【NBA選手名鑑|ベン・シェパード】3Pシュートの名手が兼ね備える魅力3選

HOOPS JAPANをご覧の皆さん、こんにちわ!

NBAドラフト2023候補選手を紹介していこうと思います。

ご紹介する選手は・・・ベンシェパードです。

そんなNBAドラフト2023候補に挙がっている、ベンシェパードを魅力と共に紹介していこうと思います。

おすすめ記事 → 東日本大震災からの復興へ!当時の高校生が被災地につくるバスケットコートの夢

Contents

【ベンシェパードのプロフィール】

本名:ベンシェパード(Ben Sheppard)

【誕生日】2001年7月16日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】198cm
【体重】86kg
【所属】ベルモント大学
【ポジション】シューティングガード

ベンシェパードの物語はジョージア州アトランタで始まりました。高校に通っていたのはGreater Atlanta Christian School (GAC)で、ベンシェパードのジュニア時代の1試合平均で13.7得点のスタッツを残していました。この時点で既にベンシェパードの才能は明らかで、GACはベンシェパードのおかげでClass AAA State Championshipを制覇しました。

高校卒業後、ベンシェパードはベルモント大学に進学し、ここでさらに才能が磨かれていきます。大学一年生のシーズンでは32試合に出場し、1試合平均で2.9得点を記録。しかし、二年生になるとスターターとしての地位を確立し、シーズン1試合平均10.5得点を記録しました。

ジュニアシーズンには、1試合平均16.2得点を挙げ、その年のオールOhio Valley Conferenceのファーストチームに選ばれるほどの活躍を見せました。そして、シニア年度では、Belmont Bruinsが移籍したMissouri Valley Conferenceでも活躍を続け、1試合平均18.8得点を挙げると共に、再びファーストチームに選出されました。

これまでの経歴を見ても分かるように、ベンシェパードは常に向上心を持ち続け、困難を乗り越えてきました。これからの活躍が非常に楽しみな選手となっています。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【ベンシェパードの魅力】

NBAドラフト2023において指名候補として名前が挙がっているベンシェパード。

ここからは、ベンシェパードの魅力について紹介していきたいと思います。

ベンシェパードのハイライト動画も添付しています。動画を参考の上、魅力についても確認してみてください。

おすすめ記事 → アイソレーションとは何か?バスケ用語解説!

おすすめ記事 → バスケのレイアップ10種類まとめ!これで得点力が劇的アップ!

『ベンシェパードの魅力①:攻守に渡る優れたパフォーマンス』

ベンシェパードの1つ目の魅力は「攻守に渡るパフォーマンス」です。

ベルモント大学での4年間、ベンシェパードはオフェンスとディフェンスの両面で抜群のパフォーマンスを見せています。

特に注目すべきはNBAコンバイン(新人選手のテストイベント)でのベンシェパードの活躍で、ここでは25点を記録し、あと1点でNBAコンバインの記録に迫る活躍を見せました。

以上の理由から、ベンシェパードの魅力として「攻守に渡るパフォーマンス」を取り上げました。

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

『ベンシェパードの魅力②:シュートとプレーメイクの能力』

ベンシェパードの2つ目の魅力は「シュートメイクの能力」です。

ベンシェパードのシューティング技術は流れるようで効率的です。大学4年生のシーズンでは3Pシュートの成功率が41.5%と高い数字を記録しています。

また、ベンシェパードはオフェンスを仕掛け、自らドリブルからシュートを打つことに自信を持っています。さらに、ウィングポジションで味方を活かすアシストを記録することもできるため、優れたプレーメイク能力も持っています。

以上の理由から、ベンシェパードの魅力として「シュートメイクの能力」を取り上げました。

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

おすすめ記事 → バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

『ベンシェパードの魅力③:識見と理解力』

ベンシェパードの最後に紹介する魅力は「識見と理解力」です。

ベンシェパードは極めて知識豊富で、守備の動きを読む能力に長けています。パスの正確さやタイムリーなカットから自分自身への開放ショットを作り出すことも得意としています。

ベンシェパードはベルモント大学で3年間スターターとしてプレーし、その間アシストとターンオーバーの比率はプラスでした。ベンシェパードは自分の役割を理解しており、大学でのエースからコンバインでは優れたロールプレーヤーへと役割を変えることができました。

以上の理由から、ベンシェパードの魅力として「識見と理解力」を取り上げました。

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【ベンシェパードの今後】

ここまで、ベンシェパードの魅力を紹介してきました。

それぞれの特性がベンシェパードのプレーを特別なものにしています。素晴らしいシュート技術、オフェンスでの創造力、そして高い識見と理解力。これらが合わさることで、ベンシェパードはコート上で目覚ましい活躍を見せています。

もちろん、まだ完璧な選手ではありません。身体的な能力は爆発力には欠け、垂直跳びは35.5インチにとどまります。また、速さよりも素早さに長けており、直線的なスピードではなく、身体の動きでスペースを作り出す傾向があります。大学時代に対戦した相手のレベルは、ドラフトで競争する他の選手と比べると低いかもしれません。しかし、ベンシェパードのコンバインのスクリメージでその競争力を示しています。

それでも、ベンシェパードの一番の弱点はおそらくその年齢かもしれません。すでに22歳を迎えるためポテンシャルは限られています。エリート選手とは言えないかもしれませんが、効率的なプレーを続けることで、役割選手として貢献することは十分可能です。

しかし、これらの弱点を超えて、長所がきっとベンシェパードを成功へと導くでしょう。3Pシュートは大学でのキャリアを通じて着実に向上し、シニアのシーズンでは40%に達しました。一方で、フリースローの成功率は70%前後で安定していました。

NBAドラフト2023のベンシェパードをチェックしてみてください。

おすすめ記事 → 東日本大震災からの復興へ!当時の高校生が被災地につくるバスケットコートの夢

【ベンシェパードのまとめ】

●ベンシェパードのプロフィール
●ベンシェパードの魅力①:攻守に渡る優れたパフォーマンス
●ベンシェパードの魅力②:シュートとプレーメイクの能力
●ベンシェパードの魅力③:識見と理解力
●ベンシェパードの今後

今回は、NBAドラフト2023候補であるベンシェパードについて紹介していきました。

ぜひ、ベンシェパードをチェックしてみてください。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!日本人向けバッシュ~アシックス編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ジョーダン編~

About モンキー 1097 Articles
バスケットボール1つで世界中の人と繋がっていきたいと考えています。 繋がるという意味を込めてサブタイトルは、「猿結(えんむすび」です。多くのバスケ好きが集まるようなサイトを運営していきたいです。 気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングが趣味です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*