【NBAドラフト2020|スコッティ・ルイス】驚異の身体能力を持ちわせるウィングプレイヤー

【reference=https://www.vuhoops.com/2017/10/1/16391808/2019-sf-scottie-lewis-narrows-list-down-to-12-schools】

HOOPS JAPANをご覧の皆さん、こんにちわ!

NBAドラフト2020候補選手を紹介していこうと思います。

ご紹介する選手は・・・スコッティルイスです。

学年屈指のウィングプレイヤーとしてその名を全米に轟かせているスコッティルイス。

進学先のフロリダ大学でも1年目からチームの主力として活躍することが期待されています。

そんなNBAドラフト2020候補に挙がっている、スコッティルイスを魅力と共に紹介していこうと思います。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~
おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!日本人向けバッシュ~アシックス編~

【スコッティルイスのプロフィール】

【reference=https://www.zagsblog.com/2018/06/07/2019-scottie-lewis-talks-recruitment-discusses-top-schools/】

本名:スコッティ・ルイス(Scottie Lewis)

【誕生日】2000年3月12日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】196cm
【体重】82kg
【所属】ラニースクール → フロリダ大学
【ポジション】シューティングガード/スモールフォワード

スコッティルイスは、アメリカ合衆国ニューヨーク州で育った選手です。

スコッティルイスの進学先の高校はニュージャージー州の高校で、2019年のマクドナルドオールアメリカン・ナイキフープサミットと高校三大大会の内、2つの大会に参加しており、高校時代から全米に名の知れたウィングプレイヤーでもあります。

大学進学時には、非常に高い評価を受けており、最終的にはフロリダ大学への進学を決意しました。

1年目のNCAAシーズンよりチームの主力として活躍する素質を持っているのは間違いないでしょう。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【スコッティルイスの魅力】

NBAドラフト2020において指名候補として名前が挙がっているスコッティルイス。

ここからは、スコッティルイスの魅力について紹介していきたいと思います。

【スコッティルイスの魅力①:切れ味抜群のドライブ】

【reference=https://nbnmagazine.com/nbn-magazine-spotlight-scottie-lewis/】

スコッティルイスの1つ目の魅力は、ドライブです。

ウィングプレイヤーということもあり、ゴール下まで切れ込んでのドライブに非常にクイックネスを持っているスコッティルイス。

マクドナルドオールアメリカンやナイキフープサミットにおいても、様々な高校から選りすぐりの選手たちが集まっているにも関わらず、1on1を相手に仕掛けては抜き去るというドライブを持っています。

ドライブのクイックネスには高い能力値を持っているのは間違いありませんね。

ドライブから豪快なダンクシュートも魅力のとなります。最高到達点まで到達するのが速いジャンプ力も持ち合わせているため、ディフェンス側もブロックに飛んでも間に合わない可能性もあります。

大学おいてこのドライブ技術を更に磨きをかけてNBAへ挑戦して欲しいものですね。

以上の理由から、スコッティルイスの魅力としてドライブを取り上げました。

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選
おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

【スコッティルイスの魅力②:相手を抑え込むディフェンス能力】

【reference=https://www.gatorcountry.com/florida-gators-basketball/versatility-electricity-and-the-perfect-recruiting-class/】

スコッティルイスの2つ目の魅力は、ディフェンスです。

ドライブの際にも活かされている跳躍力とクイックネス。この能力を最大限に発揮されているのがディフェンスです。

相手のドライブに合わせてクイックネスを使用してはコースをシャットアウト。レイアップやダンクシュートでゴール下まで切れ込んでくる選手には跳躍力を発揮してブロックショットなど。

ボールマンに対するディフェンスは、非常に能力値を持っていると言えるでしょう。チーム内に相手のエースプレイヤーを抑え込むことのできる選手が1人でもいると心強い部分でもありますね。

しかも、ドライブ得点ができるため、オンボールで相手ディフェンスからボールをスティールした際には、自らドリブルでシュートまで持っていく力も持ち合わせていることになります。

以上の理由から、スコッティルイスの魅力としてディフェンスを取り上げました。

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー
おすすめ記事 → バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【スコッティルイスの魅力③:爆発的な跳躍力とクイックネス】

【reference=https://www.teamspeedkills.com/sec-basketball-recruiting-news-updates-offers-commits/2018/10/3/17931174/scottie-lewis-2019-basketball-florida-gators-commits】

スコッティルイスの最後に紹介する魅力は、跳躍力とクイックネスです。

ここまでスコッティルイスの魅力としてドライブとディフェンスを紹介していました。この2つの魅力内でも挙がっている跳躍力とクイックネス。跳躍力とクイックネスに関してはスコッティルイスの最大に魅力と言えるでしょう。

ドライブから豪快なダンクシュートを決めることや相手のシュートを叩き付けるブロックショットに活かしている跳躍力。

相手を置き去りにできるドライブや相手のドライブをコースに入りシャットアウトに活かしているクイックネス。

高校時代から能力を最大限に活かしてきているスコッティルイス。今後、NCAAやNBAの舞台でも自身の持つ最大の魅力に磨きをかけて更に成長を遂げてくれることでしょう。

オフェンス・ディフェンスの両方でチームの軸としても活躍のできる潜在能力があるのは間違いありませんね。

以上の理由から、スコッティルイスの魅力として跳躍力とクイックネスを取り上げました。

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!
おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【スコッティルイスの今後】

【reference=https://bleacherreport.com/articles/2776394-5-star-sf-prospect-scottie-lewis-commits-to-florida-over-kentucky】

ここまで、スコッティルイスの魅力を紹介してきました。

高校時代より全米でも注目度の高いウィングプレイヤーでもあるスコッティルイス。

自身の最大の魅力・武器でもある跳躍力とクイックネスはNBAでも充分に通用する能力を持ち合わせています。今後、どこまで自身の武器を高めていけるのかも注目できる部分でもありますね。

もちろん、ウィングプレイヤーでもあるため、ドライブからの得点だけでなアウトサイドからの得点も持ち合わせています。まさにオールラウンドに活躍できる素質を持っていますね。

スコッティルイスは、シュートの際のフィニッシュのバリエーションが少ない選手とも言われています。しかし、身体能力は高い選手でもありますので、今後の成長次第ではこの短所を克服してくれることでしょう。

NBAドラフト2020では、トップ10で名前を呼ばれる可能性もあると言われています。

NBAドラフト2020のをスコッティルイスをチェックしてみてください。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ジョーダン編~
おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【スコッティルイスのまとめ】

いかがでしたか?

●スコッティルイスのプロフィール

●スコッティルイスの魅力①:切れ味抜群のドライブ

●スコッティルイスの魅力②:相手を抑え込むディフェンス能力

●スコッティルイスの魅力③:爆発的な跳躍力とクイックネス

●スコッティルイスの今後

今回は、NBAドラフト2020候補であるスコッティルイスについて紹介していきました。

NBAドラフト2020においてトップ10で名前が呼ばれる可能性があるとして指名候補に挙がってるスコッティルイス。

オールラウンドに活躍できるウィングプレイヤーとしてNBAでも活躍して欲しいですね。

ぜひ、スコッティルイスをチェックしてみてください。

ハリネズミ
About ハリネズミ 460 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*