【NBAドラフト2020】指名されたスモールフォワード5選!

こんにちわ。HOOPS JAPANのハリネズミです。

NBAドラフト2020は新型コロナウイルスの影響で異例の形での開催となりましたが、各チームに有能プレイヤーがピックアップされております。開催されたのは2020年11月18日でした。

NBAドラフト2020にて選出されたスモールフォワードのトップ5をランク付けで見ていこうと思います。

今回紹介した選手以外にもおすすめの選手がいましたらコメントいただけると幸いです。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【NBAドラフト2020のトップ5スモールフォワード①:パトリックウィリアムズ】

まず初めに取り上げるNBAドラフト2020のスモールフォワードは、パトリックウィリアムズです。

パトリックウィリアムズはNBAドラフト2020において全体4位指名でNBA入りを果たしました。

パトリックウィリアムズの最大の魅力はバスケIQの高さを活かしたディフェンス力だと考えられます。身長が203cmで身体能力の高さとバスケIQの高さを活かしてコートで存在感を発揮しています。

ディフェンス時には相手の動きを予測しているかのようにカバーディフェンスからのブロックやドライブからのブロック、パススティールなどディフェンスにおいて大きな存在感でチームに貢献しています。

バスケIQの高さはNBAでも重要な部分となるのは間違いありません。バスケIQの高さを活かしてNBAのコートでも存在感を出してくれることでしょう。

パトリックウィリアムズについて詳しく知りたい方はこちらをクリック!

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【NBAドラフト2020のトップ5スモールフォワード②:デニアヴディア】

2人目に取り上げるNBAドラフト2020のスモールフォワードは、デニアヴディアです。

デニアヴディアはNBAドラフト2020において全体9位指名でNBA入りを果たしました。

デニアヴディアの最大の魅力はオールラウンドプレイヤーとしての素質です。

身長205cmとNBAにおいてもスモールフォワードのポジションを担ってもおかしくない高身長を持っていますが、ポイントガードからスモールフォワードまでこなすことのできる選手となっています。

非常にハンドリング力も高く、アウトサイドからのシュート精度も高い。さらにゲームメイクもできるため味方へのアシストパスも得意としています。

NBA界においても200cmを超える身長でポイントガードを担う選手が増えてきています。そのため、デニアヴディアのような200cmを超える身長を持ち、ポイントガードからスモールフォワードまでこなすことのできるオールラウンドプレイヤーは非常に重要視もされています。

多彩なスキルを兼ね備えた万能型の選手なので、今後の注目度は上がっていくことでしょう。

デニアヴディアについて詳しく知りたい方はこちらをクリック!

おすすめ記事 → アイソレーションとは何か?バスケ用語解説!

おすすめ記事 → バスケのレイアップ10種類まとめ!これで得点力が劇的アップ!

【NBAドラフト2020のトップ5スモールフォワード③:サディクベイ】

3人目に取り上げるNBAドラフト2020のスモールフォワードは、サディクベイです。

サディクベイはNBAドラフト2020において全体19位指名でNBA入りを果たした選手となっています。

ディフェンスに定評のあるフォワード選手で、相手の攻撃を抑え込むことが得意となっています。ドライブ相手がシュートまでいく場合でも後ろから追いかけてブロックショットを決めるなど、身体能力の高さを最大限に活かしてディフェンスを実施しています。

相手のミスからスティールしてブレイクまで持ち込むハンドリング力も兼ね備えているため、気を抜いたパスをしてしまった場合はボールを奪われ豪快なダンクまで持ち込まれてしまうことでしょう。ディフェンスからチームに貢献してくれる選手となっています。

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

【NBAドラフト2020のトップ5スモールフォワード④:ジョーダンンウォラ】

4人目に取り上げるNBAドラフト2020のスモールフォワードは、ジョーダンンウォラです。

ジョーダンンウォラはNBAドラフト2020において全体45位指名でNBA入りを果たしました。

幅広い得点力を持ったフォワードプレイヤーとなっています。特にクイックリリースから放たれる3Pシュートは相手のディフェンスも止めるのが困難と言えるでしょう。NCAA時にも成功率が40%を超えており、NBAでもクイックリリースを活かした3Pシュートでチームに貢献してくれる存在となると考えられます。

3Pだけでなくドライブからの得点ももちろん兼ね備えているので、得点力に優れた選手なのは間違いありません。

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

おすすめ記事 → バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【NBAドラフト2020のトップ5スモールフォワード⑤:CJエレビー】

5人目に取り上げるNBAドラフト2020のスモールフォワードは、CJエレビーです。

CJエレビーはNBAドラフト2020において全体45位指名でNBA入りを果たしました。

CJエレビーも得点力に長けたフォワードプレイヤーとなっています。アウトサイドからの得点はもちろんですが、ハイポストなどでポストアップしてからのドライブやミドルシュートも得意としています。

加えてCJエレビーは左利きの選手。NBAを見ていてもわかるかと思いますが左利きの選手というのは少なく、独特なリズム感も兼ね備えているので守る側もシュートチェックが困難となることが考えれます。

NBAドラフト順位こそ高くはないですが、自身の成長次第でゲームに絡んでいけると思うので面白い選手なのは間違いないでしょう。

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【NBAドラフト2020のトップ5スモールフォワードまとめ】

いかがでしたか?

●NBAドラフト2020のトップ5スモールフォワード①:パトリックウィリアムズ
●NBAドラフト2020のトップ5スモールフォワード②:デニアヴディア
●NBAドラフト2020のトップ5スモールフォワード③:サディクベイ
●NBAドラフト2020のトップ5スモールフォワード④:ジョーダンンウォラ
●NBAドラフト2020のトップ5スモールフォワード⑤:CJエレビー

NBAドラフト2020におけるトップ5スモールフォワードを取り上げました。

個人的には2人目に紹介したデニアヴディアを注目したいと考えています。イスラエル出身の選手で、16歳からプロ舞台で経験を積んでる選手となっています。ヤニスアデトクンボやルカドンチッチなど、インターナショナルのプレイヤーが多く活躍するNBAでどこまで自身の実力を発揮してくれるのかも見物です!

ぜひNBAドラフト2020にて指名されたスモールフォワードをチェックしてみてください。

About ハリネズミ 746 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*