【NBA選手名鑑|トレイス・ジャクソン・デイビス】ディフェンスの魔術師が持つ魅力3選

HOOPS JAPANをご覧の皆さん、こんにちわ!

ご紹介する選手は・・・トレイスジャクソンデイビスです。

元NBA選手に育てられ、DNAが入っているトレイスジャクソンデイビス。高い身体能力と豊かなスキルを持つ選手となっており、多くのバスケファンを魅了できる存在でもあると考えられます。

そんなNBAドラフト2023候補に挙がっている、トレイスジャクソンデイビスを魅力と共に紹介していこうと思います。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

Contents

【トレイスジャクソンデイビスのプロフィール】

本名:トレイス・ジャクソン-デイビス(Trayce Jackson-Davis)

【誕生日】2000年2月23日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】206cm
【体重】111kg
【所属】インディアナ大学
【ポジション】パワーフォワード/センター

トレイスジャクソンデイビスはアメリカ合衆国で育ったバスケットボール選手です。

2000年2月22日に生まれたトレイスジャクソンデイビスは、幼いころからバスケットボールに親しみ、その才能を開花させてきました。父親は元インディアナペイサーズのパワーフォワード/センターのデイルデイビスですが、実際に育てたのは母親と継父のレイモンドジャクソンでした。高校時代には、両親への感謝の気持ちから、トレイスジャクソンデイビスは自身の名前を”Davis”から”Jackson-Davis”に変えました。

高校生活は、Center Grove High Schoolで過ごし、その高い能力を遺憾なく発揮しました。ジュニアイヤーの平均成績は、21.9得点・9.4リバウンド・4.1ブロック・2.6アシストで、フィールドゴール成功率は67.0%でした。これらの活躍により、2019年にマクドナルドオールアメリカンに選出され、高校生活を華々しく終えました。

高校時代の成功が評価され、Rivals、247Sports、ESPNの各レーティングサイトから4つ星評価を得るなど、多くの有名大学からオファーを受けました。最終的には、インディアナ大学、ミシガン州立大学、UCLAの中からインディアナ大学を選び、2019年に大学バスケットボールキャリアをスタートさせました。

インディアナ大学でのデビューシーズンは、8得点・6リバウンドを記録した西イリノイ戦で幕を開けました。その後、2020年2月19日のミネソタ戦でキャリアハイの27得点・16リバウンドを記録するなど、新人シーズンで平均13.5ポイント・8.4リバウンド・1.8ブロックを記録し、すぐにチームの主力となりました。

トレイスジャクソンデイビスは2年目のシーズンでは、平均19.1ポイント・9.0リバウンドを記録し、シーズン終了時にはスポーティングニュース、NABC、USBWAからサードチームオールアメリカンに選ばれ、さらにAPからオールアメリカンの名誉賞を受賞しました。また、メディアとAPからオールBig Tenファーストチームに、コーチからはセカンドチームに選ばれ、ウッデン賞のファイナリストにも名を連ねました。

2021-22年の3年目のシーズンでは、新たにヘッドコーチとなったマイク・ウッドソンのもとで、平均18.3得点・8.1リバウンド・2.3ブロックを記録しました。そして、インディアナ大学の歴史で2人目となる1,500得点・750リバウンド・150ブロックを達成し、全体のスコアリングリストで15位、リバウンドで9位、ブロックショットで7位、フィールドゴール成功率で7位となりました。

その後、トレイスジャクソンデイビスは2022年のNBAドラフトにエントリーしましたが、大学の資格を維持するためにドラフトから撤退を表明し、インディアナ大学に戻ることを決定しました。そして、2022-23年の4年目のシーズンに入り、彼はBlue Ribbonプレシーズンファーストチームオールアメリカン、Associated Pressプレシーズンオールアメリカン、Almanacプレシーズンセカンドチームオールアメリカン、CBS Sportsプレシーズンセカンドチームオールアメリカン、Big Tenプレシーズンプレイヤーオブザイヤー、プレシーズンオールBig Tenチーム、The Athleticプレシーズンセカンドチームオールアメリカンなど、数々の賞を受賞しました。

また、国際舞台でも活躍しています。2018年のFIBA U-18アメリカ選手権でアメリカ代表としてプレーし、チームを金メダルに導きました。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【トレイスジャクソンデイビスの魅力】

NBAドラフト2023において指名候補として名前が挙がっているトレイスジャクソンデイビス。

ここからは、トレイスジャクソンデイビスの魅力について紹介していきたいと思います。

トレイスジャクソンデイビスのハイライト動画も添付しています。動画を参考の上、魅力についても確認してみてください。

おすすめ記事 → アイソレーションとは何か?バスケ用語解説!

おすすめ記事 → バスケのレイアップ10種類まとめ!これで得点力が劇的アップ!

『トレイスジャクソンデイビスの魅力①:高い身体能力とスキル』

トレイスジャクソンデイビスの1つ目の魅力は「身体能力」です。

トレイスジャクソンデイビスは206cmの長身で、111kgの体重を持つパワーフォワードおよびセンタープレイヤーです。

持ち前の身体を駆使してペイントエリアで威圧感を放ち、リバウンドやブロックを量産します。また、ミドルレンジのシュートも得意とし、多彩な攻撃パターンで相手を翻弄します。

以上の理由から、トレイスジャクソンデイビスの魅力として「身体能力」を取り上げました。

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

『トレイスジャクソンデイビスの魅力②:ディフェンス面での強さ』

トレイスジャクソンデイビスの2つ目の魅力は「ディフェンス」です。

ディフェンス面でのトレイスジャクソンデイビスの才能は他の追随を許さないものがあります。リムプロテクターとして優れた能力を持ち、その身長と垂直跳びの能力を活かして相手のシュートをブロックする才能を兼ね備えています。

高校時代には1試合平均で4.1ブロックを記録するなど驚異的なスタッツを残している実績もあるほどです。

この強固なディフェンス能力はトレイスジャクソンデイビスを特別な存在にしており、試合の流れを大きく変えることができます。

以上の理由から、トレイスジャクソンデイビスの魅力として「ディフェンス」を取り上げました。

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

おすすめ記事 → バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

『トレイスジャクソンデイビスの魅力③:精神的強さとリーダーシップ』

トレイスジャクソンデイビスの最後に紹介する魅力は「リーダーシップ」です。

トレイスジャクソンデイビスは精神的にも非常にタフで、チームのリーダーとしてその能力を発揮します。

常に高いエネルギーを持ち、試合中にチームメイトを鼓舞し、一緒に戦うためのエネルギーを与えます。このリーダーシップはチームの一体感を高め、勝利への道を切り開く重要な要素となります。

以上の理由から、トレイスジャクソンデイビスの魅力として「リーダーシップ」を取り上げました。

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【トレイスジャクソンデイビスの今後】

ここまで、トレイスジャクソンデイビスの魅力を紹介してきました。

トレイスジャクソンデイビスはその圧倒的な身体能力とディフェンス能力、そしてリーダーシップを持ち合わせています。これらの特徴がバスケットボール界で特別な存在にしており、今後の活躍が期待されています。

トレイスジャクソンデイビスの技術とパフォーマンスは一躍スーパースターにする可能性を秘めています。また、リーダーシップと精神的な強さはチームメイトを引き立て、一緒に成長することを可能にします。

兼ね備えている才能と努力は、これからどのような成果を上げるかを示している部分になります。NBA選手としてのキャリアはこれからが本当の始まりで、これまでの成功や経験は今後成長を遂げていくための基礎を築いています。

NBAドラフト2023のトレイスジャクソンデイビスをチェックしてみてください。

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【トレイスジャクソンデイビスのまとめ】

●トレイスジャクソンデイビスのプロフィール
●トレイスジャクソンデイビスの魅力①:高い身体能力とスキル
●トレイスジャクソンデイビスの魅力②:ディフェンス面での強さ
●トレイスジャクソンデイビスの魅力③:精神的強さとリーダーシップ
●トレイスジャクソンデイビスの今後

今回は、NBAドラフト2023候補であるトレイスジャクソンデイビスについて紹介していきました。

圧倒的な身体能力とディフェンス能力、そしてリーダーシップを持ち合わせているトレイスジャクソンデイビス。

数々の賞を受賞するほどの経験値を持ったインサイドプレイヤーはNBAという次なる舞台でどのような活躍を魅せてくれるのか注目できる存在となりそうです。

ぜひ、トレイスジャクソンデイビスをチェックしてみてください。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!日本人向けバッシュ~アシックス編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ジョーダン編~

About モンキー 1100 Articles
バスケットボール1つで世界中の人と繋がっていきたいと考えています。 繋がるという意味を込めてサブタイトルは、「猿結(えんむすび」です。多くのバスケ好きが集まるようなサイトを運営していきたいです。 気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングが趣味です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*