【NBAニュース】移籍もある!?2020-21年シーズン後の注目フリーエージェント

NBAのレギュラーシーズンも残り少しとなり、プレイオフへの切符をかけた攻防が激化してきました。そんなNBAシーズン真っただ中ではありますが、今回は今季限り(2020-21年)でFA(フリーエージェント)となる選手をアメリカのウェブがまとめた情報を元にご紹介します。

今年FA権が行使できる有名選手をピックアップします。中にはスーパースターの名も入ってきており、来期以降のシーズンを大きく左右する可能性を秘めています。

【2021年NBA移籍する可能性がある選手まとめ】

さて、それでは実際にFAとなり移籍の可能性があるのは、どんな選手でしょうか?

早速見てみましょう!

おすすめ記事 → ジャンプ力を伸ばし、バスケで圧倒的な身体能力を手に入れる3つのトレーニング方法

おすすめ記事 → 【バスケあるある】誰もが憧れるダンクシュート

【2021年NBA移籍する!?:カワイ・レナード】

2021 NBA free agents: Kawhi Leonard

本名:カワイ・レナード(Kawhi Leonard)

【誕生日】1991年6月29日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】201cm
【体重】104kg
【所属】ロスアンジェルス・クリッパーズ
【背番号】2番
【ポジション】SF

カワイ・レナードはプレイヤーオプションのFA行使が出来る選手です。クリッパーズではポールジョージとコンビを組んでやってきましたが、プレイオフにこそ進めるものの昨年は早期に姿を消すなど、まだまだどうなるかわかりません。スパーズからラプターズ、ラプターズからクリッパーズと移籍をしてきた通り、29歳のレナードが移籍を希望するのもあり得るかもしれないです。

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【2021年NBA移籍する!?:ジョン・コリンズ】

John Collins has long-range hopes for future with Hawks – The Athletic

本名:ジョン・コリンズ(John Collins)

【誕生日】1997年9月23日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】206cm
【体重】107kg
【所属】アトランタ・ホークス
【背番号】20番
【ポジション】PF

23歳のジョンコリンズは制限付きのFAを行使できる選手になります。ルーキーからの契約が切れる今回制限付きのFAとなるジョンコリンズに注目しているチームは多くいると言われており、2018年からは平均得点19.7得点、9.3リバウンドというスタッツも記録していることから今後のホークスのトレード要因としての価値は十分あると考えられています。

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【2021年NBA移籍する!?:クリス・ポール】

Back again: The 2020-21 Phoenix Suns season preview, starring Chris Paul,  Devin Booker and a playoff push - CBSSports.com

本名:クリス・ポール(Chris Paul)

【誕生日】1985年5月6日
【出身地】アメリカ合衆国 ノースカロライナ州
【身長】183cm
【体重】79kg
【所属】フェニックス・サンズ
【背番号】3番
【ポジション】ポイントガード

 35歳のベテランとなるクリスポールはシーズン終了後にプレイヤーオプションのFA行使が可能です。しかしクリスポールが44,210,000ドルの契約をプレイヤーオプションで破棄するかは微妙な所でもありますが、レブロンジェームスがレイカーズへリクルートしているといううわさも出ており動向に注目です。今シーズンはサンズを2010年以来のプレイオフ進出に進めた原動力になったのは間違いなく、年齢と契約の金額は大きいもの、NBA内でも屈指のPGであることは証明しています。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【2021年NBA移籍する!?:ビクター・オラディポ】

Victor Oladipo's Heat debut shows why his playmaking and defense are  exactly what Miami's been missing - CBSSports.com

本名:ビクター・オラディポ(Victor Oladipo)

【誕生日】1992年5月4日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】193çm
【体重】98kg
【所属】マイアミ・ヒート
【背番号】4番
【ポジション】SG/PG

ビクターオラディポは制限なしのFAとなれる選手で、今季はケガの手術でプレイオフには出れませんが、シーズン途中にハーデンのトレードに巻き込まれる形でペイサーズ→ロケッツ→ヒートと渡り歩いてきました。ロケッツからのトレード時にはデットラインぎりぎりだったということもあり、契約金額が少なかったこともあったので、今後再度FAマーケットに出ることは考えられます。その場合ニックスなどが興味を持っているともいわれており動向に注目です。

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

【2021年NBA移籍する!?:カイル・ラウリー】

Toronto Raptors: What will a Kyle Lowry closing act look like?

本名:カイル・ラウリー(Kyle Lowry)

【誕生日】1986年3月25日
【出身地】アメリカ
【身長】183cm
【体重】93kg
【所属】トロント・ラプターズ
【背番号】7番
【ポジション】PG

2019-2020年シーズンのトロントラプターズの初優勝の立役者だったカイルラウリーは制限なしのFAの選手で今シーズン途中でのトレードデットラインの時も放出かどうかが話題になっていました。35歳ではあるもののまだまだチームの司令塔として活躍できる選手で、今後仮にラプターズから移籍するとした場合はPGを求めているチームから1年契約などで引き続きチームの立て直しなどの責務を任される可能性がある選手です。

おすすめ記事 → レブロンジェームズが不動の人気を勝ち取った3つの理由

おすすめ記事 → ジェームスハーデンに学ぶ!ユーロステップのコツ3選

【2021年NBA移籍する!?:マイク・コンリー】

Utah Jazz: Mike Conley is finally turning the corner - Sports ...

本名:マイク・コンリー(Mike Conley Jr.)

【誕生日】1987年10月11日
【出身地】アメリカ
【身長】185cm
【体重】82kg
【所属】ユタ・ジャズ
【背番号】11番
【ポジション】PG

制限なしのFA行使が出来るマイクコンリーはNBAのガード陣でもまだまだ価値が過小評価されている選手の1人で、2020-21年シーズンには自陣初となるNBAオールスター選手に選出されるなど、ユタジャズの快進撃を支えているPGであるのは間違えないです。今後、移籍するのかチームに留まるのか注目です。

おすすめ記事 → 【NBA比較】マイケルジョーダン」&コビーブライアント

おすすめ記事 → レブロンジェームスが不動の人気を勝ち取った3つの理由!!

【2021年NBA移籍する!?:デマー・デローザン】

「sanantonio spurs Demar」の画像検索結果

本名:デマー・デローザン(DeMar DeRozan)

【誕生日】1989年8月7日
【出身地】アメリカ合衆国カリフォルニア州
【身長】201cm
【体重】98kg
【所属】サンアントニオ・スパーズ
【背番号】10番
【ポジション】シューティングガード/スモールフォワード

カワイ・レナードとのトレードでスパーズに移籍して早2年スパーズでのその存在感を見せつけているデローザンは制限なしのFA選手となっています。シーズン終了後のFA戦線では生まれ故郷であるレイカーズが移籍の最有力候補ともいわれており、今後の移籍にも注目です。

About 餅つきうさぎ 688 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*