【2019年ドラフト】大胆予想!2019年のドラフト候補選手は??

2019年も始まり3日目になりました。NBAも盛り上がっていますが今回紹介するのは、2019年のドラフト候補として名前が挙がっている選手を少し早いですがドラフト大胆予想!ということでまとめてみました。

今回取り上げるドラフト候補の中には、日本人3人目のNBA選手としてドラフト指名が濃厚と言われている八村塁選手も入っています!

日本人選手が、ドラフトトップ10に入っているのは考え深いですね!

前置きはさておき、早速独断と偏見とちょっとの参考サイトを基にした2019年ドラフト候補選手を紹介します。

早速NBAドラフト2019の候補選手を見ていきましょう。

 

おすすめ記事 →  歴史に名を刻むことができるか!?!?2011年NBAドラフト組

おすすめ記事 →  NBA界の”モンスター”を多数輩出した、2009年NBAドラフト

おすすめ記事 →  繋げ!ジョーダン引退後のNBA界を支えた名選手が集まる1998年NBAドラフト組

 

 

【NBAドラフト2019候補①:RJ・バレット】

Image result for rj barrett

【アールジェー・バレット(RJ Barrett)】

【誕生日】2000年6月14日
【出身地】カナダ
【身長】201cm
【体重】92kg
【所属】デューク大学
【背番号】5番
【ポジション】シューティングガード

デューク大学の有名選手はザイオン・ウィリアムソンだけではないのはみなさんご存知でしょうか??U-19世界選手権のMVP選手がデューク大学には在籍しております。

2017年の世界選手権ではカナダ代表として優勝に導き、アメリカ代表選では38得点を記録しアメリカを破る原動力となりました。

2018年の主な受賞歴としては、 「ゲータレード・ナショナルプレイヤー・オブザイヤー(2018)」「ネイスミス・プレップ・プレイヤーオブザイヤー(2018)」「オールアメリカン選出(2018)」などがあり、2019年のNBAドラフトの最有力候補です!

NBA入団後の注目が高まる選手であることは間違いありませんので、注目してみてください。

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】身体能力・技術力が豊富で、NBAでも即戦力プレイヤー~マービン・バグリー~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ヨーロッパが生んだ大型ポイントガード~ルカ・ドンチッチ~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】237cmのウィングスパンを持つ男〜モハメド・バンバ〜

 

 

【 NBAドラフト2019候補 ②:ザイオン・ウィリアムソン】

Image result for zion williamson

【ザイオンウィリアムソン(Zion Williamson)】

【誕生日】2000年7月6日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】198cm
【体重】123kg
【所属】デューク大学
【ポジション】スモールフォワード

プロフィールを見て驚いた方もいるかもしれませんが、ついに2000年生まれの選手が名を挙げる時代になりましたね。

ザイオン・ウィリアムソンもその1人です。

小さい頃からバスケットボールを練習していたザイオン・ウィリアムソンは、5歳の頃には有名な大学へ進学しようと考えていたそうです。

小さい頃からバスケットボールに触れられる環境があったからこそ全米で話題の選手になりえたのではないでしょうか?

以前書いた記事もあります!こちらもあわせてどうぞ!

 

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】若きディフェンシブセンターの挑戦~ジャレン・ジャクソン・Jr~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】大学No.1のディフェンス力を手にした男~ジェボン・カーター~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】秀才さと機動力を活かせるビックマン~ウェンデル・カーター・Jr~

 

 

【 NBAドラフト2019候補 ③:ジャ・モーラント】

Image result for ja morant

【ジャ・モーラント(Ja Morant)】

【誕生日】1999年8月10日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】191cm
【体重】79kg
【所属】マーレイステート(Murray State)
【背番号】12番
【ポジション】ポイントガード

ジャ・モーラントはマーレイステート大学に在籍する2年生プレイヤーで、2019年ドラフトで上位ピックが有力視されているガードのプレイヤーです。

外角からのシュートが得意で2019年1月の段階で 平均得点23.0、7.0リバウンド、9.3アシストを記録しており52.3%とシュート率を誇っています。

シュートだけではなく、そのスピードとパスセンスやディフェンス力もNCAAトップレベルで、今後ポイントガードを欲しているNBAチームから即戦力としてNBAで活躍できる選手としてドラフトされると言われています。

もっと知りたい人は動画もどうぞ!

 

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】怪我を乗り越え、才能を開花できるか~マイケル・ポーター・Jr~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】ドラフト1位指名有力ビッグマン~ディアンドレ・エイトン~

おすすめ記事 →  【NBAドラフト2018】アメリカカレッジバスケNo.1スコアラーの異名を持つ男~トレー・ヤング~

 

 

【 NBAドラフト2019候補 ④:ボル・ボル】

Image result for Bol Bol

【ボル・ボル(Bol Bol)】

【誕生日】1999年11月16日
【出身地】アメリカ合衆国
【身長】221cm
【体重】100kg
【所属】オレゴン大学
【ポジション】センター

ボル・ボルは221cmとアメリカのバスケ界においても高身長の持ち主です。

なぜ、これほどの身長を持っているかと、マヌート・ボルの血を受け継いでいるからなんです。

マヌート・ボルは、NBA史上最高身長である231cmのセンターとして活躍していました。

このNBA最高身長の血を受け継いでいるからこそ、ボル・ボルも高身長のセンターとして有名になったと言えるでしょう。

ボル・ボルは父親ほどの身長はありませんが、NBAで戦っていくにも充分な高さを誇っています。

さらに詳しい記事を確認したい人はこちらもどうぞ!!

  

おすすめ記事 →  ケンタッキー大学出身のNBA選手で、勝手に最強チームを結成してみた

おすすめ記事 →  UCLA大学出身のNBA選手で、勝手に最強チームを結成してみた

おすすめ記事 →  ノースカロライナ大学出身のNBA選手で、勝手に最強チームを結成してみた

 

 

【 NBAドラフト2019候補 ⑤:八村塁】

Image result for Rui Hachimura

【八村塁(Rui Hachimura)】

【誕生日】1998年2月8日
【出身地】日本
【身長】203cm
【体重】102kg
【所属】ゴンザガ大学
【背番号】21番
【ポジション】スモールフォワード/パワーフォワード

八村塁選手は日本の富山県出身で、ベナン人の父親と日本人の母親から産まれました。

高校時代は宮城県の明成高校に在籍しており、ウィンターカップ3連覇も達成しています。

高校卒業後は、アメリカの名門ゴンザガ大学に進学。

ゴンザガ大学での初年度では全米準優勝という経験も持っています。

八村塁選手は、ゴンザガ大学の主力選手として活躍していて、NBAへのドラフトの候補にも挙がっています。

今後、日本を代表するバスケ選手としての期待が高まる選手となっています。

さらに詳しい記事はこちらをご確認ください!!

 

おすすめ記事 →  初心者は必見!バスケをうまくなるための5つの方法!

おすすめ記事 →  初心者は読むべし!バスケのポジション5つとその役割を徹底的に解説しました!

おすすめ記事 →  【バスケ初心者のあなたへ!】世界に広がるおしゃれなバスケットコート集!

 

 

【 NBAドラフト2019候補 まとめ】

いかがでしたか?

●NBAドラフト2019候補①: アールジェー・バレット(RJ Barrett)

●NBAドラフト2019候補②: ザイオンウィリアムソン(Zion Williamson)

●NBAドラフト2019候補③: ジャ・モーラント(Ja Morant)

●NBAドラフト2019候補④:ボル・ボル(Bol Bol)

●NBAドラフト2019候補⑤:八村塁(Rui Hachimura)

今回はNBAドラフト2019候補を紹介しました。

ザイオン・ウィリアムソンは何回かHOOPSで紹介していますが、怪物級の選手であるのは間違いないですが、そんな選手と対等に渡り歩いた八村塁がドラフト候補として名前が挙がっているのは本当にうれしいですね!

NBAはもちろんですが、ぜひNBAドラフト2019にも注目してみてください!

餅つきうさぎ
About 餅つきうさぎ 282 Articles
中学時代にアメリカでバスケを経験し、日本人にはない独特のプレイスタイルで得点を量産する。HOOPS編集部では1番知的な毒舌キャラ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*