【NBAニュース】2021年NBAオールスターライジングスターロスターに八村が入る

今年のオールスターは新型コロナウィルスにより小規模開催のため、例年オールスターウィークエンド初日に行なわれるライジングスターは開催されないものの、3月3日(日本時間4日)にNBAは、2021年NBAライジングスターズに選出された20選手を発表しました。

各チームのアシスタントコーチたちの投票によって、この日発表されたU.S.チーム(アメリカ出身)とWORLDチーム(外国籍出身)のロースターは下記のとおりとなります。

■2021 NBAライジングスターズ ロースター

<U.S.チーム>

ラメロ・ボール(ホーネッツ/R)

アンソニー・エドワーズ(ウルブズ/R)

タイリース・ハリバートン(キングス/R)

タイラー・ヒーロー(ヒート/2)

ディアンドレ・ハンター(ホークス/2)

ケルドン・ジョンソン(スパーズ/2)

ジャ・モラント(グリズリーズ/2)

マイケル・ポーターJr.(ナゲッツ/2)

ザイオン・ウィリアムソン(ペリカンズ/2)

ジェームズ・ワイズマン(ウォリアーズ/R)

<WORLDチーム>

プレシャス・アチウワ(ヒート/R/ナイジェリア)

ニケイル・アレキサンダー・ウォーカー(ペリカンズ/2/カナダ)

デニ・アブディヤ(ウィザーズ/R/イスラエル)

RJ・バレット(ニックス/2/カナダ)

ファクンド・カンパッソ(ナゲッツ/R/アルゼンチン)

ブランドン・クラーク(グリズリーズ/2/カナダ)

ルージェンツ・ドート(サンダー/2/カナダ)

八村塁(ウィザーズ/2/日本)

テオ・マレドン(サンダー/R/フランス)

マイケル・ムルダー(ウォリアーズ/2/カナダ)

八村は2度目のライジングスターズ選出となり、日本人選手として再び史上初の快挙を果たしました。今シーズンは平均12.6得点、5.5リバウンド、1.8アシスト、フィールドゴール成功率45.6%を記録しています。

U.S.チーム(アメリカ出身選手チーム)には、オールスターゲームに初選出されているザイオン・ウィリアムソン(ニューオーリンズ・ペリカンズ)、ジャ・モラント(メンフィス・グリズリーズ)のほか、今季2度の月間最優秀新人に選出されたラメロ・ボール(シャーロット・ホーネッツ)やタイリース・ハリバートン(サクラメント・キングス)などが選出されました。

一方のワールドチーム(米国外出身選手チーム)には、ウィザーズから八村塁(日本出身)とデニ・アブディヤ(イスラエル出身)が、また、カナダ出身の選手が6人(ニキール・アレクサンダー・ウォーカー、RJ・バレット、ブランドン・クラーク、ルーゲンツ・ドート、マイカル・モルダー)選ばれています。

チーム・デュラントとチーム・レブロンが対戦する第70回NBAオールスターゲームは現地時間3月7日に開催されます。以下オールスターのリザーブメンバーは以下です。是非合わせて確認ください!

About 餅つきうさぎ 745 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*