【2021−22年NBA戦力分析】デトロイト・ピストンズ

NBAの2021-2022年シーズンが2021年10月19日(日本時間20日)に開幕します。2020‐21年シーズンは新型コロナウィルス蔓延によりイレギュラースケジュールとなりましたが、今シーズンは昨シーズン同様にプレイイン・トーナメントを引き継ぎながら4月中旬までレギュラーシーズンを戦います。

2021‐22年シーズンはFA解禁前後にトレードが各チーム行われ、チームの勢力図が大きく変動しました。そこで今回は各チームの戦力分析をお送りしていこうと思います。

今回ご紹介するチームは・・・デトロイト・ピストンズです。

2020-21年シーズンのデトロイト・ピストンズはチームの解体が進む中でイースタンカンファレンス15位の最下位でプレイオフ進出を逃しました。

2021-2022年シーズンのデトロイト・ピストンズはドラフト1位のケイド・カニングハムを新たにチームに加え、エースへと進化したジェラミ・グラントと共にNBAプレイオフ進出を目指します。

そんなデトロイト・ピストンズの2021-22年シーズンの戦力分析を注目選手と共に掲載していきます。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【デトロイト・ピストンズ】

【reference=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%94%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B3%E3%82%BA】

まずはデトロイト・ピストンズのチームプロフィールです。

チーム名:デトロイト・ピストンズ

【創設】1941年
【本拠地】ミシガン州デトロイト
【所属】イースタン・カンファレンス
【チームカラー】赤・青・白

ミシガン州デトロイトを本拠地として活動しているデトロイト・ピストンズ。

チーム名の「Piston」は、自動車産業が盛んな都市でのチーム設立のため名付けられています。

NBAのチーム内では、最古の歴史を持っているチームとなっているのも特徴の1つです。

デトロイト・ピストンズ2020-2021シーズン

【成績】プレーオフ未進出
【勝率】20勝52敗
【順位】イースタン・カンファレンス 15位

2020-21年シーズンのデトロイト・ピストンズはシーズンを通して20勝しかできなく、イースタンカンファレンス最下位の成績で2年連続でプレイオフ進出を逃しました。

理由としてはチーム内の大解体が去年のアンドレ・ドラモンドの放出に続き行われたからで、デリック・ローズがニューヨーク・ニックスへ、そしてブレイク・グリフィンがブルックリン・ネッツに移籍し完全に再建モードへと突入しています。

2021-2022NBAシーズンの戦いに向けて、どのような戦力補強を行ったのでしょうか?

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】マイケル・ジョーダンの後継者~コービー・ブライアン~

おすすめ記事 →  【動画】最もバスケの神に近づいた男、コービー・ブライアントのハイライト動画集

【デトロイト・ピストンズの今シーズン】

What success looks like for each member of the Detroit Pistons - Detroit  Bad Boys

2021-22年のデトロイト・ピストンズの注目は、2021年のNBAドラフト1位で身長201cm、体重100kgとウイングのサイズを持ちながらも、ボールハンドリング、プレイメイクに優れているケイド・カニングハムがいかにチームに勢いを持たせて、ジェラミ・グラントがチームに爆発力を持たせれるかが重要な要素となってきそうです。

また昨年ドラフト全体7位指名でケガも多くそこまで出場機会が少なかったものの、チーム最多となる平均5.3アシストを記録したキリアン・ヘイズも在籍しており、この若手ガード2人がいかに機能するのかが期待されています。

今後のデトロイト・ピストンズの2021-2022年シーズンに注目です。

おすすめ記事 →  まさに伝説!?シャキール・オニールの凄すぎる逸話まとめ

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】バスケのルールを変えた最強センター~シャキール・オニール~

【デトロイト・ピストンズの注目選手】

【デトロイト・ピストンズの注目選手:ジェラミ・グラント】

Jerami Grant drops career-high 31 points in Pistons' loss to Bucks -  syracuse.com

本名:ジェラミ・グラント(Jerami Grant)

【誕生日】1994年3月12日
【出身地】アメリカ
【身長】203cm
【体重】95kg
【所属】デトロイト・ピストンズ
【背番号】9番
【ポジション】SF/ PF

【デトロイト・ピストンズの注目選手:ケイド・カニングハム】

Four reasons to pay attention to Pistons in 2021-22 season: The Cade  Cunningham era begins - CBSSports.com

本名:ケイド・カニングハム(Cade Cunningham)

【誕生日】2001年9月25日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】203cm
【体重】100kg
【所属】デトロイト・ピストンズ
【ポジション】ポイントガード

【デトロイト・ピストンズの注目選手:キリアン・ヘイズ】

Pistons Mailbag - September 22, 2021 | Detroit Pistons

本名:キリアン・ヘイズ(Killian Hayes)

【誕生日】2001年7月27日
【出身地】フランス
【身長】196cm
【体重】98kg
【所属】デトロイト・ピストンズ
【背番号】7番
【ポジション】ポイントガード/シューティングガード

おすすめ記事 →  バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  NBA最強のシューティングガード5選まとめ【ハイライト動画付】

【デトロイト・ピストンズの戦力分析まとめ】

いかがでしたか?

●デトロイト・ピストンズとは?

●デトロイト・ピストンズの今シーズン

●デトロイト・ピストンズの注目選手

今回は、イースタンカンファレンス所属のデトロイト・ピストンズの今シーズン戦力分析を取り上げました。

2021-22年シーズンのデトロイト・ピストンズはドラフト1位のケイド・カニングハムが新たにチームに入り、ロールプレイヤーからチームのエースへと進化したジェラミ・グラントと共にチームを盛り上げます。

デトロイト・ピストンズの今シーズンに注目してみてください。

About 餅つきうさぎ 763 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*