【2023年ドラフト】大胆予想!NBA2023年のドラフト候補選手は??パート3

NBA2022-23年シーズンのプレイオフも始まり、白熱した試合が続いていますが、今回は2023-24年シーズンの大きなカギとなるNBAドラフト2023年に名前が挙がっている選手達です。

毎年恒例とはなりますが、「大胆予想!NBA2023年のドラフト候補選手パート3」としてドラフト候補選手を紹介します。

早速独断と偏見とちょっとの参考サイトを基にした2023年ドラフト候補選手パート3を紹介します。何大学のどんな選手がの候補選手となっているのでしょうか?見ていきましょう。

・ニック・スミス

・キャメロン・ホイットモア

・ジャレス・ウォーカー

・ケイソン・ウォーレス

・キヨンテ・ジョージ

大胆予想第1弾、大胆予想第2弾、大胆予想第4弾、

おすすめ記事 →  歴史に名を刻むことができるか!?!?2011年NBAドラフト組

おすすめ記事 →  NBA界の”モンスター”を多数輩出した、2009年NBAドラフト

おすすめ記事 →  繋げ!ジョーダン引退後のNBA界を支えた名選手が集まる1998年NBAドラフト組

おすすめ記事 → 東日本大震災からの復興へ!当時の高校生が被災地につくるバスケットコートの夢

Contents

【NBAドラフト2023候補:ニック・スミス】

本名:ニック・スミス(Nick Smith)

【誕生日】2004年4月18日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】196cm
【体重】84kg
【所属】アーカンソー大学
【ポジション】シューティングガード

ニックスミスはアメリカ合衆国アーカンソー州で育ったバスケットボール選手です。

身長196cmながらも高い身体能力から繰り出されるスピードや跳躍力はNBAでも大きく通用する部分でもあると言われており、同世代の中ではトップクラスのスコアリング能力を持っているという評価も得ています。

さらに詳しくニック・スミスについて知りたい人はこちらをご確認ください。

おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】世界屈指の知名度を持つダンカー~ザイオン・ウィリアムソン~
おすすめ記事 → 【NBAドラフト2019】NBA界最高身長の血を引く男~ボル・ボル~

【NBAドラフト2023候補:キャメロン・ホイットモア】

本名:キャメロン・ホイットモア(Cam Whitmore)

【誕生日】2004年7月8日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】198cm
【体重】91kg
【所属】ビラノバ大学
【ポジション】スモールフォワード

キャメロンホイットモアはアメリカ合衆国で育ったバスケットボール選手です。

2022年にはゲータレード・メリーランド・ボーイズ・バスケットボール・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに選出され、メリーランド州の最優秀選手に選ばれています。

同年の2022年にはマクドナルドオールアメリカンにも選出されています。このマクドナルドオールアメリカンの試合では、イーストチームとして勝利を収めてゲームハイの19得点・8リバウンド・5アシスト・2スティールというスタッツを残しました。

ボルチモア・カトリック・リーグの年間最優秀選手で、2022年のジョーダン・ブランド・クラシックにも出場した経験を持っています。

世代トップクラスの選手として高い評価を得てNCAAディビジョンⅠのビラノバ大学へと進学をコミットしました。

さらに詳しくキャメロン・ホイットモアについて知りたい人はこちらをご確認ください。

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【NBAドラフト2023候補:ジャレス・ウォーカー】

本名:ジャレス・ウォーカー(Jarace Walker)

【誕生日】2003年9月4日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】203cm
【体重】109kg
【所属】ヒューストン大学
【ポジション】パワーフォワード/スモールフォワード

ジャレスウォーカーはアメリカ合衆国で育ったバスケットボール選手です。

ジャレスウォーカー、アメリカン・アスレチック・カンファレンス(AAC)のヒューストン・クーガーズで活躍する才能豊かなカレッジバスケットボール選手です。ポジションはパワーフォワードおよびスモールフォワードでプレーし、203cmの身長と109kgの体重で相手チームに圧力をかけます。ジャレスウォーカーはメリーランド州ボルチモア出身で、アメリカ国籍を持っています。

ジャレスウォーカーは高校時代、ペンシルベニア州グレンロックのSusquehannock高校で始まりましたが、その後フロリダ州ブレーデントンのIMGアカデミーに転校しました。シニア時には試合あたり16.7得点・8.2リバウンド・4アシストを記録し、2022年のマクドナルド・オール・アメリカン・ゲームに選出されました。また、2022年のナイキ・フープ・サミットにも出場を果たしています。

ジャレスウォーカーは、五つ星のリクルートであり、2022年クラスのトップ選手の一人として評価されていました。アラバマ大学とオーバーン大学からのオファーも受けましたが、最終的にヒューストン大学でプレーすることを決定しました。ジャレスウォーカーの活躍はすぐに証明され、2023年にはAAC新人王に輝き、AACオールセカンドチームおよびAACオールフレッシュマンチームに選出されました。

さらに詳しくジャレス・ウォーカーについて知りたい人はこちらをご確認ください。

おすすめ記事 →  バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー
おすすめ記事 →  バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【NBAドラフト2023候補:ケイソン・ウォーレス】

本名:ケイソン・ウォーレス(Cason Wallace)

【誕生日】2003年11月7日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】193cm
【体重】88kg
【所属】ケンタッキー大学
【ポジション】ポイントガード/シューティングガード

ケイソンウォーレスはアメリカ合衆国で育ったバスケットボール選手です。

ケイソンウォーレスは、アメリカ合衆国テキサス州リチャードソンにあるリチャードソン高校でバスケットボールを始めました。シニア時代に、1試合平均で19.9得点・7.4リバウンド・6.1アシストを記録し、テキサス州のゲータレードバスケットボール選手賞と、ダラス・モーニングニュースのボーイズバスケットボール選手賞を受賞しました。

また、2022年のマクドナルドオールアメリカンゲームとジョーダンブランドクラシックに選出されました。

5つ星のリクルートとされていたケイソンウォーレスは、ケンタッキー大学で大学バスケットボールをプレイすることを決めました。ケンタッキーワイルドキャッツの一員として、サウスイースタン・カンファレンス(SEC)でプレーしました。ケイソンウォーレス活躍は、チームの成功に大きく貢献し、NBAドラフトでの注目を集めることになりました。

さらに詳しくケイソン・ウォーレスについて知りたい人はこちらをご確認ください。

おすすめ記事 →  バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!
おすすめ記事 →  バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

【NBAドラフト2022候補:キヨンテ・ジョージ】

本名:キヨンテ・ジョージ(Keyonte George)

【誕生日】2003年11月8日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】193cm
【体重】84kg
【所属】ベイラー大学
【ポジション】シューティングガード

キヨンテジョージはアメリカ合衆国で育ったバスケットボール選手です。

2003年11月8日生まれのテキサス州出身のキーオンテジョージは、バスケットボールに情熱を持っている選手です。キヨンテジョージは高校時代にルイスビル高校でバスケットボールを始め、後にiSchool of Lewisvilleに転校し、さらにフロリダ州ブレイデントンのIMGアカデミーに転校しました。

総合的に5つ星のリクルートとされ、2022年クラスのトップ選手の一人として、キヨンテジョージはすでにバスケットボール界に大きなインパクトを与えている選手になりました。

193cm・84kgのキヨンテジョージは、パワフルなコンボガードで、非凡な運動能力と体格のコントロールを持っています。2022年のマクドナルドオールアメリカンゲーム、2022年のジョーダンブランドクラシック、2022年のナイキフープサミットなど、数多くの権威あるゲームやイベントに出場しています。

これまでの受賞歴には、ビッグ12カンファレンスの新人王、FIBA 3×3 U-18ワールドカップのMVP、2022年ナイスミス高校選手賞ファイナリストが含まれている選手です。

さらに詳しくキヨンテ・ジョージについて知りたい人はこちらをご確認ください。

おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~
おすすめ記事 →  履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【NBAドラフト2023候補 まとめ】

いかがでしたか?

●NBAドラフト2023候補:ニック・スミス
●NBAドラフト2023候補:キャメロン・ホイットモア
●NBAドラフト2023候補:ジャレス・ウォーカー
●NBAドラフト2023候補:ケイソン・ウォーレス
●NBAドラフト2023候補:キヨンテ・ジョージ

今回はNBAドラフト2023候補パート3を紹介しました。NBAはもちろんですが、ぜひNBAドラフト2023にも注目してみてください!

大胆予想第1弾、大胆予想第2弾、大胆予想第4弾、

おすすめ記事 → 東日本大震災からの復興へ!当時の高校生が被災地につくるバスケットコートの夢

About 餅つきうさぎ 1302 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*