【NBAドラフト2020】指名されたパワーフォワードトップ5!

こんにちわ。HOOPS JAPANのハリネズミです。

NBAドラフト2020は新型コロナウイルスの影響で異例の形での開催となりましたが、各チームに有能プレイヤーがピックアップされております。開催されたのは2020年11月18日でした。

NBAドラフト2020にて選出されたパワーフォワードのトップ5をランク付けで見ていこうと思います。

今回紹介した選手以外にもおすすめの選手がいましたらコメントいただけると幸いです。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【NBAドラフト2020のトップ5パワーフォワード①:オビトッピン】

まず初めに取り上げるNBAドラフト2020のパワーフォワードは、オビトッピンです。

オビトッピンはNBAドラフト2020において全体5位指名でNBA入りを果たしました。

オビトッピンは206cmのインサイドプレイヤーで、ポストプレーやピック&ロールのスクリーナーの役割を果たしています。

インサイドプレイヤーではありますが、チームの最前線を走り抜く能力も持っています。攻守の入れ替わったタイミングでインサイドプレイヤーながらもブレイクの一番先頭を走れる選手はチームにとっても必要な存在となることでしょう。

インサイドプレイヤーは、オフェンス時はもちろんですがディフェンス時にもゴール下にてプレーしているのがほとんどです。相手のインサイドプレイヤーを置き去りにすることもできます。

その状態からチームの前線に走り出せるというのは相当な運動量が必要となります。この最前線で走ることのできるオビトッピンの機動力は魅力となってくると考えられます。

オビトッピンについて詳しく知りたい方はこちらをクリック!

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【NBAドラフト2020のトップ5パワーフォワード②:ジャレンスミス】

2人目に取り上げるNBAドラフト2020のパワーフォワードは、ジャレンスミスです。

ジャレンスミスはNBAドラフト2020において全体13位指名でNBA入りを果たしました。

器用さを持ったインサイドプレイヤーとなっており、その器用さを活かした多彩なオフェンススキルが魅力な選手でもあります。

近年のインサイドプレイヤーの特徴と言えば、アウトサイドシュートです。ジャレンスミスは、ミドルシュートだけでなく3Pシュートも放つことのできるオールラウンドな能力を持っています。

精度が高くないのが懸念材料として挙がりますが、アウトサイドシュートの精度が上がっていけばNBAでも十分通用するオフェンススキルを兼ね備えることとなります。

豪快なダンクシュート・相手を交わすフローター・アウトサイドからのミドルシュートや3Pシュートと、まさにオールラウンドな能力を持っているインサイドプレイヤーとなっています。

ジャレンスミスについて詳しく知りたい方はこちらをクリック!

おすすめ記事 → アイソレーションとは何か?バスケ用語解説!

おすすめ記事 → バスケのレイアップ10種類まとめ!これで得点力が劇的アップ!

【NBAドラフト2020のトップ5パワーフォワード③:プレシャスアチウワ】

3人目に取り上げるNBAドラフト2020のパワーフォワードは、プレシャスアチウワです。

プレシャスアチウワはNBAドラフト2020において全体16位指名でNBA入りを果たした選手となっています。

インサイドプレイヤーということもあり、フィジカルコンタクトが非常に高いプレシャスアチウワ。

1試合に10本以上のリバウンドを獲得することが多々あります。プレシャスアチウワの素晴らしい点は、リバウンドの際にボールが落ちてくるところが分かっているかのような動きをするところです。

ボックスアウトを行ってリバウンドを取るのはもちろんですが、シュートが外れたあとのボールが落ちてくる位置を把握しているかのようなリバウンド力を持っています。

リバウンドにおいての嗅覚を持ち合わせている才能はNBAの舞台でも充分に通用するものと考えられますね。

プレシャスアチウワについて詳しく知りたい方はこちらをクリック!

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

【NBAドラフト2020のトップ5パワーフォワード④:タイラーベイ】

4人目に取り上げるNBAドラフト2020のパワーフォワードは、タイラーベイです。

タイラーベイはNBAドラフト2020において全体28位指名でNBA入りを果たしました。

スモールフォワード寄りのパワーフォワードでディフェンスに定評のあるプレイヤーとなっています。また、ゴール下で味方に合わせるプレーも得意としており、味方からのパスは高確率で得点にまで繋げています。ゴール下のフィニッシャーとしての活躍も期待できることでしょう。

タイラーベイは本格的にバスケットボールを始めたのが高校生の時。高校生からバスケットボールを始めてNBAドラフトで指名されるほどの身体能力の高さや類まれな才能を持っているのは間違いありません。

実際にNBA殿堂入りを果たしているティムダンカンもバスケットボールを始めたのは高校生の時からです。NBA入りを果たした後の成長にも注目してみてください。

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

おすすめ記事 → バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【NBAドラフト2020のトップ5パワーフォワード⑤:レジーペリー】

5人目に取り上げるNBAドラフト2020のパワーフォワードは、レジーペリーです。

レジーペリーはNBAドラフト2020において全体38位指名でNBA入りを果たしました。

インサイドプレイヤーにとっても重要なフィジカル。レジーペリーは非常に強いフィジカルを活かしてゴール下での得点やリバウンドに絡むことを得意としています。

ディフェンスと接触しながらも得点を重ねることができたり、相手とぶつかりながらもリバウンドを獲得するなど、フィジカルを最大限に活かしてオフェンス面・ディフェンスでチームに貢献することができるプレイヤーとなっています。

フィジカル面に加えて高い機動力も兼ね備えているので、チームのトランジション時の切替えなどにも対応できるインサイドプレイヤーとなっています。

レジーペリーについて詳しく知りたい方はこちらをクリック!

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【NBAドラフト2020のトップ5パワーフォワードまとめ】

いかがでしたか?

●NBAドラフト2020のトップ5パワーフォワード①:オビトッピン
●NBAドラフト2020のトップ5パワーフォワード②:ジャレンスミス
●NBAドラフト2020のトップ5パワーフォワード③:プレシャスアチウワ
●NBAドラフト2020のトップ5パワーフォワード④:タイラーベイ
●NBAドラフト2020のトップ5パワーフォワード⑤:レジーペリー

NBAドラフト2020におけるトップ5パワーフォワードを取り上げました。

機動力を兼ね備えたプレイヤーの多いパワーフォワード。近代NBAの特徴はアウトサイドシュートも決めることができるインサイドプレイヤーが多いことです。今回紹介した5人のパワーフォワードも3P含めたアウトサイドからの得点を決めることができる選手となっています。

ぜひNBAドラフト2020にて指名されたパワーフォワードをチェックしてみてください。

ハリネズミ
About ハリネズミ 668 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*