【NBAドラフト2020】指名されたポイントガード5選!

こんにちわ。HOOPS JAPANのハリネズミです。

NBAドラフト2020は新型コロナウイルスの影響で異例の形での開催となりましたが、各チームに有能プレイヤーがピックアップされております。開催されたのは2020年11月18日でした。

NBAドラフト2020にて選出されたポイントガードのトップ5をランク付けで見ていこうと思います。

今回紹介した選手以外にもおすすめの選手がいましたらコメントいただけると幸いです。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【NBAドラフト2020のトップ5ポイントガード①:ラメロボール】

まず初めに取り上げるNBAドラフト2020のポイントガードは、ラメロボールです。

ラメロボールはNBAドラフト2020において全体3位指名でNBA入りを果たしました。

ご存知の方も多いかとは思いますが、現在もNBAで活躍しているロンゾボールの弟でもありますね。ラメロボールは兄弟の中でも非常にバスケセンスが高い選手となっています。

2mの長身を持つポイントガードでアウトサイドからの得点力、相手を欺くハンドリング力、視野の広さが活かされたパスセンスを兼ね備えているポイントガードとなっています。2m近い身長も持っているため、リバウンドにも絡むことができるでしょう。

そのため得点・アシスト・リバウンドでのトリプルダブルも期待できる選手なのは間違いありませんね。NCAAの大学へは進学せず、オーストラリアのプロチームで経験を多く積んでNBAに挑戦する形となっています。

自身の能力を最大限に活かしてNBAでも活躍して欲しいものです。ロンゾボールとの兄弟対決にも注目してみてください。

ラメロボールについて詳しく知りたい方はこちらをクリック!

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【NBAドラフト2020のトップ5ポイントガード②:タイリースハリバートン】

2人目に取り上げるNBAドラフト2020のポイントガードは、タイリースハリバートンです。

タイリースハリバートンはNBAドラフト2020において全体8位指名でNBA入りを果たしました。

タイリースハリバートンは優れたゲームコントロール力を持つ選手とも言われています。常にチームを優先的に考えてプレーし、的確な状況判断を行える選手と言えるでしょう。状況に応じては自ら得点に持ち込むことができたり、味方への的確なアシストパスも繰り出すことができます。

U-19のアメリカ代表での経験を持っており、U-19で出場したワールドカップでは大会ベスト5に選出された経験も持っています。この大舞台での経験を活かしてNBAの舞台でも活躍してくれることでしょう。

タイリースハリバートンについて詳しく知りたい方はこちらをクリック!

おすすめ記事 → アイソレーションとは何か?バスケ用語解説!

おすすめ記事 → バスケのレイアップ10種類まとめ!これで得点力が劇的アップ!

【NBAドラフト2020のトップ5ポイントガード③:キラルイス】

3人目に取り上げるNBAドラフト2020のポイントガードは、キラルイスです。

キラルイスはNBAドラフト2020において全体10位指名でNBA入りを果たした選手となっています。

優れたボールハンドリング力が魅力的な選手で、ボールハンドリングから相手のディフェンスを崩して得点に持ち込むことを得意としています。

またトランジションからの流れを作るのが得意な選手でもあり、攻守の切り替わったタイミングでトップスピードでボールを運びチームのブレイクを引き出すこともできるプレイヤーとなっています。

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

【NBAドラフト2020のトップ5ポイントガード④:キリアンヘイズ】

4人目に取り上げるNBAドラフト2020のポイントガードは、キリアンヘイズです。

キリアンヘイズはNBAドラフト2020において全体7位指名でNBA入りを果たしました。

NBA入団以前からユーロリーグにてプロ経験を持っているキリアンヘイズは父親も元プロバスケットボール選手の血筋から生まれたポイントガードです。

キリアンヘイズの最大の魅力とも思われるのがアシストパスです。コート全体の状況を瞬時に判断することができ、ノーマークの味方を見つければ逆サイドのコーナーであってもスキップパスを繰り出すことができます。自身がボールを持ち相手のディフェンスを引き寄せて完全なフリーでシュートを放たせるのが得意な選手となっています。

NBAの次にレベルが高いとも言われているユーロリーグでの経験を発揮してプレーしてくれることでしょう。

キリアンヘイズについて詳しく知りたい方はこちらをクリック!

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

おすすめ記事 → バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【NBAドラフト2020のトップ5ポイントガード⑤:コールアンソニー】

5人目に取り上げるNBAドラフト2020のポイントガードは、コールアンソニーです。

コールアンソニーはNBAドラフト2020において全体15位指名でNBA入りを果たしました。

コールアンソニーは元NBA選手のグレッグアンソニーを父親に持つサラブレッドプレイヤーでもあります。

コールアンソニーの最も魅力的な部分は身体能力の高さであると思います。ポイントガードとしてハンドリング力等を兼ね備えているのはもちろんですが、0から100に持ち込む瞬発性が非常に優れた選手となっています。ドライブで相手を切り崩して豪快なダンクシュートまで持ち込むことも可能な選手です。

高校時代にはアメリカ三大オールスターゲームとも言われるマクドナルドオールアメリカン・ジョーダンブランドクラシック・ナイキフープサミットにおいてMVPを獲得し、全米注目度の高いポイントガードでもあるためNBAでの活躍も大いに期待できることでしょう。

コールアンソニーについて詳しく知りたい方はこちらをクリック!

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【NBAドラフト2020のトップ5ポイントガードまとめ】

いかがでしたか?

●NBAドラフト2020のトップ5ポイントガード①:ラメロボール
●NBAドラフト2020のトップ5ポイントガード②:タイリースハリバートン
●NBAドラフト2020のトップ5ポイントガード③:キラルイス
●NBAドラフト2020のトップ5ポイントガード④:キリアンヘイズ
●NBAドラフト2020のトップ5ポイントガード⑤:キリアンヘイズ

NBAドラフト2020におけるトップ5ポイントカードを取り上げました。

今回取り上げたプレイヤー以外にもテオマレドンやニコマニオン、RJハンプトンなどの選手も注目できるポイントガードとなっています。

NBAはドラフトだけが全てではないため、今後の活躍・成長というのは大いに楽しみでもあります。

ぜひNBAドラフト2020にて指名されたポイントカードをチェックしてみてください。

ハリネズミ
About ハリネズミ 634 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*