【HOOPS SPORTS 2021-2022】Bリーグダイジェスト第5Q

HOOPS JAPANのモンキーです。
今シーズンより、Bリーグのダイジェストを取り上げていきたいと思います。

久しぶりのダイジェスト記事を掲載していきます。FIBAワールドカップの日本代表招集もありBリーグの試合も久しぶりとなりました。
Bリーグオールスターゲームの詳細も発表されて楽しみが増えてきました!
#ダイジェスト記事書けてなくてすいません
#オールスターゲームの記事も更新します

そんなこんなで本題です。今回は第9節ですね。
第9節に行われた試合のダイジェスト(注目カード)をモンキーの個人的な主観になってしまいますが取り上げていきたいと思います。
「この試合のココが良かった!」などの他の意見がありましたらコメントをいただけると幸いですm(__)m
コメントはSNSなどでも受け付けています!

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

↓Bリーグの試合を観戦したい方は↓
↓↓↓今すぐ下の画像をクリック!↓↓↓

【Bリーグー順位表ー】

Bリーグ東地区

Bリーグ西地区

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【Bリーグー第9節注目カードー】

ここでは、Bリーグの第9節に行われた試合の気になった試合をピックアップしてみたいと思います。
5つほど取り上げられればと思っています。他にもこの試合はどうでしたか?と言うのがあればコメントいただきますと幸いですm(__)m

第9節注目カード①:京都ハンナリーズvs群馬クレインサンダーズ

京都ハンナリーズ 76-97 群馬クレインサンダーズ
京都ハンナリーズ 86-94 群馬クレインサンダーズ

京都ハンナリーズvs群馬クレインサンダーズの一戦が行われた第9節。群馬クレインサンダーズが強さを見せつけて2連勝を飾りました。群馬クレインサンダーズに関してはB1昇格してから徐々に勝率を挙げてきています。やはり、昨年のB2での強さが残った状態で良い補強にも成功しているのが大きな要因と言えるのではないでしょうか。

現在、主力ポイントガードの五十嵐圭選手が怪我の影響で出場ができていない状況でありますが、若手で2番手ポイントガードでもあった笠井康平選手が五十嵐圭選手に引けを取らない活躍を魅せています。トレイジョーンズ選手やマイケルパーカー選手の安定感はもちろんですが、今回の第9節で活躍が目立ったのはアキチェンバース選手。GAME2では25得点・4リバウンドの活躍でチームを牽引しています。先日行われた日本代表戦においてもアキチェンバース選手は招集されて活躍していましたね。

今後も帰化選手などの活躍で十分上位に進出する能力を秘めているチームと言えるのではないでしょうか。

おすすめ記事 → アイソレーションとは何か?バスケ用語解説!

おすすめ記事 → バスケのレイアップ10種類まとめ!これで得点力が劇的アップ!

第9節注目カード②:千葉ジェッツvs茨城ロボッツ

千葉ジェッツ 83-77 茨城ロボッツ
千葉ジェッツ 111-103 茨城ロボッツ

千葉ジェッツのホームコートで行われた第9節の2連戦。千葉ジェッツが昨年優勝の強さを見せつけて2連勝を飾っています。試合内容的には2戦とも10点差圏内の接戦の試合内容となっています。

最近の試合では得点面に不調なのが見られていた富樫勇樹選手ですが、GAME2において19得点・12アシストのダブルダブルを記録しています。3Pシュートがなかなか高い成功率が残せないものの、持ち前のドライブなどからフローターやミドルレンジのジャンプシュートなどを沈めていきました。

また、GAME2では新加入の外国籍選手でもあるジョンムーニー選手が27得点・12リバウンドの活躍を魅せていました。しかも、この試合はFG%が100%。放ったシュート全てがリングに吸い込まれる結果となっています。今後もジョンムーニー選手の活躍というのはチームにとって大きな要因となってきますね。

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

第9節注目カード③:レバンガ北海道vs横浜ビー・コルセアーズ

レバンガ北海道 74-69 横浜ビー・コルセアーズ
レバンガ北海道 75-72 横浜ビー・コルセアーズ

レバンガ北海道のホームで行われた第9節。対戦相手は横浜ビー・コルセアーズ。同じ東地区の対戦となっています。
スタッツをのみを見てもわかりますが、非常に接戦の試合結果となりました。ただ、その接戦となった2戦を連勝で終えたのがレバンガ北海道となりました。この2連勝はチームにとっても大きな力となってくるのではないでしょうか。

GAME2ではチームのキャプテンを務めている橋本竜馬選手が3P4本と含む21得点の活躍を魅せてチームの勝利に貢献しています。橋本竜馬選手は日本代表経験も持っているポイントガードで、大舞台での経験や重要な局面で試合状況を瞬時に判断できる能力を持っています。佐古賢一HCとも上手く連携を取ってチームを牽引してくれる存在となってきますね。

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

おすすめ記事 → バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

第9節注目カード④:信州ブレイブウォリアーズvs宇都宮ブレックス

信州ブレイブウォリアーズ 63-72 宇都宮ブレックス
信州ブレイブウォリアーズ 61-83 宇都宮ブレックス

信州ブレイブウォリアーズvs宇都宮ブレックスの対戦が行われた第4節。
宇都宮ブレックスが敵地で2連勝を飾る結果となりました。宇都宮ブレックスは得点源にもなる比江島慎選手の活躍が目立った試合となりました。GAME1では3本の3Pシュートを含む19得点のスタッツを残しています。

対する信州ブレイブウォリアーズは連敗になってしまいましたが、日本代表に招集された岡田侑大選手の活躍が目立ちました。GAME1では15得点、GAME2では22得点と2試合ともチームハイのスタッツと残しています。完全に信州ブレイブウォリアーズのエースプレイヤーへとなってきいますね。
今後も岡田侑大選手が試合の勝敗のカギを握ってくると考えられますので、岡田侑大選手は要チェックですね。

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

第9節注目カード⑤:アルバルク東京vs川崎ブレイブサンダース

アルバルク東京 66-85 川崎ブレイブサンダース
アルバルク東京 96-90 川崎ブレイブサンダース

アルバルク東京のホームコートで行われた第9節。古豪同士の2連戦となり、最終的に1勝1敗という結果となりました。GAME1では川崎ブレイブサンダースが完全に試合の主導権を握り、一時は30点近い点差をつける得点をみせて勝利しています。日本代表に招集されていた藤井祐眞選手と帰化選手のニックファジーカス選手が18得点の活躍も魅せていました。

続くGAME2はアルバルク東京が前日の修正を行って僅差ではありましたが、勝利を手にしています。
アルバルク東京は、5選手が2桁得点を記録。新加入のジョーダンテイラー選手が20得点、セバスチャンサイズ選手が18得点、帰化選手でもあるライアンロシター選手が18得点というスタッツとなりました。
また、日本代表経験も持っている田中大貴選手も16得点の活躍を魅せています。

↓Bリーグの試合を観戦したい方は↓
↓↓↓今すぐ下の画像をクリック!↓↓↓

About モンキー 825 Articles
バスケットボール1つで世界中の人と繋がっていきたいと考えています。 繋がるという意味を込めてサブタイトルは、「猿結(えんむすび」です。多くのバスケ好きが集まるようなサイトを運営していきたいです。 気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングが趣味です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*