【NBAニュース】2022-23年シーズンで序盤に活躍するルーキー達

NBA2022-23年シーズンが開幕し早くも2週目が終わろうとしているが、NBAドラフト2022全体2位指名のチェット・ホルムグレン(オクラホマシティ・サンダー)こそケガの影響で開幕前にシーズン全休が決まってしまったものの、NBAドラフト2022年の上位指名5選手がすでにチームの主力として活躍し始めています。今回はそんな上位指名選手たちがどのような序盤戦を過しているかスタッツと共にご紹介します。

・パオロ・バンケロ(オーランド・マジック)

・ジャバリ・スミスJr.(ヒューストン・ロケッツ)

・キーガン・マレー(サクラメント・キングス)

・ジェイデン・アイビー(デトロイト・ピストンズ)

・ベネディクト・マサリン(インディアナ・ペイサーズ)

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

全体1位:パオロ・バンケロ(オーランド・マジック)

Magic rookie Paolo Banchero scores most points by No. 1 overall pick in NBA  debut since Allen Iverson in 1996 - CBSSports.com

208cm/113.4kg/デューク大学出身
成績:5試合、平均24.0得点、7.6リバウンド、3.2アシスト、1.6ブロック

2022年の全体1位指名として高い注目を集めるバンケロは、デビュー戦にしてその期待に大きく応えた。開幕初戦となったデトロイト・ピストンズ戦でいきなり27得点、9リバウンド、5アシスト、2ブロックの好成績をマーク。ドラフト全体1位指名の選手がNBAデビュー戦で20得点&5リバウンド&5アシスト超を記録したのは、2003年のレブロン・ジェームズ(当時クリーブランド・キャバリアーズ)以来のことだ。

その後もペースを落とさず、なんと5試合連続で20得点超を記録している。これを達成したことがあるルーキーは、ウィルト・チェンバレン、オスカー・ロバートソン、エルビン・ヘイズ、ドミニク・ウィルキンズ、グラント・ヒルの5人しかおらず、どの選手もバスケットボール殿堂入りを果たしている名選手だ。

全体3位:ジャバリ・スミスJr.(ヒューストン・ロケッツ)

Recap: Jabari Smith breaks out vs. Jazz, leads Rockets to first win

211cm/99.8kg/オーバーン大学出身
成績:5試合、平均14.2得点、7.4リバウンド、1.4ブロック

最初の数試合こそショットミスが多く苦しんでいた様子だったが、ここ数試合は3ポイントショットを中心に成功率を伸ばし始めている。1勝4敗のロケッツがここまで唯一勝利した現地10月25日のユタ・ジャズ戦では、3P5本中3本成功を含むFG10本中6本成功、21得点、そして9リバウンドを獲得している。

平均4.2ファウルとまだ荒削りな様子は見受けられるものの、211cmというサイズと外からのシュート力というスキルの組み合わせが、NBAで通じるものだという感触は掴みつつあるように感じられる。試合を重ねるごとに数字を伸ばしていきそうだ。

全体4位:キーガン・マレー(サクラメント・キングス)

Kings news: Keegan Murray showing off high confidence during preseason

203cm/102.1kg/アイオワ大学出身
成績:3試合、平均17.7得点、5.0リバウンド、FG成功率51.3%、3P成功率41.7%

開幕戦こそは安全衛生プロトコル入りで欠場となってしまったマレーだが、2試合目に出場してからは安定した活躍を残し続けている。当初はベンチスタートだったが、現地10月27日に行われたメンフィス・グリズリーズ戦では初先発出場も果たし、18得点、6リバウンドと活躍した。

平均3P試投数(8.0本)、3P成功数(3.3本)はともにルーキートップであり、それも41.7%という高確率で決めている。そのシュート力でスペーシングを生み出すだけでなく、ボールを持っていないときの動きも優れており、エースガードのディアロン・フォックスとの連携プレイの精度は高まるばかりだ。

全体5位:ジェイデン・アイビー(デトロイト・ピストンズ)

Video Breakdown: How Jaden Ivey creates open looks for his Detroit Pistons  teammates - Detroit Bad Boys

193cm/88.5kg/パーデュー大学出身
成績:4試合、平均16.0得点、4.3リバウンド、5.5アシスト、3P成功率42.9%

インサイド選手が多く指名されるドラフトで、最初に指名されたガード選手となったアイビーは高い得点能力とプレイメイク能力で期待値を超える活躍を見せていると言ってもいいのではないだろうか。

ターンオーバーの多さ(2.8)は少し気になるものの、3P成功率42.9%はルーキーガードとして優秀だ。昨年のドラフト全体1位指名のケイド・カニングハムと組むバックコートは、リーグ屈指のエキサイティングなコンビとなりそうだ。

全体6位:ベネディクト・マサリン(インディアナ・ペイサーズ)

The Whiteboard: Bennedict Mathurin already looks like a special scorer

196cm/95.3kg/アリゾナ大学出身
成績:5試合、平均20.8得点、5.0リバウンド、2.4アシスト、3P成功率38.7%

ここまで全試合でベンチからの出場となっているマサリンだが、先発起用も時間の問題だろう。ルーキーとしてはバンケロに次ぐ得点力を誇り、ペイサーズにとって必要な戦力となっている。

プレシーズン中は13本中わずか2本しか入らなかった3Pも、レギュラーシーズンに入ってからは平均試投6.2本で成功率38.7%と、しっかり修正してきている。今季唯一勝利を記録しているピストンズ戦では27得点、7リバウンドと大活躍だった。

About 餅つきうさぎ 984 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*