • スティール王 : 2010
  • オールNBAチーム3rdチーム : 2012
  • NBAオールディフェンシブチーム2×1stチーム : 2010, 2011
  • 2×2ndチーム : 2009, 2012
  • NBAオールルーキーチーム 2ndチーム : 2007
  • 4×NBAオールスターゲーム : 2010 – 2013

おすすめ記事 →  バスケで一流のセンターになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  センターにおすすめのバッシュ3選とその選び方

【ロスアンゼルス・レイカーズ注目選手:カイル・クズマ】

本名:カイル・クズマ(Kyle Kuzma)

【誕生日】1995年7月24日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】206cm
【体重】100kg
【所属】ロサンゼルス・レイカーズ
【背番号】0番
【ポジション】PF
【受賞歴】

  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム:2018

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

【ロスアンゼルス・レイカーズ注目選手:ダニー・グリーン】

本名:ダニー・グリーン(Danny Green)

【誕生日】1987年6月22日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】198cm
【体重】98kg
【所属】ロサンゼルス・レイカーズ
【背番号】14番
【ポジション】SF/SG
【受賞歴】

  • 2×NBAチャンピオン (2014, 2019)
  • NBAオールディフェンシブチーム 2ndチーム (2017)
  • NCAAチャンピオン (2009)

おすすめ記事 → 237cmのウィングスパンを持つ男ーモハメド・バンバ

おすすめ記事 → アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男ートレー・ヤング

【ロスアンゼルス・レイカーズ注目選手:ドワイト・ハワード】

【誕生日】1985年12月8日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】211cm
【体重】120kg
【所属】ロスアンゼルスレイカーズ
【ポジション】C
【受賞歴】

  • 8×NBAオールスターゲーム出場 : 2007~2014
  • 5×リバウンド王:2008, 2009, 2010 2012, 2013
  • 2×ブロック王:2008, 2009
  • 4×ダンクシュート成功数1位:2006~2009
  • 3×NBA最優秀守備選手賞:2009~2011
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム:2005
  • オールNBAチーム
    • 5×1stチーム:2008~2012
    • 1×2ndチーム  : 2014
    • 2×3rdチーム:2007, 2013
  • NBAオールディフェンシブチーム
    • 4×1stチーム:2009~2012
    • 2ndチーム:2008
  • NBAオールスター・スラムダンクコンテスト優勝:2008
  • フィールドゴール成功率1位 : 2010
餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 587 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*