【NBAニュース】2021-22年シーズンオールNBAチームが発表

5月24日(日本時間25日)、2021-22 Kia オールNBAチームされ、ファーストチームにはヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)、ニコラ・ヨキッチ(デンバー・ナゲッツ)、ルカ・ドンチッチ(ダラス・マーベリックス)、デビン・ブッカー(フェニックス・サンズ)とジェイソン・テイタム(ボストン・セルティックス)が選出されました。

アデトクンボが27歳、ドンチッチが23歳、ヨキッチが27歳、ブッカーが25歳、テイタムが24歳とあり、オールNBAファーストチームの全員が27歳以下となったのは、1954-55シーズン以降の67年間で初めてのこととなりました。

ファーストチーム:
F ヤニス・アデトクンボ(バックス)
G ルカ・ドンチッチ(マーベリックス)
C ニコラ・ヨキッチ(ナゲッツ)
G デビン・ブッカー(サンズ)
F ジェイソン・テイタム(セルティックス)

セカンドチーム:
C ジョエル・エンビード(76ers)
G ジャ・モラント(グリズリーズ)
F ケビン・デュラント(ネッツ)
G ステフィン・カリー(ウォリアーズ)
F デマー・デローザン(ブルズ)

サードチーム:
C カール・アンソニー・タウンズ(ウルブズ)
F レブロン・ジェームズ(レイカーズ)
G クリス・ポール(サンズ)
G トレイ・ヤング(ホークス)
F パスカル・シアカム(ラプターズ)

今シーズンの得点王に輝いたエンビードは、ここ5シーズンで4度目のオールNBAセカンドチーム選出され、今季の最優秀躍進選手賞を受賞したモラントは、初のオールNBAチーム選出となりました。デュラントは10回目、カリーは8回目、デローザンは3回目のオールNBAチーム選手となりました。

またタウンズとシアカムは2度目、ヤングは初のオールNBAチーム選出さえw、ジェームズはオールNBAチーム選出最多記録を18としています。ポールは11回目のオールNBAチーム選出で、現役選手ではジェームズに次ぐ2位となっています。

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる7つの筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

2022年オールNBAチーム

ファーストチーム

・ヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)

・デビン・ブッカー(フェニックス・サンズ)

・ニコラ・ヨキッチ(デンバー・ナゲッツ)

・ルカ・ドンチッチ(ダラス・マーベリックス)

・ジェイソン・テイタム(ボストン・セルティックス)

セカンドチーム

・ステファン・カリー(ゴールデンステート・ウォリアーズ)

。デマー・デローザン(シカゴ・ブルズ)

Bulls Acquire DeMar DeRozan | Chicago Bulls

・ケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)

Kevin Durant confirms he won't return for NBA restart | NBA.com

・ジャ・モラント(メンフィス・グリズリーズ)

・ジョエル・エンビート(フィラデルフィア・76ers)

サードチーム

・レブロン・ジェームス(ロスアンゼルス・レイカーズ)

・クリス・ポール(フェニック・スサンズ)

・カール・アンソニー・タウンズ(ミネソタ・ティンバーウルブズ)

・トレー・ヤング(アトランタ・ホーネッツ)

・パスカル・シアカム(トロント・ラプターズ)

Image result for pascal siakam

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

About 餅つきうさぎ 985 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*