【NBAニュース】2020年NBA殿堂入り選手の紹介

4月4日(日本時間5日)、ネイスミス・バスケットボール・ホール・オブ・フェイム(以下、殿堂)が、2020年にバスケットボール殿堂入りを果たす9名を発表しました。今年は新たに9人の元NBA選手、元WNBA選手、元コーチ、元審判らがNBAの殿堂入りを果たしました。

元NBA選手で今回受賞となったのは、2020年にヘリコプターの事故で急遽この世を去ったオールスター選出18回NBA優勝5回のコービー・ブライアントをはじめとし、NBAファイナルMVP受賞3回を誇るティム・ダンカンやオールスター選出15回NBAオールディフェンシブ・ファーストチーム選出9回のケビン・ガーネットです。

そのほかに、全米年間最優秀コーチ賞を4度受賞のエディ・サットン、NBA優勝2回のルディ・トムヤノビッチが選出され、WNBAオールスター選出10回、オリンピック4大会で金メダル獲得のタミカ・キャッチングズ、NCAA(全米体育協会)ナショナルチャンピオンシップコーチ受賞3回のキム・モルキー、ディビジョンⅡ全米年間最優秀コーチ賞を5回受賞のバーバラ・スティーブンズ、FIBA(国際バスケットボール連盟)エグゼクティブのパトリック・バウマンが選出されています。

殿堂入りの式典は、2020年8月29日(日本時間30日)にマサチューセッツ州スプリングフィールドで開催されれます。

おすすめ記事 →  【動画】NBA界のグレイテストショーマンこと、ステファン・カリーのおすすめハイライト動画集

おすすめ記事 →  【動画】NBA界最高峰のポイントガード、クリス・ポールのおすすめハイライト動画集

おすすめ記事 →  【動画】NBA界No.1のクラッチ力を持つデイミアンリラードのおすすめハイライト動画集

【2020年殿堂入り選手:コービー・ブライアント】

本名:コービー・ブライアント(Kobe Bryant)

【誕生日】1978年8月23日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】198cm
【体重】93kg
【所属】ロスアンゼルス・レイカーズ
【背番号】8,24番
【ポジション】SG
【受賞歴】

  • 5×NBAチャンピオン:2000, 2001, 2002, 2009, 2010
  • 1×NBAシーズンMVP:2008
  • 2×NBAファイナルMVP:2009, 2010
  • 2×NBA得点王(1試合平均):2006 (35.4), 2007 (31.6)
  • 4×年間最多得点:2003 (2,461), 2006 (2,832), 2007 (2,430), 2008 (2,323)
  • 3×年間最多フィールドゴール成功:2003 (868), 2006 (978), 2007 (813)
  • 2×年間最多フリースロー成功:2006 (696), 2007 (667)
  • オールNBAチーム
    • 11×1stチーム:2002-2004, 2006-2013
    • 2×2ndチーム:2000, 2001
    • 2×3rdチーム:1999, 2005
  • NBAオールディフェンシブチーム
    • 9×1stチーム:2000, 2003, 2004, 2006-2011
    • 3×2ndチーム:2001, 2002, 2012
  • 18×NBAオールスターゲーム出場:1998, 2000-2016
  • 4×NBAオールスターゲームMVP:2002, 2007, 2009[1],2011
  • NBAオールルーキーチーム 2ndチーム:1997
  • NBAスラムダンクコンテスト優勝 : 1997
  • No.8 & 24 ロサンゼルス・レイカーズ永久欠番
  • No.24 ダラス・マーベリックス永久欠番
  • 第90回アカデミー短編アニメ賞

NBA記録

  • 同一チーム最長在籍年数(1996-97シーズン〜2015-16シーズンまでレイカーズ在籍20年)
  • レギュラーシーズン通算30,000得点+6,000アシスト達成
  • 最多オールNBA1stチーム選出:11(カール・マローンと並ぶタイ記録)
  • 最多オールNBAディフェンシブ1stチーム選出:9(他3名と並ぶタイ記録)
  • 1クォーター最多フリースロー成功:14(他5名と並ぶタイ記録)
  • プレーオフで年間600得点以上記録した連続シーズン数:3
  • 最多クリスマスゲーム出場:16
  • クリスマスゲーム通算最多得点:395
  • オールスター連続選出回数:18
  • オールスター先発出場回数:15
  • 最多オールスターMVP受賞:4(ボブ・ペティットと並ぶタイ記録)
  • オールスター通算最多フィールドゴール成功:119
  • オールスター1試合最多オフェンスリバウンド獲得:10
  • オールスター通算最多スティール数:38
  • 自軍の1試合総得点における自身の得点の割合※:66.4%(122得点中81得点)
  • 両軍の1試合総得点における自身の得点の割合※:35.8%(226得点中81得点) ※ショットクロック導入後

NBA史上最年少記録

  • 史上最年少スラムダンクコンテスト優勝:18歳と175日
  • 史上最年少オールスター先発出場:19歳と175日
  • 史上最年少オールNBAディフェンシブチーム選出:21歳と251日
  • 史上最年少通算得点到達
    • 32,000:36歳と87日
    • 33,000:37歳

NBA史上最年長記録

  • 34歳以上で40得点10アシスト以上を記録した連続試合数:2
  • 34歳以上で30得点以上を記録した連続試合数:10
  • 36歳以上で1試合30得点10アシスト10リバウンド以上を記録
  • 37歳以上で1試合60得点以上を記録

レイカーズ記録

  • 最多得点記録(レギュラーシーズン)
    • 通算:33,643
    • 年間:2,832
    • 1試合:81
    • ハーフ:55
    • クォーター:30
    • 月間1試合平均:43.4
  • 最多得点記録(プレーオフ)
    • 通算:5,640
    • 年間:695
    • オーバータイム:12
  • キャリア通算60得点以上を記録した回数(レギュラーシーズン):6
  • キャリア通算50得点以上を記録した回数(レギュラーシーズン):27
  • キャリア通算40得点以上を記録した回数(レギュラーシーズン):125
  • キャリア通算40得点以上を記録した回数(プレーオフ):13
  • キャリア通算30得点以上を記録した回数(プレーオフ):88
  • 1シーズンで50得点以上を記録した回数:10
  • 1シーズンで40得点以上を記録した回数:27
  • 50得点以上を記録した連続試合数:4
  • 40得点以上を記録した連続試合数:9
  • 35得点以上を記録した連続試合数:13
  • 20得点以上を記録した連続試合数:62
  • 月間1試合平均得点で平均40得点以上を記録した回数:3

その他のレイカーズ記録

  • 最多通算試合出場
    • レギュラーシーズン:1,239
    • プレーオフ:220
  • 最多フィールドゴール成功
    • レギュラーシーズン
      • 通算:11,024
      • ハーフ:18、クォーター:11
    • プレーオフ
      • 通算:2,014
  • 最多3Pシュート成功
    • レギュラーシーズン
      • 通算:1,637
      • 1試合:12、ハーフ:8、クォーター:6、連続:9
    • プレーオフ
      • 通算:292
  • 最多フリースロー成功
    • レギュラーシーズン
      • 通算:7,932
      • ハーフ:16、クォーター:14、連続:62
    • プレーオフ
      • 通算:1,320
      • 1試合:21、クォーター:11
  • 最多スティール
    • レギュラーシーズン
      • 通算:1,828
      • ハーフ:6
    • プレーオフ
      • クォーター:3

その他の業績

  • 「Sporting News」&「TNT」、2000年代(2000〜2009)NBA最優秀選手選出
  • 北京五輪&ロンドン五輪、金メダル獲得
  • アメリカ代表として出場した国際試合無敗(31勝0敗)

【キャリア動画】

おすすめ記事 →  【動画】爆発的な得点力でチームを牽引するドノバン・ミッチェルのハイライト動画!

おすすめ記事 →  【動画】安定感のオフェンス力でチームを盛り上げるジェイソン・テイタムのおすすめハイライト!

おすすめ記事 →  【動画】NBA界No.1のクラッチ力を持つデイミアンリラードのおすすめハイライト動画集

【2020年殿堂入り選手:ティム・ダンカン】

本名:ティム・ダンカン (Tim Duncan)

【誕生日】1976年4月25日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】211cm
【体重】113.5kg
【所属】サンアントニオ・スパーズ
【背番号】21番
【ポジション】PF/C

  • 5× NBAチャンピオン (1999, 2003, 2005, 2007, 2014)
  • 3× NBAファイナルMVP (1999, 2003, 2005)
  • 2× NBA最優秀選手賞 (2002–2003)
  • 15× NBAオールスターゲーム (1998, 2000–2011, 2013, 2015)
  • NBAオールスターMVP (2000) [3]
  • 10× オールNBAファーストチーム (1998–2005, 2007, 2013)
  • 3× オールNBAセカンドチーム (2006, 2008–2009)
  • 2× オールNBAサードチーム (2010, 2015)
  • 8× NBAオールディフェンシブ・ファーストチーム(1998–2003, 2005, 2007–2008)
  • 7× NBAオールディフェンシブ・セカンドチーム (1998, 2004, 2006, 2009–2010, 2013, 2015)
  • ルーキー・オブ・ザ・イヤー (1997)
  • NBAオール・ルーキー・ファーストチーム (1997)
  • NBAオールスターシューティング・スター優勝 (2008)
  • USAバスケットボール男子年間最優秀選手 (2003)
  • スポーツ・イラストレイテッドスポーツマン賞 (2003)
  • NBAチームメイト・オブ・ザ・イヤー賞 (2015)
  • 最優秀カレッジ選手賞 (1997)
  • 2× NCAAオールアメリカンファーストチーム (1996,1997)
  • 3× NABC最優秀守備選手賞 (1995–1997)
  • 2× ACC最優秀選手賞 (1996–1997)
  • No.21 サンアントニオ・スパーズ永久欠番
  • No. 21 ウェイク・フォレスト大学永久欠番

【キャリア動画】

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】ハンドリングのマジシャンの今後は?

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】ウィザーズのエースからNBAのエースへ~ジョン・ウォール~

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】NBAチャンピオンの再チャレンジ ~レイジョン・ロンド~

【2020年殿堂入り選手:ケビン・ガーネット】

Legendary Moments In NBA History: Kevin Garnett traded to Boston ...

本名:ケビン・ガーネット(Kevin Garnett)

【誕生日】1976年5月19日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】211cm
【体重】115kg
【所属】ミネソタ・ティンバーウルブズ
【背番号】5・32・2番
【ポジション】
【受賞歴】

  • NBAチャンピオン:2008
  • 4×リバウンド王(1試合平均): 2004(13.9), 2005(13.5), 2006(12.7), 2007(12.8)
  • 2×年間最多リバウンド:2004(1,139), 2005(1,108)
  • 年間最多得点: 2004(1,987)
  • 年間最多フィールドゴール成功: 2004(804)
  • MVP:2004
  • NBA最優秀守備選手賞: 2008
  • 15×NBAオールスターゲーム出場:1997, 1998, 2000~2011, 2013
  • NBAオールスターゲームMVP:2003
  • オールNBAチーム4×1stチーム:2000, 2003, 2004, 2008
  • 2×2ndチーム:2001, 2002
  • 2×3rdチーム:1999, 2007
  • NBAオールディフェンシブチーム9×1stチーム:2000, 2001, 2002, 2003, 2004, 2005, 2008 , 2009 , 2011
  • 3×2ndチーム:2006, 2007 , 2012
  • NBAオールルーキーチーム 2ndチーム:1996

【キャリア動画】

おすすめ記事 →  1人でもバスケがしたい!!!体育館開放バスケ一覧~東京都~

おすすめ記事 →  東京都23区でバスケがしたい!!バスケができる公園まとめ集

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 578 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*