【NBA選手名鑑】NBAの歴史を変えた男~ステファン・カリー~

こんにちは!

さあ!またまた今回は筆者は違いますが、NBA選手の選手名鑑を行っていきたいと思います。

 

普段の筆者と違いミーハーな今回の作者はNBAのスター選手、ステファン・カリー選手についての紹介をしていきます。

NBA好きなら、この名前を聞いたことのない人はいないでしょう。彼はそれぐらい、今のNBAの中で最も人気のある選手の1人です。

 

しかしステファン・カリーは、レブロン・ジェームズと比べ小柄な上に、ウェストブルックのような図抜けた身体能力を持っていません。

それでも、これだけの人気があるということは、小柄なプレイヤーの多い日本人にとって、見習えるポイントが非常に多いのではないでしょうか。

 

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

 

 

Contents

【ステファン・カリーのプロフィール】

【reference=https://www.slamonline.com/nba/stephen-curry-start-game-3-pelicans/】

本名:ステファン・カリー(Stephen Curry)

【誕生日】1988年3月14日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】192cm
【体重】86kg
【所属】ゴールデンステート・ウォリアーズ
【背番号】30番
【ポジション】PG

 

NBAプレイヤーである父親のデル・カリーとバレーボール選手との母との間で生まれたカリーは、父親がプロのバスケットボール選手だったこともあり、小さい時からバスケットチームを触っていた子供でした。

高校ではカンファレンス優勝などの原動力となっていたカリーだったが、身長183㎝体重が75.5㎏だった彼に対してどのメジャー大学からも奨学金オファーを受けることができずにデビットソン大学に進学しました。

しかし大学に入ると力を存分に発揮し、NCAA内では1年生の時から注目選手となりました。身長も2年生になるころには191㎝に伸び、バスケットボールU-19世界選手権のメンバーになるなど世間にも認められ始めた転換期となりました。そしてNBAには大学3年生終了後にアーリーエントリーをして、2009年にゴールデンステート・ウォリアーズから全体7位で指名を受けました。

 

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

 

 

【ステファン・カリーのプレースタイルは?3つの魅力をまとめてみた!】

ところでそんなステファン・カリー選手のプレーの魅力というのはどんな点があるのでしょうか?

ステファンカリーのプレーをもっと知りたいという方のために、筆者の私見たっぷりにプレー分析を行ってみました。

 

 

『ステファン・カリーの魅力①:シュート精度の高さ』

カリーといえば、何と言ってもシュートがとてつもなく入る選手です。

ステファン・カリーは試合中に13本もの3ポイントを沈めNBAレコードを塗り替えた選手でもあります。

 

ケビン・デュラントがまだチームメイトではなかった頃、ツイッター上でカリーのことを「彼が歴代最高のシューターだ」と、絶賛しています。

他にも、スティーブ・ナッシュが「彼が、これまでで最高のシューターだよ」と述べています。

 

多くのNBA選手から絶賛されるほどのシュート力を誇るカリーは、試合中でも、他の選手よりはるかに多くのスリーポイントを打っています。

それほど、カリーのシュート力に対するチームの信頼は厚いということですね。

カリーのシュートからは、間違いなく学ぶべきことがたくさんあると言えます。

 

おすすめ記事 → 237cmのウィングスパンを持つ男ーモハメド・バンバ

おすすめ記事 → アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男ートレー・ヤング

 

 

『ステファン・カリーの魅力②:ドリブル力』

次にカリーの特徴を挙げるとすれば、彼のハンドリング力です。

 

ドリブル1つとっても、細かいドリブルをつくのが非常に上手なんですよね。

そのボールさばきの上手さがあるから、飛び抜けた身体能力を使わずとも、ディフェンスの間をくぐり抜けてシュートまでもっていけるのです。

いきなりカリーのような巧みなドリブルをつくのは難しいかもしれませんが、彼の動きを1つずつ丁寧に観察して、真似できそうな動きから実際のゲームで試してみると、いいかもしれませんね。

 

おすすめ記事 → まさに”黄金世代”⁉︎⁉︎殿堂入り選手を多数輩出した1984年NBAドラフト

おすすめ記事 → 近代NBAの先駆者! 07-08ボストン・セルティックス!!

 

 

『ステファン・カリーの魅力③:ボールをもらう前の動き』

あまりハイライトでは映されていませんが、カリーはボールをもらう前の動きがとても上手です。

どう上手かというと、ボールをもらう前に必ずディフェンスをズラすような動きをしているからです。

 

止まったままの状態でボールをもらうということは、ディフェンスが真正面に立っていることになります。

そうすると、そのディフェンスをどっちかにズラさないと、シュートやドリブルはできません。

そのズラす動きを、ボールを持っている状態でするとなると、少しシュートまでいく難易度が上がります。

 

しかし、ボールをもらう前にディフェンスをズラせば、すでに有利な状態で攻めることができます。

カリーは、ボールを持っていない時に、シュートを打ちやすい状態を作っているのです。

ぜひ、カリーの試合をみて、どうディフェンスをズラしているのかを観察してみてください。

 

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ヨーロッパが生んだ大型ポイントガード~ルカ・ドンチッチ~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】怪我を乗り越え、才能を開花できるか~マイケル・ポーター・Jr~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】驚異のスコアリングポイントガード~コリン・セクストン~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】秀才さと機動力を活かせるビックマン~ウェンデル・カーター・Jr~

 

 

【ステファンカリーの試合をテレビで観戦したい方へ!】

ステファンカリーのプレーは、目を見張るものがありますね。

テレビでもっと観戦したい!という方は、ぜひ「WOWOW」に加入されることをお勧めします( ´ ▽ ` )ノ

というのも、BSのNHKでは、NBAの試合が1週間に2本しか配信されないため、中々自分の好きなチームを観戦することができません。

それに対し、WOWOWはNBAの試合を週に5本放映してくれるため、自分の好きなチームの試合も頻繁に流してくれます。

しかも、パソコン・スマホ・タブレットでもWOWOWを視聴することができるので、NBA好きの方にとってはかなり便利なテレビサービスです!

気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

【NBA界の最高峰ステファンカリー、心に響く名言集5選!】

さてさて、これまでステファンカリーの素晴らしいプレーを分析してきましたね。

ここからは、ステファンカリーの心に響く名言をご紹介していきたいと思います。

「最近なんだか調子が悪いな・・・。」
「どれだけ頑張っても上手くいかないんじゃないか・・・。」

そんなふと暗い気持ちになった人に、ぜひ読んでほしいです。

 

 

『ステファンカリーの名言1:人生観』

Be the best version of yourself in anything you do. You don’t have to live anybody else’s story.
『何をするにしろ自分がなれるベストな自分になること。誰かの人生を生きる必要はない。』

【reference=http://howdoispk.com/blog/stephencurry-quotes】

おそらくステファンカリーは、人気が高かったり、他の人からたくさん期待されたのでしょう。

その期待や応援が、時としてプレッシャーにも感じていたはずです。

だからこそ、自分を見失わず、なれるベストの自分になるしかないんだという哲学が彼を支えてきたのでしょう。

 

 

『ステファンカリーの名言2:家族』

There’s more to life than basket ball. The most important thing is your family and taking care of each other and loving cach other no matter what.
『バスケットボール以上に大切な物が有る。一番大切なのは家族で、何があっても互いに支え合い、愛し合うことだ。』

【reference=http://howdoispk.com/blog/stephencurry-quotes】

人生は仕事だけではありません。

家族は、全ての生活の土台となる場所です。

生活の土台が崩れてしまったら感情に欠乏感が生まれ、仕事にも歪んだ気持ちで取り組むことになってしまいます。

きっとステファンカリーは、ワークライフバランスの大切さをわかっているからこそ、家族を1番大事にしようと心に決めているのでしょう。

 

 

『ステファンカリーの名言3:バスケに対する考え方』

I want to practice to tha point where it’s almost uncomfortable how fast you shoot, so that in the game things king of slow down.
『クイックシュートを打つのが嫌になるぐらい練習したい、そうすれば試合では普通のスピードで打てる。』

【reference=http://howdoispk.com/blog/stephencurry-quotes】

ステファン・カリーは、シュートモーションのスピードが異常なまでに早いです。

だから相手が必死にディフェンスをしても、それをあざ笑うかのようにステファンカリーはクイックリリースであっさりとシュートを決めているように見えます。

しかしその裏では、血の滲むような努力を積み重ねているのでしょう。

ステファンカリーが見えないところで努力を積み重ねているという背景が、この名言から伺えますね。

 

 

『ステファンカリーの名言4:成功の哲学』

Success comes after you conquer your biggest obstacles and hurdles.
『あなたにとって最も大きな障害を乗り越えた時、成功はやってくるんだ。』

【reference=http://howdoispk.com/blog/stephencurry-quotes】

まさにNBAのチャンピオンシップ、そしてMVP賞も手にした男だから分かる名言でしょう。

目の前の障害を乗り越えることは容易ではありません。

しかし、その障害を乗り越えた先にこそ成功はあるのだと考えたら、もう少し頑張って見ようと思えてきますね。

 

 

『ステファンカリーの名言5:プレッシャーに打ち勝つ考え方』

I’ve Never been afraid of big moments. I get butterflies… I get nervous and anxious, but I think those are all good signs that I’m ready for the moment.
『僕は大事な場面を恐れたことはないよ。あがることもあるし、ナーバスにも、不安にもなる。けどそれは「準備万端である」という良いサインだって考えてるよ。』

【reference=http://howdoispk.com/blog/stephencurry-quotes】

人は誰にだって大事な場面になると、怖くなったり、不安になったり、緊張したりします。

そんな気持ちになるとネガティブな考え方が先行し、「やっぱりダメかもしれない・・・。」という気持ちが先行してしまいます。

しかしステファンカリーは、大事な場面ほど逆に捉えることを選択しています。

不安や緊張が、全て「準備万端である」と考えることによって、大事な場面にも積極的に立ち向かえるように、自分を奮い立たせているのです。

 

この考え方は、正しいか、正しくないか、という事実が重要ではありません。

別に大事な場面になった時に緊張することが、「準備不足である」という根拠には決してなり得ません。

ただネガティブな考え方を、自分で採用しているだけなのです。

つまり、起こってしまう感情や気持ちに対して、「どう捉えるか」という問題なのです。

 

ステファン・カリーは、大事な場面でも積極的にシュートを狙っていく自分になるために、緊張や不安に襲われそうになった時に「準備万端であるサインだ」と意味付けしたのかもしれませんね。

 

 

【ステファンカリーの気になる年棒は?】

さてさて、ここまでで、ステファンカリーの名言集について特集しました。

名言が多くの注目を集めるほどの人気を誇るステファンカリーですが、そんな彼の年棒も相当の額なのでは?

ということで、ステファンカリーのリアルな年棒の額を見ていきましょう( ´ ▽ ` )ノ

 

 

『2018年のステファンカリーの年棒は3746万ドル!』

なんと、現在のステファンカリーの1年あたりの年棒は「3746万ドル」になります。

日本円に計算すると、なんと“41億6944万円”(7/24現在のレートによる計算)にもなる計算です。

 

どんだけもらってんだ!さすがNBA最高峰の選手や!

 

 

『年棒総額2億ドルはNBA史上初の記録』

ちなみにステファンカリーは2017年に、5年総額で2億1000万ドルで契約更新に同意しています。

年棒総額が2億ドルを突破したのは、NBA史上初となる記録です。

 

やはりステファンカリーは、現代のNBA界を代表する選手なんですな。

 

 

『レブロンジェームズ がステファンカリーの適正年棒は90億円だと発言!その理由は?』

ちなみにステファンカリーの年棒に対し、レブロンジェームズは「ステファンカリーの適正年棒は8000万ドルだ」と発言しました。

年棒が8000万ドルということは、日本円に換算すると約90億円となります。

レブロンジェームズのステファンカリーの年棒に対する発言が生まれた発端となったのは、アメリカの新聞“サンフランシスコ・クロニクル”に、以下の内容が記載されていたことでした。

「ステフィン・カリーはどれぐらいの価値を持つのか? レイコブは2010年にウォリアーズを4億5000万ドル(約510億円)で買収した。今では26億ドル(約2940億円)の価値がある」

【reference=https://the-ans.jp/news/5932/】

つまりステファンカリーがアメリカにもたらす経済効果は、とてつもなく大きいということなのです。

その結果、ゴールデンステイト・ウォリアーズは以下のような経済効果がもたらされたようです。

ベンチャー・キャピタリストでウォリアーズの筆頭株主、ジョー・レイコブ氏が10年に球団買収した4億5000万ドルの半分に当たる2億100万ドルという総年俸を手にする格好になったカリー。半面、スポーツビジネスの拡大で、7年前の相場と現状の価格はかけ離れ、クラブの資産価値は7年間で5倍以上に膨れ上がっているという。

【reference=https://the-ans.jp/news/5932/】

こういったスポーツ経済の背景から、NBA選手がもっと年棒をもらってもいいのではないかという問いを投げかけるために、レブロンジェームズはステファンカリーの適正年棒を述べたようです。

 

 

【ステファンカリーの妻、アイーシャカリーが美人すぎると話題に!?】

先日、ステファンカリーに待望の男の子が誕生し他のは、まだ耳に新しい話ですね。

今幸せな家庭を築いているステファンカリーには、美人すぎると話題の妻がいます。

 

 

『ステファンカリーの嫁、アイーシャ・カリーについて』

I told him the lighting was perfect so we had to take a selfie. Peep the bobble head.

Ayesha Curryさん(@ayeshacurry)がシェアした投稿 –

アイーシャ・カリーはもともとモデル兼女優さんだったそうです。そりゃどうりで美人なわけだ!

現在アイーシャカリーは「LIttle Lights of Mine」というYouTubeチャンネルを運営しており、なんとフォロワーは54万人にも昇ります。

Instagramもフォロワーが590万人と、非常に強い人気を誇っております。

 

 

『ステファンカリーとアイーシャカリーの運命的な出会い』

ステファンカリーとアイーシャカリーは、運命的な出会いがあり、結婚をしました。

なんともともとステファンカリーとアイーシャカリーは、中学生の頃に教会で出会っていたそうです。

高校時代まではデートはしたことがなかったそうです。

しかし、大学生になってステファンカリーと、のちの嫁となるアイーシャカリーがばったりと出会ったそうです。

その時からステファンカリーは運命を感じていたようで、迷いなくゴールデンステイト・ウォリアーズと選手契約を結ぶことを決断したそうです。

 

 

【ステファン・カリーの記録】

年棒もNBA史上初の記録を作り、素敵な奥さんにも巡り会えたステファンカリー。

そんなステファンカリーは今まで、一体どのような記録を残してきたのでしょうか?

 

 

『ステファンカリーの受賞歴』

まずは受賞歴から見ていきましょう。

  • NBAチャンピオン 2015,2017. 2018
  • NBA得点王 2016
  • NBAスティール王 2016
  • オールNBAチーム2ndチーム 2014, 2017
  • オールNBAチーム1stチーム 2015, 2016
  • NBAオールスターゲーム出場 2014-2018
  • NBAスリーポイント・シュートアウト優勝 2015
  • NBAスキルチャレンジ優勝 2011
  • NBAオールルーキーチーム1stチーム 2010
  • フリースロー成功率1位 2011, 2015, 2016, 2018
  • MVP: 2015,2016

 

 

『ステファンカリーのNBA記録』

続いて、NBAプレイヤーとして今まで残してきた記録も見ていきましょう。

  • シーズン3P成功数:402(2015-2016シーズン)
  • 連続試合3P成功:157(2014年11月13日 – 2016年11月3日)
  • 1試合3P成功数:13(2016年11月7日)
  • 1試合オーバータイム得点:17(2016年5月9日)
  • プレーオフ連続試合3P成功:58(2013年4月20日 – )※継続中
  • 1シーズンプレーオフ3P成功数:98(2015年)※クレイ・トンプソンとタイ記録

 

 

『記録からも分かるステファンカリーの凄さについて』

記録を見ていただいてわかるように、ステファン・カリーといえばNBAのプレースタイルを変えたといっても過言ではない、シュートの神様です。

以前はビックマンや、オールラウンダーなど力でゴリゴリと相手をねじ伏せるのがNBAの主流でした。そんな中192㎝とNBAの中でも小柄なステファン・カリーが3ポイントを量産し注目されることで、NBA内でも力業よりもシュートでスマート得点を重ねるという方法が確立していきました。

今では身長が大きい選手もPGをしたり、3ポイントを打ったりとサイズはあまり関係なくなってきました。この風潮を作ったのも間違いなくステファン・カリーのシュートが大きな影響を与えていると思います。

実際に2015年2016年シーズンを終えた段階で、得点王、スティール王、402本の3ポイントシュート、史上初の50-40-90クラブと得点王の同時達成FG50%-3pt40%-FT90%以上)(50-40-90クラブ達成者としては史上7人目)、73勝などと記録尽くしのシーズンとなりました。その結果カリーはNBAのMVP投票ですべての1位票を集め、NBA史上初の満票でのMVPに輝き、ポイントガードとしてはスティーブ・ナッシュ以来となる2年連続MVPとなりました。

2017-2018年シーズン内の2017年12月4日に行われたペリカンズ戦で通算3ポイント成功本数2000本を達成しました。同年に行われたNBAオールスターではファン投票でウェスタン・カンファレンス最多となる237万9494票を獲得し、カリーはチーム史上初となる5年連続でのオールスター出場となりました。また今年からルールが変わったオールスター戦で、カンファレンス最多得票を獲得したカリーは、チームキャプテンとなり、オールスタードラフトを行いました。

同年のプレイオフでもチームを引っ張る活躍をし、2018シーズンのNBAチャンピオンとなりました。

 

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

 

 

【ステファン・カリーまとめ】

いかがでしたでしょうか?

 

色々ステファン・カリーについて調べていくと動画だけではわからない内容が多かったりと、筆者自身も勉強することが多かった選手でした。今後もミーハーな選手を中心に「餅つきうさぎ」はご紹介していくので、よろしくお願いいたします。

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 265 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*