【2021-22年NBA戦力分析】ロスアンゼルス・レイカーズ

NBAの2021-2022年シーズンが2021年10月19日(日本時間20日)に開幕します。2020‐21年シーズンは新型コロナウィルス蔓延によりイレギュラースケジュールとなりましたが、今シーズンは昨シーズン同様にプレイイン・トーナメントを引き継ぎながら4月中旬までレギュラーシーズンを戦います。

2021‐22年シーズンはFA解禁前後にトレードが各チーム行われ、チームの勢力図が大きく変動しました。そこで今回は各チームの戦力分析をお送りしていこうと思います。

今回ご紹介するチームは・・・ロスアンゼルス・レイカーズです。

2020-21年シーズンのロスアンゼルス・レイカーズはシーズン序盤こそ前シーズンのチャンピオンらしくウエスタン・カンファレンス上位でいたものの、主力であるアンソニー・デイビスのケガによる30試合の欠場、さらにレブロン・ジェームスも26試合の欠場が響き何とかプレイオフ進出こそ果たしたものの、プレイオフファーストラウンドでフェニックス・サンズに敗れるという形でシーズンを終えました。

2021-2022年シーズンはワシントン・ウィザースからラッセル・ウエストブルックを加え、新生ビックスリーを形成し、チャンピオン返り咲きを目指すシーズンとなります。

そんなロスアンゼルス・レイカーズの2021-22年シーズンの戦力分析を注目選手と共に掲載していきます。

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【ロスアンゼルス・レイカーズ】

まずはロサンゼルス・レイカーズのチームプロフィールです。

チーム名 : ロサンゼルス・レイカーズ

【創設】1946年
【本拠地】カリフォルニア州ロサンゼルス
【所属】ウエスタン・カンファレンス
【チームカラー】黄・紫・白

ロサンゼルスを本拠地として活動しているロサンゼルス・レイカーズ。

NBA優勝の経験を16回もしており、数多くの伝説を残してきた選手が在籍していた経歴も持つ、NBAを代表するチームとも言えるでしょう。

マジック・ジョンソンの在籍していた時代やコービー・ブライアント、シャキール・オニールが在籍していた時代など、有名選手が多く歴史あるチームでもあります。

ロスアンゼルス・レイカーズの2020-2021シーズン

【成績】プレーオフ進出
【勝率】42勝30敗
【順位】ウエスタン・カンファレンス 7位

2020-21年のロスアンゼルス・レイカーズはNBAチャンピオンとして挑む大会となりましたが、コロナウィルス蔓延によるシーズンスケジュールがずれたこともあり、ファイナル後約2ヵ月半ほどの休養で新シーズンが始まるという過去無かったオフシーズンの短さで迎えたシーズンとなりました。

シーズン序盤は先シーズンのチャンピオンに相応しく、ウエスタン・カンファレンス2位(21-7)につけていましたが、そこからオフ期間が短かったことによる肉体的な疲労も重なったかアンソニー・デイビスがケガによる30試合の欠場、さらにレブロン・ジェームスも足首のねん挫で26試合離脱、さらにデニス・シュルーダーもコロナヘルスプロトコルで戦線離脱することが多く、レブロン・ジェームスとアンソニー・デイビスというビックデュオを欠いたチームは、12勝16敗と負け越しなんとかウエスタン・カンファレンス7位でプレイイントーナメントが決まりました。

プレイイン・トーナメントではゴールデンステートウォリアーズと対戦となり、何とか勝利をつかみプレイオフ進出を決めましたが、続くプレイオフ初戦のフェニックス・サンズ戦では2-4と敗れ2連覇はかないませんでした。

2021-2022NBAシーズンの戦いに向けて、どのような戦力補強を行ったのでしょうか?

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】マイケル・ジョーダンの後継者~コービー・ブライアン~

おすすめ記事 →  【動画】最もバスケの神に近づいた男、コービー・ブライアントのハイライト動画集

【ロスアンゼルス・レイカーズの今シーズン】

LAKERS ROSTER UPDATE AFTER FREE AGENCY SIGNINGS! Los Angeles Lakers 2021  Off-Season - YouTube

2021-22年シーズンのロスアンゼルス・レイカーズはベテラン勢を大幅に補強しました。まずはワシントン・ウィザースからロサンゼルス出身であるラッセル・ウエストブルックを加え、さらにポートランド・トレイルブレイザーズから2003年ドラフトでレブロンジェームスとの同期に当たるカーメロ・アンソニーを加えました。さらにドワイト・ハワードが3度目のレイカーズへの移籍や、レイジョン・ロンドの復帰、若手のホープとしてはケンドリック・ナンを加え、レイカーズでの生え抜きであるタレン・ホーソン・タッカーなどとプレイをします。

昨シーズン序盤のように各プレイヤーが怪我無く、安定してプレイが出来れば間違いなくウエスタン・カンファレンス首位を狙えるチームであることは折り紙付きですが、FA戦線にてレイカーズのヤングコアメンバーであった、カイル・クズマ、KCP、アレックス・カルーソ、モントレズ・ハレルなどのハッスルするメンバーを放出しているので、ディフェンス面での体力には課題視がされています。

今後のロスアンゼルス・レイカーズの2021-2022年シーズンに注目です。

おすすめ記事 →  まさに伝説!?シャキール・オニールの凄すぎる逸話まとめ

おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】バスケのルールを変えた最強センター~シャキール・オニール~

【ロスアンゼルス・レイカーズの注目選手】

【ロサンゼルス・レイカーズの注目選手:レブロン・ジェームス】

本名:レブロン・ジェームス(LeBron James)

【誕生日】1984年12月30日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】203cm
【体重】113.5kg
【所属】ロスアンゼルス・レイカース
【背番号】6番
【ポジション】SF/PG
【受賞歴】

  • 4×NBAチャンピオン:2012, 2013, 2016, 2020
  • 4×NBAファイナルMVP:2012, 2013, 2016, 2020
  • 4×MVP:2009, 2010, 2012, 2013
  • 17×NBAオールスターゲーム出場:2005-2021
  • 3×NBAオールスターゲームMVP:2006, 2008, 2018
  • 新人王:2004
  • 得点王:2008
  • アシスト王:2020
  • オールNBAチーム13×1stチーム:2006, 2008-2018, 2020
  • 3×2ndチーム:2005, 2007, 2021
  • 1×3rdチーム:2019
  • NBAオールディフェンシブチーム5×1stチーム:2009-2013
  • 1×2ndチーム:2014
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム:2004
  • シーズン最多得点 : 2018 (2251得点)
  • 4×AP通信年間最優秀アスリート賞 : 2013, 2016, 2018, 2020
  • 2×ミスター・バスケットボールUSA : 2002, 2003
  • タイム誌年間最優秀アスリート賞 : 2020
  • USAバスケットボール男子年間最優秀選手:2012
  • マクドナルド・オール・アメリカンMVP : 2003
  • 2×ゲータレード年間最優秀選手賞 : 2002, 2003
  • 3×オハイオ州ミスター・バスケットボール : 2001-2003

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

【ロサンゼルス・レイカーズの注目選手:アンソニー・デイビス】

本名:アンソニー・デイビス (Anthony Davis)

【誕生日】1993年3月11日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】208cm
【体重】115kg
【所属】ロスアンジェルス・レイカーズ
【ポジション】PF/C
【背番号】23番
【受賞歴】

  • NBAチャンピオン : 2020
  • 7×NBAオールスターゲーム出場 : 2014-2021
  • NBAオールスターゲームMVP : 2017
  • 3×ブロック王 : 2014, 2015, 2018
  • オールNBAチーム4×1stチーム:2015, 2017, 2018, 2020
  • NBAオールディフェンシブチーム2×1stチーム:2018, 2020
  • 2×2ndチーム:2015, 2017
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム : 2013
  • NCAAチャンピオン : 2012
  • NCAAファイナルフォー最優秀選手 : 2012
  • ナショナル・カレッジ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー : 2012
  • オールアメリカンコンセンサスファーストチーム : 2012
  • NABC年間最優秀守備選手賞 : 2012
  • USBWAナショナル・フレッシュマン・オブ・ザ・イヤー : 2012
  • SEC年間最優秀選手 : 2012
  • NCAAブロック王 : 2012
  • SEC年間最優秀守備選手賞  : 2012
  • SEC新人王 : 2012
  • パレード誌オールアメリカンファーストチーム : 2011
  • マクドナルド・オール・アメリカン : 2011

おすすめ記事 →  バスケで一流のポイントガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  ポイントガードにおすすめバッシュ3戦とその選び方

【ロスアンゼルス・レイカーズ注目選手:ラッセル・ウエストブルック】

Lakers Acquire Russell Westbrook | Los Angeles Lakers

ラッセル・ウエストブルック(Russell Westbrook)

【誕生日】1988年11月12日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】191cm
【体重】91kg
【所属】ロスアンゼルス・レイカーズ
【背番号】0番
【ポジション】ポイントガード

  • MVP : 2017
  • 2×得点王 : 2015, 2017
  • 3×アシスト王 : 2018, 2019, 2021
  • オールNBAチーム
    • 2×1stチーム : 2016, 2017
    • 5×2ndチーム : 2011-2013, 2015, 2018
    • 2×3rdチーム : 2019, 2020
  • 9×NBAオールスターゲーム出場 : 2011-2013, 2015-2020
  • 2×NBAオールスターMVP : 2015, 2016
  • NBAオールルーキーチーム
    • 1stチーム : 2009
  • All-Pac-10サードチーム : 2008
  • Pac-10年間最優秀守備選手 : 2008
  • Pac-10オールディフェンシブチーム : 2008

おすすめ記事 →  バスケで一流のセンターになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  センターにおすすめのバッシュ3選とその選び方

【ロスアンゼルス・レイカーズ注目選手:ケンドリック・ナン】

Lakers Sign Kendrick Nunn | Los Angeles Lakers

本名:ケンドリック・ナン(Kendrick Nunn)

【誕生日】1995年8月3日
【出身地】アメリカ
【身長】188cm
【体重】86kg
【所属】ロスアンゼルス・レイカーズ
【背番号】12番
【ポジション】PG/SG

  • NBAオールルーキーチーム1stチーム : 2020
  • ホライズン・リーグ:MVP
  • ホライズン・リーグ:1stチーム (2018年)
  • ビッグ・テン・カンファレンス:オールフレッシュマンチーム(2014年)

おすすめ記事 → バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるため12の練習メニュー

【ロスアンゼルス・レイカーズ注目選手:カーメロ・アンソニー】

Lakers' LeBron James Influence Takes Carmelo Anthony Away from Damian  Lillard - Sports Illustrated LA Lakers News, Analysis and More

本名:カーメロ・アンソニー(Carmelo Anthony)

【誕生日】1984年5月29日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】203cm
【体重】109kg
【所属】ロスアンゼルス・レイカーズ
【背番号】7番

  • 10×NBAオールスターゲーム出場 : 2007, 2008, 2010~2017
  • 得点王 : 2013
  • オールNBAチーム
    • 2×2ndチーム : 2010, 2013
    • 4×3rdチーム : 2006, 2007, 2009, 2012
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム:2004
  • NBAルーキーチャレンジ : MVP: 2005
  • USAバスケットボール男子年間最優秀選手:2006, 2016
  • NCAAチャンピオン : 2003

おすすめ記事 → 237cmのウィングスパンを持つ男ーモハメド・バンバ

おすすめ記事 → アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男ートレー・ヤング

【ロスアンゼルス・レイカーズ注目選手:ドワイト・ハワード】

【誕生日】1985年12月8日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】211cm
【体重】120kg
【所属】ロスアンゼルス・レイカーズ
【ポジション】C
【受賞歴】

  • NBAチャンピオン : 2020
  • 8×NBAオールスターゲーム出場 : 2007~2014
  • 5×リバウンド王:2008, 2009, 2010, 2012, 2013
  • 2×ブロック王:2008, 2009
  • 4×ダンクシュート成功数1位:2006~2009
  • 3×NBA最優秀守備選手賞:2009~2011
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム:2005
  • オールNBAチーム
    • 5×1stチーム:2008~2012
    • 1×2ndチーム  : 2014
    • 2×3rdチーム:2007, 2013
  • NBAオールディフェンシブチーム
    • 4×1stチーム:2009~2012
    • 2ndチーム:2008
  • NBAスラムダンクコンテスト優勝:2008
  • フィールドゴール成功率1位(英語版) : 2010
  • ネイスミス年間最優秀予備選手賞 : 2004
  • マクドナルド・オール・アメリカンMVP : 2004
  • パレード誌オールアメリカンファーストチーム : 2004
  • ジョージア州・ミスターバスケットボール : 2004

おすすめ記事 →  バスケで一流のポイントガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 →  ポイントガードにおすすめバッシュ3戦とその選び方

【ロスアンゼルス・レイカーズ注目選手:レイジョン・ロンド】

NBA Rumors: Lakers Planning To Sign Rajon Rondo After Clearing Waivers From  Buyout With Grizzlies

本名:レイジョン・ロンド(Rajon Rondo)

【誕生日】1986年2月22日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】185cm
【体重】79kg
【所属】ロスアンゼルス・レイカーズ
【背番号】4番

  • NBAチャンピオン : 2008,2020
  • 3×アシスト王 : 2012, 2013, 2016
  • スティール王 : 2010
  • オールNBAチーム
    • 3rdチーム : 2012
  • NBAオールディフェンシブチーム
    • 2×1stチーム : 2010, 2011
    • 2×2ndチーム : 2009, 2012
  • NBAオールルーキーチーム 2ndチーム : 2007
  • 4×NBAオールスターゲーム : 2010 – 2013

おすすめ記事 → バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

おすすめ記事 → バスケでキレイなシュートフォームを身につける5のコツ

【ロスアンゼルス・レイカーズの戦力分析まとめ】

いかがでしたか?

●ロスアンゼルス・レイカーズとは?

●ロスアンゼルス・レイカーズの今シーズン

●ロスアンゼルス・レイカーズの注目選手

今回は、ウエスタンカンファレンス所属のロスアンゼルス・レイカーズの今シーズン戦力分析を取り上げました。

2020-21年シーズンのロスアンゼルス・レイカーズはプレイオフでフェニックス・サンズに敗れ2連覇を逃しましたが、新たにラッセル・ウエストブルックを加えビックスリーを形成しました。ベテラン勢も多く集まっており、若手をいかに活用しながらチームをまとめていけるか注目です。

ロスアンゼルス・レイカーズの今シーズンに注目してみてください。

About 餅つきうさぎ 747 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*