【2021-22年NBA戦力分析】ゴールデンステート・ウォリアーズ

NBAの2021-2022年シーズンが2021年10月19日(日本時間20日)に開幕します。2020‐21年シーズンは新型コロナウィルス蔓延によりイレギュラースケジュールとなりましたが、今シーズンは昨シーズン同様にプレイイン・トーナメントを引き継ぎながら4月中旬までレギュラーシーズンを戦います。

2021‐22年シーズンはFA解禁前後にトレードが各チーム行われ、チームの勢力図が大きく変動しました。そこで今回は各チームの戦力分析をお送りしていこうと思います。

今回ご紹介するチームは・・・ゴールデンステート・ウォリアーズです。

2020-21年シーズンのゴールデン・ステートウォリアーズはエースのステファンカリーが得点王とオールNBAファーストチームに選出され、ドレイモンドグリーンもオールディフェンシブファーストチームにも選出されるものの2年連続でプレイオフを逃す結果となりました。

2021-2022年シーズンはアキレス腱断裂で前シーズン全休したクレイトンプソンが戻ってくるのと、昨シーズンケガで途中離脱したルーキーのジェームズワイズマンも復帰するため、勝利への化学反応が起こりそうな状況です。

そんなゴールデンステート・ウォリアーズの2021-22年シーズンの戦力分析を注目選手と共に掲載していきます。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【ゴールデンステート・ウォリアーズ】

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 20181003ウォリアーズ.png です

まずはゴールデンステイト・ウォリアーズのチームプロフィールです。

チーム名 : ゴールデンステイト・ウォリアーズ

【創設】1946年
【本拠地】カリフォルニア州オークランド
【所属】ウエスタン・カンファレンス
【チームカラー】青・黄・白

オークランドを本拠地として活動しているゴールデンステイト・ウォリアーズ。

チーム発足時はフィラデルフィアに本拠地を置いていました。

その後、1962年にカリフォルニアサンフランシスコに本拠地を移転し、1972年なると現在のオークランドへと本拠地を構えるようになったのです。

ゴールデンステート・ウォリアーズの2020-2021シーズン

【成績】プレーオフ未進出
【勝率】39勝33敗
【順位】ウエスタン・カンファレンス 9位

2019-20年シーズンのスプラッシュブラザーズとドレイモンドグリーンのケガによる離脱による悪夢の15勝50敗という不名誉な記録を残してしまったシーズンに比べエースである、ステファン・カリーが奮起し、プレイイン・トーナメント進出まではこぎつけました。今シーズンはステファン・カリーが得点王を獲得し、オールNBAチームファーストチームにも選出されており、且つドレイモンド・グリーンもオールディフェンシブファーストチームを獲得する活躍もありました。

プレイイン・トーナメントではメンフィス・グリズリーズに122-117で惜しくも競り負け2年連続でプレイオフ進出を逃しました。

2021-2022NBAシーズンの戦いに向けて、どのような戦力補強を行ったのでしょうか?

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】マイケル・ジョーダンの後継者~コービー・ブライアン~

おすすめ記事 →  【動画】最もバスケの神に近づいた男、コービー・ブライアントのハイライト動画集

【ゴールデンステート・ウォリアーズの今シーズン】

Golden State Warriors 2021-22 OFFICIAL Roster Breakdown & Analysis |  Champion Contender Squad - YouTube

2021-22年シーズンのゴールデンステート・ウォリアーズはまずオフにゴールデンステート・ウォリアーズの黄金時代に優勝経験のあるアンドレ・イグダーラを獲得しさらにオット・ポーターJr.もオーランドマジックから獲得し、ステファンカリーとドレイモンドグリーンをサポートするメンバーを獲得しました。

さらにクレイトンプソンも今年の12月のクリスマスゲーム前後には復帰が出来るのではないかと言われており、スプラッシュブラザーズの完全復帰が期待されます。さらに去年の大物ルーキーのジェームスワイズマンもケガから復帰が期待されており、さらにはシーズン終盤でドラフト1位の実力をようやく見せ始めたアンドリューウィギンズもチームの得点源として機能し始めており楽しみな要素が大きいチームになります。

今後のゴールデンステート・ウォリアーズの2021-2022年シーズンに注目です。

おすすめ記事 →  まさに伝説!?シャキール・オニールの凄すぎる逸話まとめ

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】バスケのルールを変えた最強センター~シャキール・オニール~

【ゴールデンステート・ウォリアーズの注目選手】

【ゴールデンステート・ウォリアーズの注目選手:ステファン・カリー】

本名:ステファン・カリー(Stephen Curry)

【誕生日】1988年3月14日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】192cm
【体重】86kg
【所属】ゴールデンステート・ウォリアーズ
【背番号】30番
【ポジション】PG

  • 3×NBAチャンピオン:2015, 2017, 2018
  • MVP : 2015, 2016
  • 7×NBAオールスターゲーム出場 : 2014-2019, 2021
  • オールNBAチーム4×1stチーム : 2015, 2016, 2019,2021
  • 2×2ndチーム : 2014, 2017
  • 3rdチーム : 2018
  • 2×得点王 : 2016, 2021
  • スティール王 : 2016
  • 50-40-90クラブ : 2016
  • フリースロー成功率1位 : 2011, 2015, 2016, 2018
  • 2×NBAスリーポイント・コンテスト優勝 : 2015, 2021
  • NBAスキルチャレンジ優勝 : 2011
  • NBAオールルーキーチーム1stチーム : 2010
  • NBAスポーツマンシップ賞 : 2011

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【ゴールデンステート・ウォリアーズの注目選手:クレイト・ンプソン】

本名:クレイ・トンプソン(Klay Thompson)

【誕生日】1990年2月8日
【出身地】アメリカ合衆国カリフォルニア州
【身長】201cm
【体重】93kg
【所属】ゴールデンステイト・ウォリアーズ
【背番号】11番
【ポジション】シューティングガード

  • 3×NBAチャンピオン:2015, 2017, 2018
  • 5×NBAオールスターゲーム出場 : 2015-2019
  • オールNBAチーム
    • 2×3rdチーム:2015, 2016
  • NBAオールディフェンシブチーム
    • 2ndチーム : 2019
  • NBAスリーポイント・シュートアウトコンテスト優勝:2016
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム : 2012

おすすめ記事 →  バスケで一流のポイントガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  ポイントガードにおすすめバッシュ3戦とその選び方

【ゴールデンステート・ウォリアーズの注目選手:アンドリュー・ウィギンズ】

Don't forget about Andrew Wiggins, a crucial component to Warriors'  potential return to title contention - CBSSports.com

本名:アンドリュー・ウィギンス(Andrew Wiggins)

【誕生日】1995年2月23日
【出身地】カナダ
【身長】203cm
【体重】92kg
【出身校】カンザス大学
【所属】ゴールデンステート・ウォリアーズ
【背番号】22番

  • 新人王:2015
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム:2015
  • ライジング・スターズ・チャレンジMVP:2015

おすすめ記事 → 237cmのウィングスパンを持つ男ーモハメド・バンバ

おすすめ記事 → アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男ートレー・ヤング

【ゴールデンステート・ウォリアーズの注目選手:ドレイモンド・グリーン】

本名:ドレイモンド・グリーン(Draymond Green)

【誕生日】1990年3月4日
【出身地】アメリカ合衆国ミシガン州
【身長】201cm
【体重】104kg
【所属】ゴールデンステイト・ウォリアーズ
【背番号】23番
【ポジション】スモールフォワード/パワーフォワード
【受賞歴】

  • 3×NBAチャンピオン:2015, 2017, 2018
  • スティール王:2017
  • 3×NBAオールスターゲーム出場:2016-2018
  • NBA最優秀守備選手賞:2017
  • オールNBAチーム2ndチーム:2016
  • 3rdチーム:2017
  • NBAオールディフェンシブチーム4×1stチーム:2015-2017, 2021
  • 2×2ndチーム : 2018, 2019
  • Big Ten最優秀選手賞 : 2012
  • Big Tenオールファーストチーム : 2012
  • 2×Big Tenオールサードチーム : 2010, 2011
  • Big Tenオールディフェンシブチーム : 2012
  • Big Tenシックスマン賞 : 2010
  • Big TenトーナメントMVP : 2012
  • No.23 ミシガン州立大学永久欠番

おすすめ記事 →  バスケで一流のポイントガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  ポイントガードにおすすめバッシュ3戦とその選び方

【ゴールデンステート・ウォリアーズの注目選手:ジェームス・ワイズマン】

James Wiseman Injury Update - 2/1/21 | Golden State Warriors

本名:ジェームス・ワイズマン(James Wiseman)

【誕生日】2001年3月31日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】216cm
【体重】109kg
【所属】ゴールデンステート・ウォリアーズ
【ポジション】C

  • モーガン・ウッテン賞 : 2019
  • ゲータレード年間最優秀選手賞 : 2019
  • マクドナルド・オール・アメリカン : 2019
  • ジョーダン・ブランド・クラシック : 2019
  • ナイキ・フープサミット : 2019

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【ゴールデンステート・ウォリアーズの戦力分析まとめ】

いかがでしたか?

●ゴールデンステート・ウォリアーズとは?

●ゴールデンステート・ウォリアーズの今シーズン

●ゴールデンステート・ウォリアーズの注目選手

今回は、ウエスタンカンファレンス所属のゴールデンステート・ウォリアーズの今シーズン戦力分析を取り上げました。

2020-21年シーズンのゴールデンステート・ウォリアーズは個人賞獲得が目立ったシーズンになりましたが、今シーズンは黄金時代のようなチームパスバスケが再現されるのではないかと期待です。

ゴールデンステート・ウォリアーズの今シーズンに注目してみてください。

About 餅つきうさぎ 748 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*