【Bリーグ戦力分析|2021-2022】川崎ブレイブサンダース

HOOPS JAPANをご覧の皆さん、こんにちわ。ハリネズミです。

今回は新たに始まるBリーグ新シーズンのチーム分析を行っていきたいと思います。

戦力分析を行うチームは、川崎ブレイブサンダースです。

昨シーズンは優勝に手は届かなかったものの、シーズン通して勝率7割を超え、激戦区とも言われている東地区の3位に入っている川崎ブレイブサンダース。安定感のある強さで昨シーズンは戦い抜きました。

新シーズンに関してもその強さは維持されたまま臨んでくると考えられます。

川崎ブレイブサンダースの戦力分析を注目選手と共に紹介していきたいと思います。

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~

↓Bリーグの試合を観戦したい方は↓
↓↓↓今すぐ下の画像をクリック!↓↓↓

【川崎ブレイブサンダースのプロフィール】

川崎ブレイブサンダース -概要- 

【チーム正式名】川崎ブレイブサンダース
【創設】1950年
【本拠地】神奈川県川崎市
【所属】中地区
【チームカラー】ブレイブレッド・ヴィクトリーゴールド

川崎ブレイブサンダース -昨シーズン成績-

【地区順位】B1東地区3位
【シーズン勝敗】43勝16敗

神奈川県川崎市に本拠地を構える川崎ブレイブサンダース。

冒頭にも取り上げましたが、シーズンを通して勝率7割を超える強さを見せつけた昨シーズン。主力プレイヤーとして継続して出場している藤井祐眞選手やニックファジーカス選手らが中心となって強さを維持しています。

昨シーズンに関しては、藤井祐眞選手がシーズンベスト5・ベストディフェンダー賞・ベストタフショット賞の3冠を受賞。ニックファジーカス選手がシーズンベスト5(3年振り3回目)。ルーキーとしてチームに加入していた増田啓介選手が新人賞ベスト5・NEXT STAR賞を受賞しています。

個々でそれぞれタイトルを取ることのできる布陣が揃っており、日本代表経験を持つ篠山竜生選手も在籍しています。惜しくもチャンピオンシップにて優勝には届きませんでしたが、新シーズンは新たな戦力と共に戦ってくるのではないでしょうか。

そこで、川崎ブレイブサンダースにはどんなプレイヤーが在籍しているのでしょうか?注目選手として取り上げていこうと思います。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【川崎ブレイブサンダースの注目選手紹介】

次からは、川崎ブレイブサンダースのBリーグ2020-2021シーズン注目選手を3名をほど紹介していこうと思います。

それぞれの選手のプロフィールも掲載していますので、チェックしてみてください。

『川崎ブレイブサンダース注目選手①:藤井祐眞』

【reference=https://news.jsports.co.jp/basketball/article/20190310220388/】

【誕生日】1991年12月23日
【出身地】島根県
【身長】178cm
【体重】75kg
【出身校】藤枝明誠高校 → 拓殖大学
【所属】川崎ブレイブサンダース
【背番号】0番
【ポジション】ポイントカード/シューティングガード

川崎ブレイブサンダースの1人目の注目選手は、藤井祐眞選手です。

注目選手として取り上げたのは言うまでもないかもしれません(ちなみに昨年の戦力分析においても取り上げていました。昨年の川崎ブレイブサンダースに関する戦力分析はこちら)。

昨シーズンはシーズンベスト5・ベストディフェンダー賞・ベストタフショット賞の3冠を受賞。一昨日のシーズンに関しては、シーズンベスト5・ベスト6thマン・ベストディフェンダーの3冠を取るなど、最近のBリーグアワードではタイトルに必ずと言っていいほど名前が挙がっています。

シーズンベスト5とベストディフェンダー賞に至っては2年連続の受賞となっています。驚異的な選手です。成長し続けているポイントガードプレイヤーの1人なのは間違いないでしょう。

昨シーズンは1試合平均で10.5得点・4.2アシスト・1.1スティールのスタッツを残しています。FG43.3%・3PFG35.4%と成功率も安定している印象です。

鋭いドライブからゴール下に切れ込んで相手との接触がありながらも得点をねじ込む決定力が持ち味です(ベストタフショット賞を受賞しているほどです)。加えて、攻撃的なディフェンス。相手のガード陣を驚異の運動量で抑え込みチームに流れを引き込むことができる選手です。

川崎ブレイブサンダースの中心選手となっているのは間違いないので、新シーズンに関しても注目選手になり、要注意人物と言えると思っています。

Bリーグ2021-2022シーズンの藤井祐眞選手に注目してみてください。

藤井祐眞選手に関する紹介記事はこちらをクリック。

おすすめ記事 → アイソレーションとは何か?バスケ用語解説!

おすすめ記事 → バスケのレイアップ10種類まとめ!これで得点力が劇的アップ!

『川崎ブレイブサンダース注目選手②:増田啓介』

【reference=https://basket-count.com/article/detail/35650】

【誕生日】1998年1月22日
【出身地】静岡県
【身長】194cm
【体重】90kg
【出身校】福岡大大濠高校 → 筑波大学
【所属】川崎ブレイブサンダース
【背番号】11番
【ポジション】スモールフォワード

川崎ブレイブサンダースの2人目の注目選手は、増田啓介選手です。

昨シーズン、新人賞ベスト5・NEXT STAR賞の2冠を達成している増田啓介選手。ルーキーとして臨んだ昨シーズンはチームの勝利に貢献するようなプレーを連発をしていた印象が残っています。この勝利へ貢献できる決定力がある部分を注目選手として取り上げた理由でもあります。

増田啓介選手は世代別の日本代表に確実に選出されてきた選手となっています。U-19のワールドカップではNBAでも活躍している八村塁選手と共に世界のトッププレイヤーたちと対戦してきた経験も持っています。同世代では知らない方はいないのではないでしょうか。

筑波大学3年時・4年時に川崎ブレイブサンダースと特別指定選手として契約を果たし、大学を卒業後に正式に川崎ブレイブサンダースと契約を果たしています。川崎ブレイブサンダースも増田啓介選手が大学時代から注目していた選手と言っても過言ではないでしょう。

ポストプレーやミドルシュートなどの多彩な攻撃パターンを兼ね備えている増田啓介選手。プロの舞台へ進出後に成長を魅せてきているのが3Pシュートです。高校・大学時代は194cmという長身でインサイドの任されていましたが、Bリーグ(プロ)の舞台ではスモールフォワードのポジションを担うことが増えてきている印象です。

新シーズンはアウトサイドからの得点に更に磨きをかけて臨んでくると考えています。アウトサイドからのチームの勝利に貢献してくる増田啓介選手は要チェックです。

Bリーグ2021-2022シーズンの増田啓介選手に注目してみてください。

増田啓介選手に関する紹介記事はこちらをクリック。

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力が劇的に上がる筋トレメニュー5選

おすすめ記事 → バスケでジャンプ力を上げる3つのストレッチ法

『川崎ブレイブサンダース注目選手③:前田悟』

【reference=https://basketballking.jp/news/japan/b1/20200509/229131.html】

【誕生日】1997年3月6日
【出身地】山形県
【身長】192cm
【体重】88kg
【出身校】山形南高校 → 青山学院大学
【所属】富山グラウジーズ → 川崎ブレイブサンダース
【背番号】13番
【ポジション】シューティングガード

川崎ブレイブサンダースの3人目の注目選手は、前田悟選手です。

昨シーズンまでは富山グラウジーズにてプレーしていた前田悟選手が新天地として選択したのが川崎ブレイブサンダースでした。2019-2020のBリーグシーズンでは新人王にも輝いている前田悟選手。

昨シーズンは1試合平均で9.4得点・2.6リバウンドを記録しています。FG43.2%・3PFG39.6%と3Pシュートに関しては4割近い成功率を誇っています。

3Pの成功率を見てわかるように、前田悟選手はアウトサイドからの得点能力に長けている選手です。一度入りだすと止まらないアウトサイドシュートに加えて、試合の重要な局面で確実にシュートを決めてくる正確性も兼ね備えています。

注目選手として取り上げたのはアウトサイドからの得点能力が高い部分が一番の要因です。ご存知の方も多いとは思いますのが、昨シーズンまで川崎ブレイブサンダースに在籍していた2人のビッグシューターでもある辻直人選手と大塚裕土選手がチームを離れていしまいました。

そのためアウトサイドシューターのポジションで選手の補強が必要となっていました。前田悟選手が川崎ブレイブサンダースに加入してもらうのは非常に大きな戦力となっていくのは間違いないでしょう。新天地での活躍に期待が高まりますね。

Bリーグ2021-2022シーズンの前田悟選手に注目してみてください。

前田悟選手に関する紹介記事はこちらをクリック。

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

おすすめ記事 → バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

【川崎ブレイブサンダースのBリーグ2021-2022シーズン】

ここまで、川崎ブレイブサンダースの昨シーズンと注目選手について取り上げてきました。

昨シーズン、7割を超える勝率を記録するなど安定感のある強さを誇っている川崎ブレイブサンダース。昨シーズンの主力して活躍していた、藤井祐眞選手や増田啓介選手に加えて、日本代表経験を持っている篠山竜生選手やニックファジーカス選手(帰化選手)の残留も決まっています。

また、昨シーズンの川崎ブレイブサンダースのインサイドを牽引したジョーダンヒース選手、パブロアギラール選手の残留も決まっていますね。

新加入選手として、注目選手に取り上げた前田悟選手に加えて仙台89ersより鎌田裕也選手、青森ワッツより綱井勇介選手も加入予定です。外国籍選手にはヨーロッパで経験豊富なマットジャニング選手との契約も決まっています。マットジャニング選手は196cmのシューティングガードです。

注目選手に関しては個人的な意見を元に取り上げています。今回取り上げた選手以外にも注目選手や注目のスタッフなどがいましたらコメントいただきますと幸いです。

おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

↓Bリーグの試合を観戦したい方は↓
↓↓↓今すぐ下の画像をクリック!↓↓↓

【川崎ブレイブサンダース戦力分析まとめ】

いかがでしたか?

●川崎ブレイブサンダースのプロフィール
●川崎ブレイブサンダース注目選手①:藤井祐眞
●川崎ブレイブサンダース注目選手②:増田啓介
●川崎ブレイブサンダース注目選手③:前田悟
●川崎ブレイブサンダースのBリーグ2021-2022シーズン

今回はBリーグ2021-2022シーズンの川崎ブレイブサンダースに関する戦力分析を行いました。

安定感のある既存メンバーに加えて、新戦力の補強を十分に行っている川崎ブレイブサンダース。チームを完成させて新シーズンに臨んでくるのは間違いないでしょう。

川崎ブレイブサンダースのBリーグ2021-2022シーズンに注目してみてください。

About ハリネズミ 774 Articles
気配り上手でまめな性格。ボールハンドリングはずば抜けてるのと、髪型がなんかハリネズミっぽい。セカンドネーム「なつやすみ」。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*