【HOOPS SPORTS 2021-2022】Bリーグダイジェスト第4Q

HOOPS JAPANのモンキーです。
今シーズンより、Bリーグのダイジェストを取り上げていきたいと思います。

その前に、これまでは「ハリネズミ」という名前で活動していましたが、今後は「モンキー」に改名したいと思います。
引き続きよろしくお願いしますm(__)m

Bリーグに加えて、NBAも開幕しましたね!皆さんはどこが優勝すると思いますか?
できればNBAのダイジェストもお送りできればと考えています。
オススメのチームなどがあればコメントくださいm(__)m

そんなこんなで本題です。今回は第4節ですね。
第4節に行われた試合のダイジェスト(注目カード)をモンキーの個人的な主観になってしまいますが取り上げていきたいと思います。
「この試合のココが良かった!」などの他の意見がありましたらコメントをいただけると幸いですm(__)m
コメントはSNSなどでも受け付けています!

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

↓Bリーグの試合を観戦したい方は↓
↓↓↓今すぐ下の画像をクリック!↓↓↓

【Bリーグー順位表ー】

Bリーグ東地区

Bリーグ西地区

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【Bリーグ東地区ー第4節注目カードー】

ここでは、Bリーグの第4節に行われた試合の気になった試合をピックアップしてみたいと思います。
5つほど取り上げられればと思っています。他にもこの試合はどうでしたか?と言うのがあればコメントいただきますと幸いですm(__)m

第4節注目カード①:千葉ジェッツvsアルバルク東京

千葉ジェッツ 65-72 アルバルク東京
千葉ジェッツ 88-71 アルバルク東京

千葉ジェッツvsアルバルク東京が行われた第4節。千葉ジェッツのホームコートでアルバルク東京を迎え入れる形となっています。
昨シーズンの優勝チームでもある千葉ジェッツが、今シーズン大型補強を実施したアルバルク東京と初めて顔合わせとなりましたね。結果的には第4節は1勝1敗という結果に終わりました。

昨シーズン、千葉ジェッツの優勝に貢献し、ファイナルMVPにも輝いているセバスチャンサイズ選手が千葉ジェッツのホームコートに凱旋しての試合となっています。
アルバルク東京が恐ろしいと感じているのは、昨シーズンファイナルMVPを受賞しているセバスチャンサイズ選手がシックスマンとして出場してくるところではないでしょうか。スタメンで起用されてもおかしくないところ、途中からの出場となっています。
ただ、途中出場ながらも20分以上のプレータイムをもらっており、チームハイの得点やリバウンド数をマークしている活躍を魅せていますね。
今後も、セバスチャンサイズ選手の存在はBリーグ内でも驚異的な部分となってくることでしょう。

おすすめ記事 → アイソレーションとは何か?バスケ用語解説!

おすすめ記事 → バスケのレイアップ10種類まとめ!これで得点力が劇的アップ!

第4節注目カード②:サンロッカーズ渋谷vs宇都宮ブレックス

サンロッカーズ渋谷 76-63 宇都宮ブレックス
サンロッカーズ渋谷 74-96 宇都宮ブレックス

サンロッカーズ渋谷のホームコートで行われた第4節。対戦相手は宇都宮ブレックスでした。
サンロッカーズ渋谷と宇都宮ブレックスは、毎シーズンプレーオフ進出争いを行うほどの実力のあるチームとなっていますね。
宇都宮ブレックスは、主力として活躍していたライアンロシター選手が抜けてはしまいましたが、外国籍選手の補強や安定した活躍を魅せる日本人選手が残留していますので、その強さは健在といったところですね。
最終的には第4節は1勝1敗という結果に終わっています。

第4節においてサンロッカーズ渋谷の勝利に貢献したのが新加入の高橋耕陽選手ではないでしょうか。途中出場ながらも20得点の活躍を魅せました。20得点はこの試合のチームハイとなるスタッツとなっています。
チームの守護神でもあるライアンケリー選手が怪我の影響で欠場が続いているサンロッカーズ渋谷。外国籍選手の活躍も必要になりますが、日本人選手の活躍というのも更に必要なものとなってくることでしょう。
#日本代表経験のあるベンドラメ礼生選手が成長中

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

第4節注目カード③:広島ドラゴンフライズvs京都ハンナリーズ

広島ドラゴンフライズ 85-70 京都ハンナリーズ
広島ドラゴンフライズ 85-77 京都ハンナリーズ

広島ドラゴンフライズのホームコートで行われた第4節。対戦相手は同じ西地区の京都ハンナリーズでした。
結果的に広島ドラゴンフライズが見事2連勝を飾り、ホーム6連勝を記録しています。
GAME2に関しては延長戦にまでもつれ込む展開となりましたが、今季の広島ドラゴンフライズは戦力アップの影響もあってか最後まで戦い抜き、勝利をものにしています。
#ここまでくると広島ドラゴンフライズから目が離せない

GAME2では、新加入の辻直人選手が21得点・4リバウンド・3アシストの活躍を魅せて勝利に貢献しています。やはりBリーグ屈指の「お祭り男」は健在です。
個人的には、青木保憲選手と船生誠也選手の活躍というのも大きな力となっていると感じています。途中から出場してもしっかりとチームのバランスを取り、各々の仕事を確実にこなしている印象です。青木保憲選手に関しては、寺嶋良選手と2ガード出場する機会も多く、青木保憲選手が司令塔の役割を担うことができれば、寺嶋良選手のドライブ含めた得点が活きてくると感じます。
今季の広島ドラゴンフライズの快進撃はまだまだ続いてくることでしょう!

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

おすすめ記事 → バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

第4節注目カード④:大阪エヴェッサvs信州ブレイブウォリアーズ

大阪エヴェッサ 82-85 信州ブレイブウォリアーズ
大阪エヴェッサ 79-95 信州ブレイブウォリアーズ

大阪エヴェッサvs信州ブレイブウォリアーズの対戦が行われた第4節。
信州ブレイブウォリアーズが敵地にて2連勝を飾る結果となりました。信州ブレイブウォリアーズは、新加入の若手3選手(熊谷航選手・前田怜緒選手・岡田侑大選手)の活躍が目立ち勝利に貢献しています。
岡田侑大選手に関しては、ここまでの第4節を終えた時点で1試合平均17.6得点を記録しています。新時代のオフェンスマシーンが新たなるチームでその才能を開花させてきていますね。

大阪エヴェッサは痛手となる2連敗だったと感じます。しかし、まだシーズンは始まったばかりなのでこれから巻き返しも十分可能となってくることでしょう。
大阪エヴェッサと言えば、DJニュービル選手。GAME1では29得点の活躍を魅せています。アイラブラウン選手などの帰化選手も多く在籍していますので、今後に期待ですね。

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

第4節注目カード⑤:富山グラウジーズvs琉球ゴールデンキングス

富山グラウジーズ 88-95 琉球ゴールデンキングス
富山グラウジーズ 80-83 琉球ゴールデンキングス

富山グラウジーズがホームにて琉球ゴールデンキングスを迎え入れて行われた第4節。
結果としては琉球ゴールデンキングスが2連勝を飾りました。2戦ともに非常に僅差の試合ではありましたが、琉球ゴールデンキングスが2戦とも勝ち切ったという形になっていますね。
この結果で富山グラウジーズは開幕8連敗という大きな痛手となってしまいました。

2連勝を飾った琉球ゴールデンキングスは、ガード陣の3Pシュートが冴えわたった試合となっている印象です。岸本隆一選手に関しても言わずもがなの成功本数。
途中出場で活躍を魅せていたのが牧隼利選手です。GAME2では3本の3Pを含む15得点の活躍を魅せて勝利に貢献しています。15得点はこの試合のチームハイでもあります。

↓Bリーグの試合を観戦したい方は↓
↓↓↓今すぐ下の画像をクリック!↓↓↓

About モンキー 801 Articles
バスケットボール1つで世界中の人と繋がっていきたいと考えています。 繋がるという意味を込めてサブタイトルは、「猿結(えんむすび」です。多くのバスケ好きが集まるようなサイトを運営していきたいです。 気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングが趣味です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*