【NBAニュース】2020年トレード解禁!クリス・ポールがサンズに移籍

2020年のトレード解禁となった11月17日(現地時間16日)、早速大型移籍の案件が現実となりました。フェニックス・サンズはリッキー・ルビオ、ケリー・ウーブレイJr.、タイ・ジェローム、ジェイレン・レック、2022年のドラフト1巡目指名権を放出し、オクラホマシティ・サンダーからクリス・ポールとアブドゥル・ネイダーを獲得しました。

2010年を最後にNBAプレイオフから遠ざかっているフェニックス・サンズはバブルの第2幕で大ブレイクしたオールスター選手のデビン・ブッカーと18年のドラフト1位指名のディアンドレ・エイトンを始めとする中核が残る中で、経験豊富なクリス・ポールを獲得する形となりました。

一方のオクラホマシティ・サンダーはさらにデニス・シュルーダーをロサンゼルス・レイカーズへ放出し、ダニー・グリーンと今年のドラフト1巡目28位の指名権(レイカーズが指名後に放出)も獲得しています。その結果、昨年のラッセル・ウエストブルックとポール・ジョージらのトレードを含め、今年から26年までで17本ものドラフト1巡目指名権を手にする形となり、今後のチーム編成は注目です。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 【ポジション別】バッシュのおすすめ9選とその選び方

【クリス・ポールとは?】

本名:クリス・ポール(Chris Paul)

【誕生日】1985年5月6日
【出身地】アメリカ合衆国 ノースカロライナ州
【身長】183cm
【体重】79kg
【所属】フェニックス・サンズ
【背番号】3番
【ポジション】ポイントガード

  • 9×NBAオールスターゲーム出場:2008-2016
  • NBAオールスターゲームMVP:2013
  • オールNBAチーム
    • 4×1stチーム:2008, 2012, 2013, 2014
    • 3×2ndチーム:2009, 2015, 2016
    • 3rdチーム:2011
  • NBAオールディフェンシブチーム
    • 6×1stチーム:2009, 2012-2016
    • 2×2ndチーム:2008, 2011
  • 新人王:2006
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム:2006
  • 4×アシスト王:2008, 2009, 2014, 2015
  • 6×スティール王:2008, 2009, 2011-2014
  • USAバスケットボール男子年間最優秀選手:2004

クリス・ポールはウェスト・ホーサイス高校時代から全米に名の知れたポイントガードの1人で、高校時代の最終シーズンでは、平均30得点・8アシスト・5リバウンド・6スティールという驚異的な記録を出している選手です。

ウェスト・ホーサイス高校卒業後には、地元の大学であるウェイクフォレスト大学に進学しました。

フレッシュマン(1年生)でありながらスタメンに起用され、チームを牽引していました。

1年目のシーズンには新人王を獲得し、2年目のシーズンではオールアメリカンファーストチームへの選出・ウッデン賞・ネイスミス賞など数多くの賞を受賞している選手です。

2年目のシーズンが終了後には、3年生へ進学せずにNBAドラフトへアーリーエントリーを果たしました。

クリス・ポールは、NBAドラフトへアーリーエントリーすると2005年NBAドラフトで4位指名でNBA入りを果たしました。

NBA入団を果たしたのち、スタメンで起用されチームを牽引するポイントガードとして驚異的なスピードで成長を遂げていきました。

NBAシーズン3年目には、アシスト王とスティール王の2冠を達成。まさにNBA最高峰のポイントガードへと成長していきました。

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるための6つの練習メニュー

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 599 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*