【2022-23年NBA戦力分析】ブルックリン・ネッツ

NBAの2022-2023年シーズンが2022年10月より開幕します。今シーズンは昨シーズン同様にプレイイン・トーナメントを引き継ぎながら4月中旬までレギュラーシーズンを戦われます。

2022‐23年シーズンはFA解禁トレードが各チーム行われ、チームの勢力図が変動しました。そこで今回は各チームの戦力分析をお送りしていこうと思います。

今回ご紹介するチームは・・・ブルックリン・ネッツです。

2021-22年シーズンのブルックリン・ネッツはジェームス・ハーデンがトレードデットライン前にフィラデルフィア・76ersに移籍しビックスリーは解体され、プレイオフではボストン・セルティックスにスイープされる屈辱を受ける結果となりました。

2022-23年シーズンのブルックリン・ネッツはケビン・デュラントとカイリー・アービングがチームに留まる形となり、さらにベン・シモンズの復帰も見込まれビックスリーの形成で挑むシーズンとなりそうです。

そんブルックリン・ネッツの2022-23年シーズンの戦力分析を注目選手と共に掲載していきます。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【ブルックリン・ネッツ】

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 壁紙(デスクトップ)-–-名称未設定のデザインのコピーのコピーのコピーのコピーのコピーのコピーのコピーのコピー-18-1024x576.jpg です

まずはブルックリン・ネッツのチームプロフィールです。

チーム名:ブルックリン・ネッツ

【創設】1967年
【本拠地】ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区
【所属】イースタン・カンファレンス
【チームカラー】黒・白

ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区を本拠地として活動しているブルックリン・ネッツ。

白と黒というシンプルなチームカラーが特徴的なチームです。

チーム名に関しては、バスケットボールのゴール(ネット)の意味を持っているんです。

ブルックリン・ネッツの2021-22年シーズン

【成績】プレーオフ進出
【勝率】44勝38敗
【順位】イースタン・カンファレンス 7位

2021-22年のブルックリン・ネッツはジェームス・ハーデン、ケビン・デュラント、カイリー・アービングのビックスリーで挑むシーズンとなりましたが、カイリー・アービングがコロナウィルスワクチン未接種の為、アウェイの試合でしか出場出来ず3人でプレイ出来た試合は数試合のみでジェームス・ハーデンがフィラデルフィア・76ersに移籍する形でビックスリーは解体となりました。

カイリー・アービングがフルタイムでプレイできない中、ケビン・デュラントもチームにいないときもありましたが、パティミルズやセスカリーが何とかチームをまとめ上げ、イースタンカンファレンス7位でプレイオフ進出を果たしました。

プレイイントーナメントではクリーブランドキャバリアーズを下し、ボストン・セルティックスとファーストラウンドで対決しましたが、スイープされシーズン終了となりました。

2022-23年NBAシーズンの戦いに向けて、どのような戦力補強を行ったのでしょうか?

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】マイケル・ジョーダンの後継者~コービー・ブライアン~

おすすめ記事 →  【動画】最もバスケの神に近づいた男、コービー・ブライアントのハイライト動画集

【ブルックリン・ネッツの今シーズン】

brooklyn nets basketball roster, great sale Save 73% available -  statehouse.gov.sl

2022-23年シーズンのブルックリン・ネッツはカイリー・アービングやケビン・デュラントがブルックリンネッツの外に出たがる形でFA戦線が始まったことでなかなか、話題に上がることが多かった状況でしたが、2人ともにチームに留まる決断となり、ベン・シモンズも復帰されることが期待されることから、再度ビックスリーを形成して挑むシーズンとなります。

またジョーハリスもケガから復帰されることが期待され、昨シーズンチームを支えたパティミルズやセスカリーも健在であることから、今度こそブルックリンネッツがNBAチャンピオンシップに出場出来るチームになったのではないかと期待できます。

今後のブルックリン・ネッツの2022-23年シーズンに注目です。

おすすめ記事 →  まさに伝説!?シャキール・オニールの凄すぎる逸話まとめ

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】バスケのルールを変えた最強センター~シャキール・オニール~

【ブルックリン・ネッツの注目選手】

【ブルックリン・ネッツ注目選手:ケビン・デュラント】

本名:ケビン・デュラント(Kevin Durant)

【誕生日】1988年9月29日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】206cm
【体重】107kg
【所属】ブルックリン・ネッツ
【背番号】35番
【ポジション】スモールフォワード
【ウィングスパン】225㎝
【足のサイズ】39㎝
【受賞歴】

  • 2×NBAチャンピオン:2017, 2018
  • 2×NBAファイナルMVP:2017, 2018
  • MVP: 2014
  • 11×NBAオールスターゲーム出場: 2010-2019, 2021
  • NBAオールスターゲームMVP : 2012, 2019
  • オールNBAチーム6×1stチーム : 2010-2014, 2018
  • 3×2ndチーム : 2016, 2017, 2019
  • 新人王 : 2008
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム:2008
  • 4×得点王: 2010-2012, 2014
  • 50-40-90クラブ : 2013
  • フリースロー成功率1位 : 2013
  • NBAルーキーチャレンジ : MVP: 2009
  • FIBAバスケットボール・ワールドカップMVP:2010
  • japanバスケットボール男子年間最優秀選手:2010, 2016
  • 第93回アカデミー賞短編映画賞『Two Distant Strangers』:2021

おすすめ記事 →  バスケで一流のポイントガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  ポイントガードにおすすめバッシュ3戦とその選び方

【ブルックリン・ネッツ注目選手:カイリー・アービング】

本名:カイリー・アービング(KYRIE IRVING)

【誕生日】1992年3月23日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】191cm
【体重】86.6kg
【所属】ブルックリン・ネッツ
【背番号】11番
【ポジション】ポイントガード
【受賞歴】

  • NBAチャンピオン : 2016
  • 7×NBAオールスターゲーム出場 : 2013-2015, 2017-2019, 2021
  • オールNBAチーム2ndチーム : 2019
  • 2×3rdチーム : 2015, 2021
  • 50-40-90クラブ : 2021
  • 新人王 : 2012
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム : 2012
  • NBAオールスターMVP : 2014
  • ライジング・スターズ・チャレンジMVP : 2012
  • NBAスリーポイント・シュートアウト優勝 : 2013
  • FIBAバスケットボール・ワールドカップMVP : 2014
  • USAバスケットボール男子年間最優秀選手 : 2014
  • パレード誌オールアメリカンファーストチーム : 2010

おすすめ記事 →  バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  NBA最強のシューティングガード5選まとめ【ハイライト動画付】

【ブルックリン・ネッツ注目選手:ベン・シモンズ】

Ben Simmons could make his Nets debut in the playoffs

本名:ベン・シモンズ(Ben Simmons)

【誕生日】1996年7月20日
【出身地】オーストラリア ビクトリア州
【身長】211cm
【体重】109kg
【所属】ブルックリン・ネッツ
【背番号】10番
【ポジション】ポイントガード/スモールフォワード

  • 3×NBAオールスターゲーム出場 : 2019-2021
  • 新人王 : 2018
  • スティール王 : 2020
  • オールNBAチーム3rdチーム : 2020
  • NBAオールディフェンシブチーム2×1stチーム:2020, 2021
  • NBAオールルーキーチーム1stチーム : 2018
  • オールアメリカンチーム1stチーム : 2016
  • オールSECチーム1stチーム : 2016
  • SEC新人王 : 2016
  • ミスター・バスケットボールUSA : 2015
  • マクドナルド・オール・アメリカン : 2015
  • ゲータレード年間最優秀選手賞 : 2015
  • ネイスミス年間最優秀選手賞 : 2015
  • モーガン・ウッテン年間最優秀選手賞 : 2015
  • パレード誌オールアメリカンチーム1stチーム : 2015

おすすめ記事 →  バスケで一流のセンターになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  センターにおすすめのバッシュ3選とその選び方

【ブルックリン・ネッツの注目選手:セス・カリー】

Former Sixers Seth Curry, Andre Drummond perform well in Nets debut

本名:セス・カリー(Seth Curry)

【誕生日】1990年5月2日
【出身地】アメリカ合衆国カリフォルニア州
【身長】188cm
【体重】84kg
【出身校】デューク大学
【所属】ブルックリン・ネッツ
【背番号】30番
【ポジション】PG/SG

  • 2× NBADリーグオールスター (2014, 2015)
  • オールNBADリーグ・ファーストチーム (2015)
  • オールNBADリーグ・サードチーム (2014)
  • NBADリーグオールルーキー・ファーストチーム (2014)
  • オールアメリカン・セカンドチーム– SN (2013)
  • オールACCファーストチーム (2013)
  • オールACCサードチーム (2012)

おすすめ記事 →  バスケで一流のポイントガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  ポイントガードにおすすめバッシュ3戦とその選び方

【ブルックリン・ネッツの注目選手:パティ・ミルズ】

Patty Mills stars in Brooklyn Nets' 131-129 NBA overtime win against  Toronto Raptors - ABC News

本名:パティ・ミルズ(Patty Mills)

【誕生日】1988年8月11日
【出身地】オーストラリア
【身長】183cm
【体重】82kg
【所属】ブルックリン・ネッツ
【背番号】8番
【ポジション】PG

  • NBAチャンピオン (2014)
  • NBAスポーツマンシップ賞 (2022)
  • ザ・ドン・アワード受賞 (2021)
  • 2× オーストラリア国際最優秀選手賞 (2008, 2010)
  • 2× オールWCCファーストチーム (2008, 2009)
  • WCCオールニューカマーチーム (2008)
  • WCCオールフレッシュマンチーム (2008)
  • No. 13 セントメリーズ大学永久欠番

おすすめ記事 →  バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  NBA最強のシューティングガード5選まとめ【ハイライト動画付】

【ブルックリン・ネッツの注目選手:ジョー・ハリス】

Image result for Joe Harris

本名:ジョー・ハリス(Joe Harris)

【誕生日】1991年9月6日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】198cm
【体重】100kg
【所属】ブルックリン・ネッツ
【背番号】12番
【ポジション】SG/SF

  • NBAスリーポイントコンテスト優勝:2019
  • スリーポイントシュート成功率1位:2019、2021

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【ブルックリン・ネッツの戦力分析まとめ】

いかがでしたか?

●ブルックリン・ネッツとは?

●ブルックリン・ネッツの今シーズン

ブルックリン・ネッツの注目選手

今回は、イースタンカンファレンス所属のブルックリン・ネッツの今シーズン戦力分析を取り上げました。

2022-23年シーズンのブルックリン・ネッツはFA戦線ではカイリー・アービングとケビン・デュラントがトレードされる可能性もありバタバタしましたが、ベン・シモンズと共にビックスリーを形成する状況となりそうです。

ブルックリン・ネッツの今シーズンに注目してみてください。

About 餅つきうさぎ 959 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*