【2023-24年NBA戦力分析】オクラホマシティ・サンダー

NBAの2023-24年シーズンが2022年10月より開幕します。今シーズンは昨シーズン同様にプレイイン・トーナメントを引き継ぎながら4月中旬までレギュラーシーズンを戦われます。

2023-24年シーズンはFA解禁トレードが各チーム行われ、チームの勢力図が変動しました。そこで今回は各チームの戦力分析をお送りしていこうと思います。

今回ご紹介するチームは・・・オクラホマシティ・サンダーです。

2022-23年シーズンのオクラホマシティ・サンダーはエースのシェイ・ギルジアス・アレクサンダーを筆頭にジョッシュ・キディーやジェイレンウィリアムズ、ルゲンツ・ドーツなど若手を筆頭にプレイイントーナメント出場を決めました。

2023-24年シーズンのオクラホマシティ・サンダーはオフシーズンにビクター・オラディポをヒートから獲得し、昨シーズン全休となったドラフト2位のチェット・ホルムグレンがルーキーシーズンとなり、注目の若手選手が多くいるシーズンとなりそうです。

そんなオクラホマシティ・サンダーの2023-24年シーズンの戦力分析を注目選手と共に掲載していきます。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

Contents

【オクラホマシティ・サンダー】

【reference=http://www.hoops.co.il/?p=133613】

まずはオクラホマシティ・サンダーのチームプロフィールです。

チーム名 : オクラホマシティ・サンダー

【創設】1967年
【本拠地】オクラホマ州オクラホマシティ
【所属】ウエスタン・カンファレンス
【チームカラー】青・オレンジ・白

オクラホマシティを本拠地として活動しているオクラホマシティ・サンダー。

元々はシアトル・スーパーソニックスというチームで活動しており、シアトルを本拠地に構えて活動していました。

2008年にオーナー会議によってシアトルから現在のオクラホマシティへと本拠地を移すことになったとのことです。

その後は、現在にもオクラホマシティにて活動を行っています。

オクラホマシティ・サンダー2022-23シーズン

【成績】プレーオフ未進出
【勝率】40勝42敗
【順位】ウエスタン・カンファレンス 10位

2022-23年シーズンのオクラホマシティ・サンダーはラッセル・ウエストブルックを放出してから再建モードとなっており、3年ぶりのNBAプレイオフ進出を狙う1年となりました。NBAドラフト2位指名のチェット・ホルムグレンをシーズン前のプロアマの試合でシーズン全休となるケガを負い、またエースのシェイ・ギルジアス・アレクサンダーやジョシュ・ギディーと言った若手のホープもケガが多く、なかなか厳しい1年となりました。

そんな中でシーズンを40-42と勝率5割直前まで何とか持っていき、プレイイントーナメント出場権をウエスタンカンファレンス10位で獲得しました。プレイイントーナメントでは9-10位対決でニューオリンズ・ペリカンズを破り、プレイオフ進出を果たすためにミネソタ・ティンバーウルブズと対決しました。結果的にはミネソタ・ティンバーウルブズに敗れ、シーズン終了となりました。

2023-24NBAシーズンの戦いに向けて、どのような戦力補強を行ったのでしょうか?

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】マイケル・ジョーダンの後継者~コービー・ブライアン~

おすすめ記事 →  【動画】最もバスケの神に近づいた男、コービー・ブライアントのハイライト動画集

【オクラホマシティ・サンダーの今シーズン】

30 Teams in 30 Days: Thunder pick up pieces in wake of Chet Holmgren's  injury | NBA.com

2023-24年のオクラホマシティ・サンダーは昨シーズンのドラフト2位で指名したチェット・ホルムグレンがケガから復帰し、エースのシェイ・ギルジアス・アレクサンダーと昨シーズン大きく成長したジョシュ・ギディーと若手のトリオ形成となり挑むシーズンとなりうそうです。

また今シーズンもNBAドラフト指名権で3人の選手をドラフトで指名しており、更なる若手の台頭にも期待が持て、また中堅のビクター・オラディポも獲得し、まずはプレイオフ進出が出来るか注目となります。

今後のオクラホマシティ・サンダーの2023-24年シーズンに注目です。

おすすめ記事 →  まさに伝説!?シャキール・オニールの凄すぎる逸話まとめ

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】バスケのルールを変えた最強センター~シャキール・オニール~

【オクラホマシティ・サンダーの注目選手】

【オクラホマシティ・サンダーの注目選手:シェイ・ギルジアス・アレクサンダー】

本名:シェイ・ギルジアス・アレクサンダー(Shai Gilgeous-Alexander)

【誕生日】1998年7月12日
【出身地】カナダ
【身長】196cm
【体重】82kg
【所属】オクラホマシティ・サンダー
【ポジション】PG/SG

NBAオールルーキー2ndチーム:2019

【オクラホマシティ・サンダーの注目選手:ルゲンツ・ドート

Oklahoma City Thunder ink Canadian G Luguentz Dort to multi-year deal -  TSN.ca

本名:ルゲンツ・ドート(Luguentz Dort)

【誕生日】1999年4月19日
【出身地】カナダ
【身長】191cm
【体重】98kg
【所属】オクラホマシティ・サンダー
【背番号】5番
【ポジション】SG/SF

【オクラホマシティ・サンダーの注目選手:ジョッシュ・ギディー】

In Josh Giddey, the Oklahoma City Thunder Have a Key Piece to Their Rebuild

本名:ジョシュ・キディー(Josh Giddey)

【誕生日】2002年10月10日
【出身地】オーストラリア
【身長】202cm
【体重】93kg
【所属】オクラホマシティ・サンダー
【ポジション】ポイントガード

おすすめ記事 →  バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  NBA最強のシューティングガード5選まとめ【ハイライト動画付】

【オクラホマシティ・サンダーの注目選手:チェット・ホルムグレン】

Chet Holmgren: No. 2 overall pick shines in NBA Summer League debut as he  sets record | CNN

本名:チェット・ホルムグレン(Chet Holmgren)

【誕生日】2002年05月01日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】213cm
【体重】88kg
【所属】ゴンザガ大学
【ポジション】センター

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

【オクラホマシティ・サンダーの戦力分析まとめ】

いかがでしたか?

●オクラホマシティ・サンダーとは?

●オクラホマシティ・サンダーの今シーズン

●オクラホマシティ・サンダーの注目選手

今回は、ウエスタンカンファレンス所属のオクラホマシティ・サンダーの今シーズン戦力分析を取り上げました。

2023-24年シーズンのオクラホマシティ・サンダーはエースのシェイ・ギルジアス・アレクサンダーを筆頭にジョッシュ・キディーやケガから復帰となるチェット・ホルムグレンなど若手の更なる飛躍が期待される1年となります。

オクラホマシティ・サンダーの今シーズンに注目してみてください。

About 餅つきうさぎ 1307 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*