【FIBAニュース】FIBAワールドカップ2023 ベストファイブが選出される

9月10日(日本時間)、FIBAバスケットボールワールドカップ2023が閉幕しました。決勝戦ではドイツがセルビアを下し、大会初優勝を成し遂げています。またカナダは銅メダルを争う3位決定戦でアメリカを倒し、初のメダルを獲得しました。

そして今大会でアジア勢で1位になった日本のほか、オーストラリア、カナダ、ドイツ、セルビア、南スーダン、そしてアメリカと、計6か国が2024年のパリオリンピック出場権を獲得しています。大会MVPに輝いたのは、ドイツを金メダルに導いたデニス・シュルーダーとなりました。

シュルーダ以外でFIBAバスケットボールワールドカップ2023のベストファイブに選ばれたのは、全員NBA選手となりました。大会MVPに選ばれたシュルーダーを筆頭に、セルビアのボグダン・ボグダノビッチ、カナダのシェイ・ギルジャス・アレクサンダー、アメリカのアンソニー・エドワーズ、スロベニアのルカ・ドンチッチが選ばれています。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~
おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ジョーダン編~

Contents

FIBAバスケットボールワールドカップ2023のオールスターファイブ

デニス・シュルーダー(ドイツ)

【誕生日】1993年9月15日
【出身地】ドイツ
【身長】185cm
【体重】78kg
【所属】トロント・ラプターズ
【ポジション】ポイントガード

シュルーダーはドイツを大会初優勝に導く活躍でMVPに選ばれた。決勝では28得点をあげ、金メダル獲得まで平均19.1得点、6.1アシストを記録している。

さらにデニス・シュルーダについて知りたい人はこちらを確認ください。

ボグダン・ボグダノビッチ(セルビア)

【誕生日】1992年8月18日
【出身地】セルビア
【身長】196cm
【体重】102kg
【所属】アトランタ・ホークス
【ポジション】シューティングガード

初めてセルビアの主将として臨んだ大会で、ボグダノビッチは母国を誇らせた。昨季のNBAファイナルMVPを受賞したニコラ・ヨキッチを欠きながら、セルビアが銀メダルを持ち帰ることができたのは、平均19.1得点、4.6アシスト、3.3リバウンドを記録したボグダノビッチの貢献があったからだ。

さらに詳しくボグダン・ボグダノビッチについて知りたい人はこちらを確認ください。

シェイ・ギルジャス・アレクサンダー(カナダ)

【誕生日】1998年7月12日
【出身地】カナダ
【身長】198cm
【体重】88kg
【所属】オクラホマシティ・サンダー
【ポジション】ポイントガード/シューティングガード

ギルジャス・アレクサンダーはカナダ代表でも期待を裏切らない活躍を見せた。大会平均24.5得点を記録。通算196得点はドンチッチ(216)に次ぐ2位の数字だ。ギルジャス・アレクサンダーの活躍で、カナダは初のメダルとなる銅メダル、そして2024年のパリオリンピック出場権を獲得した。

さらに詳しくシェイ・ギルジャス・アレクサンダーについて知りたい人はこちらを確認ください。

アンソニー・エドワーズ(アメリカ)

【誕生日】2001年8月5日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】196cm
【体重】102kg
【所属】ミネソタ・ティンバーウルブス
【ポジション】シューティングガード

今大会でのブレイクを予想した人も多かった22歳のエドワーズは、その期待に応えてみせた。アメリカは2大会連続でメダルを逃す落胆に終わったが、エドワーズ自身は平均18.9得点を記録。リトアニア戦では35得点をあげている。

さらに詳しくアンソニー・エドワーズについて知りたい人はこちらを確認ください。

ルカ・ドンチッチ(スロベニア)

【誕生日】1999年2月29日
【出身地】スロベニア
【身長】201cm
【体重】104kg
【所属】ダラス・マーベリックス
【ポジション】ポイントガード/シューティングガード

24歳のドンチッチが再び世界の舞台で圧倒的な支配ぶりを見せた。大会最多の平均27.0得点、7.1リバウンド、6.1アシストを記録し、スロベニアでワンマンショー。チームは準々決勝でカナダに屈し、メダル獲得には及ばなかったが、ドンチッチは彼がいる限りスロベニアが常にメダルを競えることを示した。

さらに詳しくルカ・ドンチッチについて知りたい人はこちらを確認ください。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

FIBAバスケットボールワールドカップ2023のオールセカンドチーム

FIBAバスケットボールワールドカップ2023のオールセカンドチームに選ばれたのは、優勝メンバーであるドイツのフランツ・バグナーや、イタリアのシモーネ・フォンテッキオ、ラトビアのアルトゥルス・ザガース、リトアニアのヨナス・バランチュナス、セルビアのニコラ・ミルティノフが選出されています。

About 餅つきうさぎ 1307 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルでバスケを楽しんでいる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*