【NBAニュース】2020年までのNBAプレーオフスリーポイントランキング

2019-20年シーズンはロスアンゼルス・レイカーズが通算17度目の優勝を飾り、NBAチーム最多タイとなりました。今期のプレイオフでも多くのドラマが生まれ、見応えのあるプレイオフでしたね。

以前は歴代のプレイオフでの通算得点の多い現役と通算得点選手(引退した選手も含む)をランキングを紹介しましたが、今回はプレーオフ通算3ポイント成功数ランキングを、現役部門と通算部門(引退選手含む)でご紹介します。

■NBAプレーオフ通算スリーポイント成功数 トップ10

1位:ステフィン・カリー/470本
2位:レブロン・ジェームズ/414本
3位:レイ・アレン/385本
4位:クレイ・トンプソン/374本
5位:マヌ・ジノビリ/324本
6位:レジー・ミラー/320本
7位:ジェームズ・ハーデン/317本
8位:ケビン・デュラント/304本
9位:JR・スミス/294本
10位:コービー・ブライアント/292本

プレイオフ通算ポイントでは現役選手でトップ10入りをしているのは、レブロン・ジェームスとケビン・デュラントのみとなっていたとのは真逆で、現役のNBA選手が多く名を連ねる形となりました。これは今のバスケのスタイルがスリーポイントが多用される近年の傾向が反映されている結果であり、スリーポイント成功数では新しいレジェンドが生まれる可能性は十分にあります。

■NBAプレーオフ通算スリーポイント成功数 現役選手トップ10
※()内は引退選手を含めた場合の順位

1位(1位):ステフィン・カリー/470本
2位(2位):レブロン・ジェームズ/414本
3位(4位):クレイ・トンプソン/374本
4位(7位):ジェームズ・ハーデン/317本
5位(8位):ケビン・デュラント/304本
6位(9位):JR・スミス/294本
7位(13位):ダニー・グリーン/269本
8位(16位):カイル・コーバー/254本
9位(19位):ポール・ジョージ/207本
10位(20位):カワイ・レナード/204本

2020-21年シーズンも開催が年内かという噂も出ているので、来期も楽しみですね!

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 599 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*